読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

この愛は、異端。 2巻 ~バアルに処女を捧げると言うよしの のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

淑乃とバアルの関係に疑いの目を向ける旭

だが淑乃を想い救おうとするほど

彼は悪魔に苦しめられていく…

一方バアルのもとにやって来た上司のサタンは

淑乃に情を移すなよと警告していく

徐々に淑乃への独占欲が高まり

対価が激しさを増していくバアルは…

この愛は、異端。

作者:森山絵凪

価格:600円(税抜き)

 

『この愛は、異端。』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『この愛は、異端。』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「この愛は、異端。」2巻の簡単なあらすじ

バアルによしのを解放するように言う旭

久しぶりに海にやってきたよしの

両親とイタリアの海に行ったことを思い出した

一人でいたよしのは、両親と来たかったという

それを聞いたバアルは、よしのが体と魂を捧げれば

両親を生き返らせることができると言った

いらない

よしのは、自分は人間でいたいと言って断った

 

ウエディングドレスを眺めるよしの

人間と悪魔では、相容れないのだと言った

一人で家に帰ってくると

そこには旭が来ていた

悩みを自分に相談するように言う旭

だがよしのは、大丈夫だと言って断った

 

旭に声をかけるバアル

よしのに気がある旭に、つきまとわないように言った

そんなバアルに旭は、よしのの幸せを願うなら

解放するべきだと言った

 

バアルの天使姿を見るよしの

家に帰ってきたバアル

よしのに、また来年海に行こうというバアル

最近、人間みたいに感情的になっていると感じていた

 

よしのの部屋に、サタンとセーレがやってきた

よしのとバアルを見て、サタンは何かを思っていた

4人で食事に行くと、サタンがよしのに

何か困っていることはないかと聞く

そして触られるのは嫌かと訊ねると

よしのは嫌ではないと答えた

 

サタンはよしのに、バアルの天使の姿を

見たことがあるのか聞く

無いと答えるよしのは、見たがった

サタンは去り際、バアルに

よしのに情を、移さないように忠告した

 

よしのはバアルに、本当の姿を見せてと頼む

天使の姿になったバアル

しかしよしのは、メガネか悪魔のほうが好みだと言った

寝てしまったよしのを見て

サタンの言葉を思い出すバアルだった

 

いつか送り出す日

大学の芸術祭

よしのは、模擬店のホール担当をしていた

旭はさらに、やつれていた

そこにバアルがやってきて、よしのの写真を撮る

友達のあいりの父親もやってくるが

あいりは父親をうざがった

あいりの父親は、バアルに話しかける

そしてあいりをいつかは

送り出してやらなければならないと言う

そしてよしのと旭が話す姿を見て…

あいりの父親の言葉が、胸くそ悪く感じるバアルだった

 

よしのは、あいりと話して

自分が甘えん坊なのだと言う

よしのの言葉 旭の言葉

あいりの父親の言葉が思い浮かぶ

私の元から離れるなど…

よしのにキスをするバアル

そしてアソコを触りだした

それからバアルの対価は、激しくなった

 

旭と別れたよしの

旭は、さらに痩せこけていた

そして旭は、幻覚と幻聴が続いていると知る

よしのは旭に、自分とバアルのことなのかと訊ねた

旭は、よしのを心配していると話す

 

旭は突然、よしのを抱きしめキスをした

この人は、二度と私と…

よしのは旭に、自分とバアルは

合意の上でやっていると言った

あの男を… 愛してる…

そう言って旭と別れるよしのだった

 

バアルに処女を捧げると言い出すよしの

帰宅したよしのは、バアルを引っ叩いた

バアルは、旭を地獄へ連れていくと言う

それを聞いたよしのは、旭を助けるため

私の貞操を バアルに捧げるから…

そう言って、旭を助けるように頼んだ

 

よしのの貞操をもらうことにしたバアル

これでもう 誰も死なない

よしのにキスをして、アソコを触るバアル

そしてアソコを吸い始めた

あの男が好きなのか

私が嫌か よしの

 

バアルはいきなり契約を破棄した

そして旭に、二度と近寄らないように求めた

それを受け入れたよしの

バアルはそれで、契約を履行したことにした

 

2度目の拒絶をされてしまったよしの

1度目は心

2度目は体

そしてよしのは気づいてしまった

私は…

 

本物の家族が欲しいというよしの

翌朝、アバルはいつものバアルに戻っていた

友達の結婚式に参列したよしの

帰宅したよしのは、バアルに自分は

一生このままなのかと聞く

一生かわいがるというバアルに

よしのは、本物の家族が欲しいと言った

そしてバアルには、愛がないというのだった

 

処女は面倒くさいと言い出すバアル

するとよしのは、泣き出してしまった

初めてのとき、感極まって泣いたというよしの

それを聞いたバアルは、嫌がっていたからだと言った

 

バアルはよしのに、旭を愛しているのかと聞く

元天使なのに、愛を知らないのかというよしのは

バアルにキスをした

愛はないと答えるバアル

そしてよしのが、初めて自分に興味を持ったと言う

しかしよしのは、無関心でいたかっただけだと答えた

 

人として生きることを求めるよしの

バアルの様子がおかしくなった

ボーとしたり、恋人のように振る舞ったり

長く包み込むようなキス

よしのはそれは、バアルがフリをしているだけだと思った

 

旭が、他の女の子といるところを見て

安心するよしの

そしてバアルが、他の女と

ホテルに入ろうとしているところを見つけてしまう

これで前に進める…

 

よしのは、自分の処女と魂をバアルにあげると言い出す

だがその対価によしのは、人として生きることを要求した

バアルを愛しているからこそ… もう一緒には…

契約書にサインしようとするよしの

しかしバアルは、契約書を取り上げて消してしまった

 

その頃、ニューヨークでは

セーレが、ラファエルにやられていた

そしてラファエルが、次に狙うのは…

 

「この愛は、異端。」2巻を読んでみた感想

だんだんバアルの様子がおかしくなっていますね

やっぱりよしのが好きなんでしょうね

今まで人を愛したことがないので

それに気づいていないのでしょう

よしのは、人として生きたいと

はっきり意思表示しました

そのためには、バアルに処女を捧げるつもりです

そんなよしのの気持ちを知って

バアルはあせっていますね

完全によしのに、主導権を握られてしまってます

そんな中、今度はラファエルが

バアルを狙っているようですが大丈夫でしょうか

なにやら急展開が待っていそうですが

どんなことが起こってしまうのでしょうね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『この愛は、異端。』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『この愛は、異端。』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『この愛は、異端。』を実際に読んでみましょう!

 

-この愛は、異端。

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.