読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

サセラレ妻 3巻 ~剛の欲していた刺激 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

「君に…洋介と浮気して欲しいんだ」

上手くいかない夜の生活の解決策は妻を浮気させること…!?

偶然再会した友人・洋介を誘って出かけた旅行先で

妻の京子が洋介に寝取られているところを目撃してしまった剛

しかしその光景に彼は

怒りと同時にかつてない興奮を覚えてしまう…

葛藤の末、剛は自分の歪んだ性癖を満たすために

京子に「浮気してくれ」と頼むが――

サセラレ妻

作者:TB production

価格:180円(税抜き)

 

『サセラレ妻』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『サセラレ妻』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「サセラレ妻」3巻の簡単なあらすじ

京子に抱きつかれ勃起してしまう洋介

洋介に声をかけられ、逃げ出した京子

だが洋介は、京子を引き止め

5分間だけ話したいと言った

 

階段で話す、京子と洋介

洋介は、この前のことは事故だと弁明した

そして剛は、このことを知らないので

神経質にはならないくてもいいと言った

そしてこのジムに京子を来させたのは

剛なのだという

だが京子は、洋介の顔を見るのが気まずいと言って

自分のことを無視するように言った

 

だが京子が階段から、去ろうとすると

葵の声が聞こえてきた

それで慌てて身を隠そうとする京子

そして二人は、抱き合ってしまった

京子から香るいい匂い…

あの日のことを思い出した洋介は

勃起してしまった!

それに気づいた京子は、これからは

会わないことにしようと言って、去っていった

 

浮気を求める剛

夕食を食べていた京子と剛

ジムのことを剛が聞いてきたので

京子はジムを辞めたいと言う

剛は、ジムで洋介と会わなかったかと訊ねた

だが京子は、会わなかったとウソをついた

 

セックスをしようとしていた京子と剛

しかしまた、剛はできなかった

またあの時のようにできるようになると言う京子

しかし剛は、できない理由は分かっていると答えた

洋介とセックスしているところを見たと話す剛

そして、二人のセックスを見て

アソコがパンパンになったという

お願いがあると言う剛は

京子に、洋介と浮気をして欲しいと言い出した

驚く京子に、洋介と一緒にいるだけでもいいと言って

説得する剛だった

それでも戸惑う京子に、剛は子供を作ろうという

それを聞いた京子は、剛の願いを聞き入れた

愛していると言って京子を抱きしめる剛だった

 

洋介にキスをする京子

京子が小さい頃、母親は男に走り

京子を置いて家を出て行った

その光景を夢で見てしまった京子は

夜に目が覚めてしまった

私は母とは違う…

 

ジムで洋介に声をかける京子

そして洋介を階段に連れてきた

そして京子はいきなり… キスをしだした

洋介は、京子を引き離すと

京子はそのままその場を去ってしまった

その様子を剛は見ていた

 

駐車場でセックスする剛と京子

どんどん力が溢れてくる

俺に必要だったのは、刺激だったんだ!

 

浮気したら許さないという葵

葵にフェラをしてもらっていた洋介

ジムで京子といたところを、葵に見られていた

何を話していたのかと訊ねる葵

洋介は、学生時代のことを話していたとウソをついた

浮気したら許さないという葵

洋介の額には、脂汗が流れていた

 

「サセラレ妻」3巻を読んでみた感想

とうとう剛は、京子に洋介とのセックスを

見たことを話しました

その上で、洋介と浮気するように求めています

いくらそうでないと勃たないとはいえ

凄いことを要求していますね

京子も、それを受け入れてしまって

洋介とキスしてしまいました

それでまた剛は、セックスできているのだ

効果は本当にあるようです

止めてしまうとまた勃たなくなるので

これからもこんなことを、続けていってしまうことでしょう

洋介と京子の関係が、どんなことになってしまうのかも

とても気になってしまいますね

このまんがを無料で試し読みするには?

『サセラレ妻』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『サセラレ妻』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『サセラレ妻』を実際に読んでみましょう!

 

-サセラレ妻

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.