読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

私の顔にさようなら 4巻 ~トラックに轢かれてしまった美菜樹 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

私は美人で、あの子は不細工

中学時代から美しさでマウントを取り合い

かわいくないクラスメイトをいじめていた舞美たち

大人になって同窓会で再会しても反省する様子はなく

それぞれに幸せな生活を送っているかに見えた

しかし、その陰でグループのひとり

那美子が自殺していたことを知り…?

偽りの友情から死へのカウントダウンが始まる怒濤のサスペンス!!

私の顔にさようなら

作者:函岬誉

価格:150円(税抜き)

 

『私の顔にさようなら』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記のリンク先の「まんが王国」のサイト内で『私の顔にさようなら』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「私の顔にさようなら」4巻の簡単なあらすじ

麻矢のサポートを申し出る美菜樹

中学時代の美冬たちは、麻矢をいじめていた

それでも美冬たちにありがとうという麻矢

そして指を切った美冬に、絆創膏を貼ろうとする麻矢をぶん殴った

 

出かける久史を見送る美菜樹

そこに翔がやってきた

だが子どもの美羽を連れた麻矢に、ガンを飛ばす美菜樹

しかし麻矢は、体調不良で倒れてしまった

 

出産後、体調がすぐれない麻矢

美菜樹は、そんな麻矢のサポートを申し出る

それを感謝する麻矢

そして美菜樹は、麻矢が中学時代のいじめを

翔に話していなかったことを知った

翔は、麻矢が自分の事より周りを大切にする女性だと言った

そして、同級生の美菜樹が側にいてくれたら

麻矢も気を許してくれるだろうと話す

美菜樹は翔に、美冬のことを聞いてみた

写真のことを聞くと、翔は当時、携帯を持っていなかったと答える

私はきれいなままで残っている…

そう思った美菜樹だった

 

タトゥーの記憶

タトゥーを見て、それを入れたときのことを思い出す

美容会社の社長だった美冬の母

自分の身ひとつ美容界のトップに上り詰めた母は

美冬と姉の美夏に、自分のすべてを武器にして世の中を渡るように言った

 

美夏は、美冬の腕のタトゥーを見つけた

美冬は、美夏が母のお気に入りだという

自分の気持ちなどはわからないだろうと言ったことを、思い出していた

 

美羽を見て、翔に似てなんて美しい子なんだろうと思う美菜樹

この子が私と翔の子だったら…

麻矢… 許せない!

 

トラックに轢かれる美菜樹

体調が良くなった麻矢から、公園で遊びに行こうと誘いがきた

昼食のサンドイッチと美羽の離乳食を作っていた美菜樹

以前は、料理を作らなかったという久史は

美菜樹と離婚しなくてよかったと言った

 

坂の上にいた翔たちを見つけた美菜樹と久史

声をかけると、また麻矢がめまいで座り込んでしまった

すると坂を猛スピードで、美羽を乗せたベビーカーが降り始めた

駆け出した美菜樹は、ベビーカーを掴んだ

しかし、そこにトラックがやってきた

美菜樹は咄嗟に、ベビーカーを押しやる

だが、美菜樹はトラックに轢かれてしまった!!

 

「私の顔にさようなら」4巻を読んでみた感想

またトラックに轢かれてしまった、美菜樹こと美冬

美羽を助けようとするところを見ると、根は悪い人ではないんでしょうね

麻矢は、本当にいい性格でした

そんな麻矢を、翔は本当に好きなようです

どんなことをしても、もう他の女性を好きになることはないでしょう

美冬は、翔のことはあきらめて、自分のことを考えて欲しいですね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『私の顔にさようなら』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記のリンク先のサイト内で『私の顔にさようなら』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、まんが王国へ行って『私の顔にさようなら』を実際に読んでみましょう!

 

-私の顔にさようなら

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.