読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

サセラレ妻 4巻 ~学生時代の話で洋介を挑発する剛 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

「君に…洋介と浮気して欲しいんだ」

上手くいかない夜の生活の解決策は妻を浮気させること…!?

偶然再会した友人・洋介を誘って出かけた旅行先で

妻の京子が洋介に寝取られているところを目撃してしまった剛

しかしその光景に彼は

怒りと同時にかつてない興奮を覚えてしまう…

葛藤の末、剛は自分の歪んだ性癖を満たすために

京子に「浮気してくれ」と頼むが――

サセラレ妻

作者:TB production

価格:180円(税抜き)

 

『サセラレ妻』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『サセラレ妻』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「サセラレ妻」4巻の簡単なあらすじ

洋介とディープキスする京子

剛は、これからも浮気をして欲しいと言った

あの日のことを謝る京子

しかし剛は、あの時京子は感じていたと言うのだった

そして子供ができるまででいいので、頑張ろうと言った

 

また階段で話す京子と洋介

洋介は、この前にキスのことを訊ねた

黙っている京子は、突然洋介に抱きつく

どうしてこんなことをするのかと聞く洋介に

京子は、よく分からないがしてしまうのだと言う

お互い、ダメだと思いながらディープキスをするのだった

 

堤に不倫のアドバイスを受ける洋介

職場でため息をついていた洋介に

堤が声をかけてきた

堤には愛人がいたので、そのことを聞く洋介

人妻は、ハイリスクだと話す堤だったが

バレるかもしれないというスリルが味わえると話す

そして洋介には

適当に遊んで捨てるようにアドバイスした

 

⇒『サセラレ妻』の無料試し読みはコチラ

 

公園で二人の様子を撮影する剛

公園で京子と会う洋介

二人で歩いていたが、その後ろには剛がいた

どうして自分と付き合うのかと訊ねる京子

洋介は、もっと素晴らしいことが

あるのかもしれないと答えた

そこでアイスを洋介の靴に落としてしまう京子

京子が洋介の靴を拭いていたが

洋介の視線は、京子の胸の谷間に釘付けだった

 

木陰で二人の様子をカメラで撮影していた剛

だが子供にぶつかってきて

カメラのレンズが傷ついてしまう

謝る母親だったが、剛はキレてしまう

それに洋介が気づいてしまう

剛ではないかという洋介に

京子は見間違いだとごまかした

 

京子とセックスする剛

二人の目の前には

洋介と写る京子の写真があった

刺激が必要だと話す剛は

もっと強い刺激が必要だと言った

 

⇒『サセラレ妻』の無料試し読みはコチラ

 

不倫相手の夫にボコられる堤

職場で騒ぎが起きていることに気づいた洋介

なんと堤が、不倫相手の夫に殴られていた

警備員に連れ出される夫

だが堤の会社人生は、終わってしまった

ボコボコにされた堤の姿に

自分の姿を見てしまう洋介

そこに剛から、電話がかかってきた

4人で食事をしようという剛

電話を終えた洋介は、浮気はバカのすることだと思った

京子には、こっそり会うのは止めようとメッセした

京子から、洋介との関係は

終わったと報告を受けた剛は…

 

学生時代の話でキレる洋介

洋介たちと食事する京子と剛

学生時代の話になったが

話は先輩の夏子の話になり

剛は洋介が自分のモノを

よく欲しがっていたと話す

それを聞いた洋介は、キレ出した

京子が止めに入り、ようやくその場は収まった

 

駐車場にいた京子と剛

剛は急に、京子にキスをしてお尻を触る

そこに洋介がやってきて

剛は気をつけて帰るように言った

 

⇒『サセラレ妻』の無料試し読みはコチラ

 

「サセラレ妻」4巻を読んでみた感想

洋介に不倫のアドバイスをしていた堤は

もうバレてボコられましたね(笑)

それで洋介は、京子との不倫を止めようとしています

でも剛は、それをさせないつもりです

それであんなに、洋介を挑発していたのでしょうね

このまま京子と洋介の関係は終わってしまうのか

この後にどうなっていくのか、目が離せませんね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『サセラレ妻』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『サセラレ妻』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『サセラレ妻』を実際に読んでみましょう!

 

-サセラレ妻

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.