読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 59巻 第57条 夜ノ目町爆弾事件(1) ~爆弾事件の犯人にされた男 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――

魂抉る、死者との対話

死役所

作者:あずみきし

価格:110円(税抜き)

 

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「死役所」59巻の簡単なあらすじ

爆弾事件の犯人にされた行亮

行亮は、父親から牛乳配達を回り直すように怒られていた

そこに警察がやってきて、ケンカで相手に怪我をさせたとことで

警察署まで来るように求められた

 

警察署で、ケンカのことを聞かれた行亮

それが終わった後、夜ノ目爆弾事件のことを聞かれる

いきなり刑事は、行亮が犯人だろうと言った

その爆弾事件で、被害者の鈴原が亡くなっていた

 

犯行を否認する行亮

刑事は、家族も早く罪を認めるように言っていると話す

兄もそう言っていると聞いた行亮は、何かを思った

その後も、取り調べは続き、とうとう行亮は犯行を認めた

 

裁判を受ける行亮

そして無期懲役の判決を言い渡された

刑務所にいた行亮は、仮釈放になった

 

兄と酒を飲む行亮

事件で亡くなった鈴原の墓参りに行きたいという

それを聞いた行亮の兄は、一緒に付いていくと言ってくれた

 

冤罪だった行亮

死役所にやってきた行亮

肺炎になったというので、シ村は肺炎死課に連れて行った

行亮の資料を見るシ村

冤罪…ですか?

それを聞いた行亮は、怒りだした

権力なんか クソくらえじゃ…!

 

「死役所」59巻を読んでみた感想

爆弾事件の犯人にされてしまった行亮

でも冤罪でした

誰が真犯人なのかは、まだ分かりませんが

行亮の反応から、行亮の兄が何か関係あるように思います

この事件で、人生の大半を刑務所で過ごすことになった行亮

やっぱり冤罪は怖いですね

この事件の真犯人が、捕まるのかどうか

次巻の展開に注目です!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.