読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

火葬場のない町に鐘が鳴る時

火葬場のない町に鐘が鳴る時 6巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

囮となった静孝を残し橋を去る勇人

お寺には父がいた!

冥奴の謎や勇人の過去を話す父

現れた仮面の者が持っていたものはなんと母の遺体だった!

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「火葬場のない町に鐘が鳴る時」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「火葬場のない町に鐘が鳴る時」の試し読みはコチラ♪

 

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」6巻の簡単なあらすじ

母の遺体を燃やす仮面の者

小さい頃の母の記憶

 

仮面の者は遺体を投げ捨てる

向かう勇人を倒す仮面の者

足にドライバーを突き刺す勇人

しかしそこに冥奴がやってきてしまう

 

仮面の者は遺体を蹴り、遺体にガソリンをかける

遺体に火をつける 燃え上がる遺体

勇人を罵る仮面の者

勇人はまた目覚め冥奴を倒す

しかし仮面の者は勇人の脇腹をドライバーで刺す

そこに助けに入ったのは父だった!

だが父を掴む勇人

父は仮面の者が勇人と同じ冥奴のお迎えを受けたものだという

仮面は冥面

 

冥奴化した母

燃えている遺体に向かって歩く勇人をまた刺そうとする仮面の者

刺されながらもそれを止める父

だが冥奴に抑え込まれてしまう

そこに現れたのは静孝

冥奴をおびき寄せ、手錠で動けなくする

 

勇人に襲いかかる仮面の者を組み伏せる静孝

父は力を振り絞り線香を火に投げる

炎の中の遺体が…冥奴になっていた

燃える冥奴に攻撃する父

仮面の者は勇人の首を絞め始める

燃える冥奴が勇人を助ける

父が見た冥奴… 母だった

 

ようやく線香の煙が立ち込めだした

仮面の者を倒す勇人だったがまた気を失う

燃え盛るお堂に冥奴化した母といる父

その中で見た人影…

 

夜明け

勇人を抱え現場を去る静孝に、仮面の者がまた現れる

静孝が倒し見た顔は…

隙を見て、静孝の持つ銃を奪う仮面の者

ナイフで殺ろうとした瞬間

もう一人の仮面の者がやって来る

やってきたのは雪割  もう一人は戒斗

静孝は拳銃を奪い返し地面に撃つ

 

襲ってきた冥奴が止まる

夜明け

冥奴も仮面の者たちも消える

仮面の者が置いていったもの… 咲だった!

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」6巻を読んでみた感想

仮面の者が着けている冥面は冥奴から襲われなくなる上に、冥奴化を防ぐ効果があるようです

仮面の者の一人は顔からして、勇人に何か深く関係しているのは間違いないようですが、どういう謎なんでしょうね

線路の先のトンネルに色々謎が隠されているのは間違いないようなので、そこに行けば謎が判明しそうです

勇人の両親は死んでしまいましたが、咲は無事でした

これからどうなっていくのか非常に気になりますね!

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「火葬場のない町に鐘が鳴る時」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「火葬場のない町に鐘が鳴る時」の試し読みはコチラ!

 

 

-火葬場のない町に鐘が鳴る時

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.