監獄実験―プリズンラボ― 7巻 ~自分の人生を捨てて強くなろうとする江山 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『監獄実験―プリズンラボ―』7巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『監獄実験―プリズンラボ―』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『監獄実験―プリズンラボ―』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『監獄実験―プリズンラボ―』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「監獄実験―プリズンラボ―」7巻の簡単なあらすじ

彩のレイプ動画

彩は、殺されても仕方がないと思っていたが

奈美の言葉で、死にたくないと思うようになっていた

 

彩に暴行をした犯人を、ぶっ殺すという江山

原川は、そんなことは許可できないという

江山は、最後の報酬を使って

暴行の証拠を売って欲しいと言った

だが江山が自宅に帰れば

自由に行動できると知り

他の方法で復讐するように求めた

 

原川は、彩がレイプされた時の映像を見せた

そして主犯の竜二の名前を聞く

原川は、レイプ動画をネットにアップして

復讐するように言った

だが江山は、どうしてこの動画を

原川が持っているのかと思った

 

彩のレイプ動画をアップされて動揺する竜二たち

医学生の竜二は、他の女子生徒に

玉の輿を狙われていた

しかし中学生好きの竜二は

他の女子生徒を、ババアとしか見ていなくて

気色悪い奴らだとしか思っていなかった

そんな竜二は、やはり女の子は中学生くらいが

一番いいと思っていたのだ

 

竜二は津山から、レイプ動画が

アップされていることを知らされた

津山からは、どうしてレイプを誘ってきたのかと聞かれると

3年前、シンと名乗る男から

彩のレイプを頼まれたというのだ

竜二が、少女ポルノを買っているのも調べられていた

結局、竜二は女子中学生をレイプできるので

その依頼を引き受けたのだった

 

津山は、シンが動画をアップした犯人だという

竜二には、4ヶ月前にもシンから連絡があり

勝又の家庭を壊して欲しいと依頼された

勝又の妻を簡単に堕とし、娘をレイプした

すべてを捨てて、竜二のところへやってきた妻だったが

シンがシャブ漬けにして、風俗に沈めた

 

竜二はシンを見つけて

動画を削除させないといけないと話したが

津山は、連絡先が分からないと知り

諦めて罪を償うと言い出し、電話を切ってしまった

するとそこに、またシンから電話がかかってきた

 

⇒『監獄実験―プリズンラボ―』の無料試し読みはコチラ👆

 

竜二を殺そうとする江山

江山は原川に、絶対、家の中にいるように言われた

そこにゲーム関係者を名乗る男から、電話がかかってきた

原川を騙し、指定された場所に行くと新村がいた

二人は、竜二のいるところへ向かった

江山は、自分がゲームの外でも

強くなれたところを、証明しに行くのだと語った

 

江山は、橋の下にやってきた

竜二がやってくると、手が震えてしまい

竜二を殺そうとしたが、反撃されてしまった

 

竜二は江山をボコり、動画を消すように要求した

江山は死を覚悟すると、竜二は江山の手にナイフを刺した

江山は、自分が強くなれたのだと勘違いしていたと気づいた

しかし竜二は、誰かに気づかれたことを知り

その場から逃げだそうとした

 

江山は、逃げだそうとしている竜二を見て

強くなることは簡単だと思った

そして江山は、竜二に動画の消し方を教えるというと

竜二は江山の肩を抱き、その場を去ろうとした

江山が、彩のことで何か言いたいことがあるのか聞くと

無いと答えた竜二の脇腹を、江山はナイフで突き刺した

 

竜二は、江山もこれで人生が終わるといったが

江山は、それでも構わないと答えた

そして、自分の人生を捨てられなかったから

自分は弱いのだと竜二に話した

 

しかしトドメを刺そうとした江山を、原川は止めた

これ以上やったら、本当に戻れなくなると言った

江山は、彩が自分に強さを求めたこと以外は

全部捨ててもいいといって

彩には自分を好きなまま死んで欲しいと言った

江山が去った後

竜二は、原川たちにその場で処分された

 

⇒『監獄実験―プリズンラボ―』の無料試し読みはコチラ👆

 

三崎と約束した長峰

原川は新村に、どうして江山を連れ出したのかと訊ねた

新村は、早くゲームを終わらせたかったのだと答えていると

九字間から電話がかかってきた

九字間は、江山を追い詰めるために

行動を制限するように原川に命令した

 

江山は、彩に食事をもってきて

いつ殺して欲しいか聞いた

死にたくないと答えた彩に

江山は、食事もこれが最後で

彩が死にたいと言ったとき、希望を叶えると言った

 

長峰は、三崎の火傷の手当をしていると

二人は、同級生だと気づいた

長峰は、両親が死んでから九字間に育てられたと話すと

ゲームの関係者は、全員が施設出身者だと言った

長峰は、もうこのゲームについていけないと話すと

三崎は、逃げ出せばいいと答えた

 

三崎は、人生をやり直すために

自分の両親を家ごと焼いたといったが

長峰は、自分がどうすればいいのか

分からないのだと答えた

三崎は、自分が動かなければ望むことは叶わないと話すと

長峰は、三崎にあきらめないように言って

三崎の絵を描く約束をした

 

長峰は、原川の部屋を調べようとしたが

田島に話しがあると言われ、止められてしまった

三崎は自分が殺すという田島は

処分命令が出たら教えて欲しいと言った

 

そこに新村がやってきて

長峰は、監禁ゲーム目的を調べようとしていたと話した

そんなことをすれば、殺されてしまうと話す新村だったが

原川を殺せば、ゲームを止められると言った

そんなことはできないという長峰に

新村は、九字間が命令すれば

原川は自分たちを殺すだろうと言った

その様子を、原川は監視カメラで見ていた

 

監禁ゲームの本当の目的

原川は、三崎に会い、ある条件を出した

それをやれば解放するという原川に

三崎は、やったら自分を殺して欲しいと頼んだ

原川の話を聞いた三崎は、その条件を受けた

 

原川は、江山に電話をかけてきて

もうすぐ外出禁止になると伝えた

そして江山たちの人生を壊した

理不尽の元凶は自分で

このゲームの本当の目的を

話したいと原川は言った

 

⇒『監獄実験―プリズンラボ―』の無料試し読みはコチラ👆

 

監獄実験―プリズンラボ―の続きはコチラ👇

監獄実験―プリズンラボ― 8巻 ~江山に全てを話し九字間を倒すと決めた原川 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「監獄実験―プリズンラボ―」7巻を読んでみた感想

原川が、監禁ゲームの管理者ですが

新村はやはり何かもっと裏で動いているようです

九字間は、10年前にも行った監禁ゲームのことも話していましたが

いったいどんなことになったのでしょうね

そのうち明らかになってくると思いますが

とても気になってしまいますね

原川は、自分が江山たちを

こんな目に遭わせた元凶だといっていますが

本当なのでしょうか

もうすぐ原川の計画も明らかになりそうですが

九字間の目的とは違った目的がありそうです

次巻でどんな展開が待っているのか

早く8巻が出て欲しいですね

 

>>『監獄実験―プリズンラボ―』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『監獄実験―プリズンラボ―』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『監獄実験―プリズンラボ―』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『監獄実験―プリズンラボ―』を実際に読んでみましょう!

 

-監獄実験―プリズンラボ―

© 2021 まんがコミック大好き日記