私の顔にさようなら 1巻 ~舞美になりすましたタトゥーの女 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『私の顔にさようなら』を1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『私の顔にさようなら』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「私の顔にさようなら」1巻の簡単なあらすじ

同窓会での再会

刺殺された女性の前に立つ謎の女性…

 

美加は、中学校の同窓会に来ていた

そこで、美菜樹に再会した

二人で話していると、舞美が現れたが

以前と違って舞美は、垢抜けた感じになっていた

 

3人は、クラスの名簿を見に行った

そこに貼ってあった美冬の写真を見て

美加は、美冬の最後のきれいな顔だといった

美冬は、事故で顔がバケモノになってしまった

舞美は、写真をバラ撒いたのはやり過ぎだというと

美加は、舞美が一番ノリノリだったと言って

ブスの麻矢も、そのときはホッとしただろうと言った

 

会場には、イケメンの翔も来ていた

3人は、翔に声をかけたが

翔は既に結婚指輪をしていた

それを見て、落胆する舞美だったが

美加が、舞美に那美子のことを聞くと

舞美は、那美子は先月自殺したというのだ

それを聞いて美加と美菜樹は驚いてしまった

 

同窓会も終わり、翔は2次会にも行かず帰ろうとする

そこに舞美が、お茶を誘ってくる

翔は、妻が妊娠していると言って帰ると答えた

 

⇒『私の顔にさようなら』の無料試し読みはコチラ

 

美加にイジメっ子の殺害をそそのかす舞美

舞美は、美加の家に泊まることになった

美加の家に着くと、顔を怪我した息子の英雄が出てきた

美加は、英雄がいじめを受けていると話す

学校がイヤになって、引きこもっているのだというのだ

美加は、夫も関わろうとせず

誰にも相談できないといった

 

舞美は、そんなイジメっ子は

殺してしまえばいいと言い出したので

美加は驚いてしまった

舞美はこのままだと、英雄は自殺するだろうと言った

泣き出す美加に、舞美は自分に任せてと言った

自分がイジメっ子を呼び寄せるので

美加が、恨みを晴らせばいいというのだ

 

崖から落ちる美加

美加は、夜に山奥にやってきて

崖のすぐ側に来ると、そこには舞美がいた

そして崖の側の木にはロープがかけられていた

それにはイジメっ子を吊しているというので

舞美は美加に、ロープを切ってイジメっ子を殺すように言った

美加は、木のある崖の側に近寄ったが

ロープの先には、何もなかった

 

美加は、いきなり崖に突き落とされてしまったが

なんとか崖っぷちに掴まった助かった

舞美は、イジメっ子の美加が

イジメられている側のことを話すのが

とても滑稽だと言った

 

そして舞美は、死ぬのは美加だと言った

美加の指を剥がし始める舞美

落ちるという美加に、3人目が美加だと舞美は言った

必死の美加は、舞美の腕を掴むと服がやぶけた

舞美の腕にはタトゥーが…

美加がまさかというと

舞美は、自分は舞美でないと答えた

 

舞美が、美加の手を振り払うと

美加は、崖の下に落ちていった

 

そして舞美は、あとふたりだと…

 

⇒『私の顔にさようなら』の無料試し読みはコチラ

 

私の顔にさようならの続きはコチラ👇

私の顔にさようなら 2巻 ~美菜樹に夫殺しをそそのかす舞美 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「私の顔にさようなら」1巻を読んでみた感想

舞美になりすましているのは誰でしょうか

バケモノの顔になった美冬の写真をバラ撒くことに

一番ノリノリだったという舞美が

やり過ぎだと言っていました

そうするとやはり、舞美に

なりすましているのは美冬ではないかと思います

決め手となるのは、やはり腕のタトゥーでしょう

舞美の正体は、いずれ判明すると思いますが

かつてはいじめられていたとは言え

殺された美加は可哀想ですね

これからどんな展開が待っているのか

今後の展開が楽しみです!

 

>>『私の顔にさようなら』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『私の顔にさようなら』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『私の顔にさようなら』を実際に読んでみましょう!

 

-私の顔にさようなら
-,

© 2021 まんがコミック大好き日記