読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 61巻 第59条幸子(1)  ~幸子を恥さらしと呼ぶハツ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――

魂抉る、死者との対話

死役所

作者:あずみきし

価格:110円(税抜き)

 

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「死役所」61巻の簡単なあらすじ

幸子と出会う市村

行亮と話すシ村

シ村が、冤罪で死刑になったと聞いた行亮は

どうしてここで働いているのか聞く

シ村が、死刑囚が職員になるのだと話すと

今度はシ村の妻のことを訊ねた

シ村は、自分の妻は面白い人だったと話しだした

 

市役所に来ていたおばあちゃん

だが足と怪我していた

市村はおばあちゃんを、おんぶして家まで送っていった

2階で物音がするので、市村が上がっていくと

そこには絵を描く一人の女性がいた

 

足を怪我したおばあちゃんの代わりに

晩ご飯を作ってあげる市村

3人で一緒に晩ご飯を食べる

市村は、絵を描いていた幸子に絵のこと聞く

幸子は、絵を描くことは

自分の本能に刻まれていると話した

 

市役所にやってきた幸子

市役所にやってきた幸子

市村を探し出し、持ってきた野菜を渡した

ハツの怪我の具合を聞く市村

幸子は、市村の手当が上手かったからだと言った

 

ハツは近所のおばちゃんと話していた

幸子の絵のことを聞くおばちゃん

だがハツは…

知らんなあ あんな恥さらし

 

「死役所」61巻を読んでみた感想

今度はシ村の妻の幸子のお話です

どうやらハツは、幸子のことをよく思っていないようです

単に稼ぎがないからとか、そんな理由だけではなさそうに感じますね

恥さらしと言っていますので

他人には言えない何か秘密があるのでしょう

それが何なのかは、この後に判明することでしょう

幸子と仲良くなった市村ですが

これからどんなことが起こるのでしょうね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.