読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

私の顔にさようなら 6巻 ~美夏にスゴ腕整形外科医を紹介される美冬 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

私は美人で、あの子は不細工

中学時代から美しさでマウントを取り合い

かわいくないクラスメイトをいじめていた舞美たち

大人になって同窓会で再会しても反省する様子はなく

それぞれに幸せな生活を送っているかに見えた

しかし、その陰でグループのひとり

那美子が自殺していたことを知り…?

偽りの友情から死へのカウントダウンが始まる怒濤のサスペンス!!

私の顔にさようなら

作者:函岬誉

価格:150円(税抜き)

 

『私の顔にさようなら』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記のリンク先の「まんが王国」のサイト内で『私の顔にさようなら』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「私の顔にさようなら」6巻の簡単なあらすじ

美冬を助けてくれた三佐代

手首を切った美冬だったが、母の声を思い出した

そして、その場に泣き崩れてしまう

 

5年後、街で清掃の仕事をしていた美冬

学生たちから、顔を写真に撮られようとする美冬を

仕事仲間の三佐代が助けてくれようとしてくれた

 

今の生活を嘆く美冬

三佐代は、生きていれば、きっといつか幸せな事があると言ってくれた

そんなことを話す美佐代は、決まって息子の写真を胸に当てていた

三佐代の買ってきてくれた半額弁当を見て

これが今の自分の幸せなんだと思う美冬だった

 

三佐代の自殺

ある時、清掃をしていると、三佐代の息子が現れた

そして涙を流す三佐代

三佐代はどうしているのかと思いながら帰宅すると…

三佐代は首つり自殺をしていた!!

生きててごめんね

息子の写真の隣に、そう書かれたメモが遺されていた

自分もこんな終わり方をしてしまうのかと思った美冬だった

 

スゴ腕整形外科医桐生

三佐代の墓にお参りした美冬が帰宅すると

そこには美夏が来ていた

そして一枚の写真を見せ、スゴ腕の整形外科医だと言った

桐生伊織

その男しか、美冬の顔を戻せないというのだ

 

桐生の屋敷を訪ねた美冬

桐生に顔を見せた美冬は、自分の顔を治してくれるのかと聞く

桐生は、治療の金額を美冬に見せた

とても払える金額ではなかったが、美冬はなんでもするので治して欲しいと懇願した

桐生は、エクリプスという店で働くように言った

人生の転機

それがエクリプスの石言葉だった

桐生は仮面を美冬に渡し、新たな人生が始まるのだと言った

 

「私の顔にさようなら」6巻を読んでみた感想

三佐代は息子に、なんと言われたのでしょうね

自殺を図るくらいなので、とても酷いことを言われたのでしょう

そうであれば、どうして会ったりしたんだろうと思いました

姉の紹介で会った桐生という名のスゴ腕整形外科医の桐生

桐生は、治療費を払えない美冬を、自分の店で働くように言いました

もしかすると、裏の仕事をしている店なのかもしれませんね

桐生の店で美冬はどんなことをしてきたのか、とても気になってしまいますね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『私の顔にさようなら』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記のリンク先のサイト内で『私の顔にさようなら』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、まんが王国へ行って『私の顔にさようなら』を実際に読んでみましょう!

 

-私の顔にさようなら

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.