読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

「子供を殺してください」という親たち 9巻 ~自分と向き合い社会性を身につけだした卓也 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

親を奴隷扱いしゴミに埋もれて生活する娘

鬱病を病みながら病院に行こうとしない息子に悩む家族

相談に来る親の問題……

現代社会の裏側に潜む家族の闇と病理を抉り

その先に光を当てる――!!

NHK「おはよう日本」など様々なメディアで取り上げられた

衝撃のノンフィクション漫画

「子供を殺してください」という親たち【分冊版】

作者:押川剛 鈴木マサカズ

価格:120円(税抜き)

 

『「子供を殺してください」という親たち』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『「子供を殺してください」という親たち』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「「子供を殺してください」という親たち」9巻の簡単なあらすじ

卓也に人間になるように言う剛

1ヶ月で退院となって落ち込んでいた母親に

剛は、卓也は家族以外の人と

コミュニケーションをとれるようになって

信用を得なければならないと話す

そして、母親とは距離を置いて

健全な生活を、取り戻す必要があると言った

 

母親と買い物に出かけた卓也は

自分が入院になったのは、母親のせいだと言ってキレていた

そこにやってきた剛は、どこの施設も

卓也の受け入れを、拒まれたと話す

どうやったら母親のところに、帰れるのかと訊ねる卓也に

剛は人間になることだと答えた

そして卓也に、本当に向き合ってくれる医者を見つけたと伝えた

 

卓也にけじめをつけるように言う剛

2度目の入院をした卓也

今度の病院では、治療に加えて規則正しい生活や

社会性を身につける作業療法も受けた

しかし卓也の攻撃性は、なかなか消えなかった

主治医は、じっくり集団生活の中で

社会性を身につける必要があると言った

患者に向き合ってくれる主治医

剛たちも、面会や手紙のやりとりを続けた

 

少しずつ社会性を身につけ始めた卓也だったが

親には、一生自分を養う義務があると剛に言った

それを聞いた剛は…

 

その夜、卓也は昔のことを思い出していた

父親のようになれないと言って、厳しく叱る母親

そんなことを思い出していた卓也は…

 

社会性を身につけた卓也

卓也は、5年の入院治療を終え

グループホームで生活していた

そんな卓也に、剛は

だんだん信用される人間になってきたと言うのだった

 

「「子供を殺してください」という親たち」9巻を読んでみた感想

卓也の病気には、やはり親の問題も関係していました

やっといい医者と剛のお陰で

卓也も普通の生活に戻りつつあるようです

最後の卓也の謙虚さがあれば

きっと一人でもやっていけるようになるでしょう

もし、剛たちに出会わなかったら

きっと犯罪に発展していたことでしょう

そう思うと、ゾッとしてしまいますよね

周りの人の関わり方も、とても重要なんだと感じたお話でした

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『「子供を殺してください」という親たち』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『「子供を殺してください」という親たち』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『「子供を殺してください」という親たち』を実際に読んでみましょう!

-「子供を殺してください」という親たち

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.