読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

火葬場のない町に鐘が鳴る時 4巻 ~死者の列車が向かうトンネル のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

元戦場記者にして、みとず町の秘密を調べる男と出会った勇人(ゆうと)

冬雨静孝(とうざめ・しずたか)と名乗るその男は

知識豊富で冥奴(メイド)に立ち向かうすべを知っていた

父を捜す勇人はその冬雨と共に、封鎖された忌まわしき集落に足を踏み入れる……

恐怖が加速するノンストップ・サスペンスホラー!

火葬場のない町に鐘が鳴る時

作者:和夏弘雨 碧海景

価格:500円(税抜き)

 

『火葬場のない町に鐘が鳴る時』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『火葬場のない町に鐘が鳴る時』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」4巻の簡単なあらすじ

静孝と出会う勇人

火の見櫓の人はコンクリートブロックを使い、冥奴を落とす

しかし冥奴は、興奮状態になってしまう

登る冥奴に、勇人は声をかけ引きつけた

だが、他の冥奴も来てしまった

逃げる勇人だったが、行き止まりに来てしまう

勇人は、追い詰められてしまった

 

すると煙が… 男

息をしないようにいう 男はごん子のおじさんだった!

息を止め冥奴の間を通り抜ける

 

目覚める勇人 気絶していた

おじさんの名前は冬雨静孝

よくみると冥奴の衣干しの近くに来ていた

静孝から線香をもらう

これで冥奴の動きが鈍らせることができる

静孝は、勇人の持っている数珠を見つける

拳銃と交換で譲ってくれと頼んでくるが

勇人は断った

 

謎の力を発揮する勇人

先に進む勇人 するとバリケードで封鎖されている

勇人の後を追ってきた静孝

奥三途洲へいっしょに付いていくという

 

しばらく歩いていると電車の音が聞こえてくる

死人の列車…

ここからはいっしょに行けないという静孝

線路にかかる橋に来る

線路の先にはトンネルがあり、見張りの人までいる

後で三途龍寺へ向かうという静孝と別れようとする

 

しかし冥奴がやってくる

拳銃で冥奴を撃つ静孝

すると冥奴が倒れて動かなくなる

ナイフを使い、冥奴を調べる静孝

ナイフに何か虫のようなものが付いていたので捨て去る

その虫のようなものが出す、音で頭痛がする勇人

近寄った静孝を吹き飛ばしてしまう

虫を殺す静孝

 

橋の両側から冥奴が来て、挟み撃ちになる

線香に火をつける暇のない攻撃で、絶体絶命になった

すると勇人が、すごい力で冥奴を吹き飛ばす

 

線香をつける静孝

勇人はなぜか静孝を攻撃する

しかし勇人は一瞬気を失い倒れる

目覚めた勇人は正気に戻る

もう息を止めておくことができない状況

静孝は囮になる!

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」4巻を読んでみた感想

冥奴は線香の煙と息を止めることで、人間の存在が分からなくなります

何か虫のようなものが入っているので、何かのセンサーみたいなものが感じ取れなくなるのかもしれませんね

冥奴を動かしているのは、恐らくあの虫のようなものだと思われますので

あれをやっつけられるようになれば、冥奴も倒せそうです

線路の先にはトンネルがあり、何かが隠されているようです

もしかすると冥奴が作られているのかもしれませんね

その辺りはまたいつか謎が明かされていくことでしょう

どういう謎が隠されているのかとても気になりますね!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『火葬場のない町に鐘が鳴る時』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『火葬場のない町に鐘が鳴る時』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『火葬場のない町に鐘が鳴る時』を実際に読んでみましょう!

 

-火葬場のない町に鐘が鳴る時

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.