読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

この愛は、異端。 3巻 ~ラファエルに切り刻まれても契約書を渡さないバアル のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

魂を捧げ、人として生きる――

淑乃の決意を前にベリアルに生じた迷い

2人の関係に大きな変化が訪れる

そして明かされる契約の真相

悪魔と少女、儚く美しい異端の愛の行方は…

この愛は、異端。

作者:森山絵凪

価格:600円(税抜き)

 

『この愛は、異端。』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『この愛は、異端。』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「この愛は、異端。」3巻の簡単なあらすじ

よしのを守ってきたバアル

よしのが生まれる前から、魑魅魍魎から狙われていた

そんなよしのを、バアルは守っていた

よしのが生まれてからも

いつもバアルは、世話をしていた

ある時は、強敵と戦い片翼を失うバアル

そしてようやくよしのを、契約させることに成功したのだ

 

本来の対価は、魂か肉体だけ

バアルの言っていた対価は、ウソだったのだ

よしのを守るためなら…

バアルは、自分の中に生まれた感情が

何なのか分からなかった

よしのの心が欲しいと思うバアルだった

 

よしのにプレゼントを用意するバアル

人間と結婚した、アスモデウスの家を訪ねたバアル

バアルは、どうやって妻のサラを口説いたのかと聞く

サラは、よしのの写真を見せて欲しいと頼む

そしてアスモデウスとなら

どんなことでも乗り越えられると言った

プロポーズの言葉を訊ねるバアル

アスモデウスは、プロポーズの言葉と一緒に

指輪をプレゼントしたと答えた

 

帰ろうとするバアルに

アスモデウスは、セーレがやられたと話す

バアルは、その相手がラファエルだと知った

帰るバアルにサラは、今度は奥さんを連れてきてねと言った

 

帰宅したバアル

よしのは、バアルがプレゼントを用意していると知り

何かを企んでいるのではないかと思った

 

その頃ラファエルは、日本にやってきていた

よしのの両親は、よしのを助けるように頼んでいた

ラファエルは、よしのをきっと助け出すと答えた

 

よしのにバアルを呼び出させるラファエル

クリスマス・イブがやってきた

勝負スーツで出かけようとするバアル

よしのを抱きしめ、帰ったら大事な話があると言った

 

バアルは、よしのの親戚によしのを頼んでいた

帰宅途中のよしのに、ラファエルが声をかけてきた

よしのを、廃ホテルに連れてきたラファエル

バアルを呼び出すように求めた

 

バアルを呼び出すよしの

ラファエルは、契約書を出すように要求した

よしのは、バアルのところへ行こうとする

そのよしのにラファエルは、両親から頼まれたのだと言った

そしてバアルは、よしのが生まれる前からつけ狙っていたのだと言う

 

よしのに近寄ろうとするバアル

しかしラファエルは、天使の姿になった

勝ち目など…

 

バアルを切り刻むラファエル

バアルに襲いかかるラファエル

逃げようとすると、ホテルが壊れようとする

ラファエルは、よしのが傷つけることに

躊躇がなかった

ラファエルは、よしのの上にあったシャンデリアを落とす

バアルはよしのを助けるが…

ラファエルに刺されてしまった

 

バアルの翼を切り落とし、腕まで落とすラファエル

それでもバアルは、契約書を渡さなかった

バアルにトドメを誘うとするラファエル

バアルを助けたのは、サタンだった

 

バアルと結婚するよしの

サタンは、契約書を渡す代わりに

停戦を要求した

だがバアルは、契約書を出さなかった

そこによしのの両親が現れ

バアルの所へ行ってはいけないと言った

 

サタンは、ラファエルの言っていないことを

よしのに話す

バアルはずっとよしのを守り続け

対価をもらっていなかったと言った

バアルはよしのに、結婚してもいいと言う

バアルのカバンの中には、婚姻届と指輪が入っていた

 

よしのはバアルに、自分のことを愛しているのかと聞く

分からないというバアルだったが

よしのは両親に向かって、これから最低の親不孝をすると言った

自分の左手の薬指に、指輪をはめる

そしてバアルに、愛していると言った

 

婚姻届に署名するよしの

サタンは、バアルがヤバイ状況なので

地獄へ連れていこうとする

ボロボロでも、よしののことを心配するバアル

サタンは、急いでバアルを地獄へ連れて行った

 

両親と別れるよしの

両親は、よしのを天国から見守っていると言って消えた

 

バアルのいない生活

一人暮らしを始めたよしの

しばらくすると、慣れてきた

だが半年経っても、バアルは帰ってこなかった

アルバムを見るよしの

バアルのいない世界には、耐えられないと言って泣いた

 

一人で道を歩いていると、旭が彼女と仲良くしていた

旭がいなければ、お互いの気持ちを知ることはなかった

あれは私に対する罰なのかも…

それでもバアルが、帰ってきて欲しいと思うよしのだった

 

帰ってきたバアル

よしのが帰宅すると、サタンが来ていた

サタンは謝りながら、手紙を渡す

そしてそのまま去ってしまった

手紙を開けてみると、そこには住所が書いてあった

その住所へ行ってみると、豪邸が建っていた

 

その豪邸には、よしのと同じ苗字が書いてあった

ただいま よしの

そこにはなんと、バアルが立っていた!

バアルに抱きつくよしの

バアルはこれからは、ずっと一緒だと言った

 

豪邸の寝室を、よしのに見せるバアル

だがよしのは、連絡が欲しかったと言う

しかしそれは、サタンが…

 

この一年間、頑張ったと褒めるバアル

よしのは、とても大変だったと言った

バアルは地獄で、よしのの夢ばかり見ていたと話す

そしてよしのの、花嫁姿が楽しみだと言うのだった

 

「この愛は、異端。」3巻を読んでみた感想

ようやくよしのとバアルは結婚しましたね

ラファエルにやられたのは、ヤバかったですが

サタンもやってきて、なんとか助かりました

ラファエルは、バアルたちよりヤバイ奴でしたね

これからよしのと結婚生活をするバアルですが

また天使たちが襲ってくるのでしょうか

これからどうなるのかは、まだ分かりませんが

二人が無事幸せに暮らせればいいですね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『この愛は、異端。』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『この愛は、異端。』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『この愛は、異端。』を実際に読んでみましょう!

 

-この愛は、異端。

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.