イジメの時間 8巻 ~下毛田をトゥルントゥルンにした真魚 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『イジメの時間』を8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『イジメの時間』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「イジメの時間」8巻の簡単なあらすじ

真魚に若保囲を殺すように命じた歩

歩は真魚が自分に告ったのはギャグだったと言って、鈴木山の顔を蹴った

それで真魚は歩に謝ったが、歩は鈴木山の顔を殴りつけた

そして真魚が何でもすると言っても、歩は真魚も蹴りつけてしまった

歩は立場が逆転した途端、被害者ズラをしているというと、真魚に若保囲を殺してくるように怒鳴った

二人はそれはできないというと、歩はお前たちはワーは殺したと叫んだ

真魚は自分たちは知らないと答えたが、歩はあんな事をした真魚たちのほうが正気でないと主張した

そして歩は真魚が若保囲を殺してくれば、二人を解放すると言った

真魚は鈴木山さえ助かればいいというと、歩は真魚に裸踊りをさせてしまった

その後に歩は、真魚に盗聴アプリとGPSのついたスマホを持たせやっと解放した

だが真魚が倉庫から出て行くところを、真魚の取り巻きの目撃していた

歩は真魚が出ていった後も、鈴木山に暴行を加えていた

そして歩は真魚が若保囲を殺しても、絶対に鈴木山を殺すと言っていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

真魚の過去

真魚の両親は離婚していたが、離婚の際に両親は互いに真魚を押しつけ合っていた

その後、転校してきた真魚は、すぐに男子生徒に人気になっていた

だが風紀委員の下毛田がそれを気に入らず目をつけられてしまった

下毛田は真魚に髪を切るように要求してきたが、真魚はそれを無視していた

すると真魚は放課後に屋上に呼び出されると、下毛田に髪を切られてしまった

下毛田は、真魚のパンツを脱がせようとし始め、真魚のちぢれ毛もトゥルトゥルにして記念写真を撮ると言いだした

下毛田が真魚の下の毛を切ろうとしていると、そこに鈴木山が現れた

真魚は取り巻きの二人に、下毛田のちぢれた性格をトゥルントゥルンにしてあげたいと言って味方するように要求した

すると取り巻き二人は、鈴木山に脅されたこともあって手伝うことにした

そして真魚は切るくらいじゃ治らないというと、焼き尽くすくらいじゃいけないと言って…

そんなことがあった後、真魚は髪を染めて登校してきた

すると鈴木山に弱者は悪者にされてどんな仕打ちも黙って従うしかないというと、真魚には親のことは気にせずに堂々としていればいいと言ってくれた

それから真魚は周りの人の言葉が響かなくなり、鈴木山だけが自分の正義だと思うようになってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

真魚に鈴木山を殺しに行かせる歩

真魚は、歩に鈴木山が殺されていないか心配していた

その頃、歩は鈴木山に裸踊りをされていた

そして歩が倉庫を出ると、五十崎が来ていた

そこで歩は、咄嗟鈴木山に新しい彼女ができたと嘘をついた

それで五十崎は、真魚は鈴木山の後ろ盾を無くしてしまって、歩の方が立場が優位になったのだと勘違いしてしまった

真魚は警察に通報しようか悩んでいると、歩から電話がかかってきた

そして二人は、あることを話し始めた

鈴木山は歩の話を聞いていたが、もう自分のターンはもう来ないと感じていた

鈴木山は以前、DV野郎の父親に支配されて痛めつけられてきた

それで自分も暴力を振るうことでしか自分を保てなかったが、本当はただまともに生きたいのだと思っていた

歩の母親は、歩のことを心配していた

そんな母親に対して、歩は今自分がやってる事を知られたらと思っていた

しかし歩は、警察や学校に相談してもそれは復讐にならないと考えていた

どうせそんなことをしても、どうせ大した報いも受けないまま、自分を逆恨みしてしまうからと思っていたからだった

そして苦しめられた本人にとっては、どんな罰によって絶対に解決しないのだと言っていた

柴咲は、鈴木山が学校を欠席していたので母親に電話した

すると母親は、風邪をひいて籠もっていると嘘をついた

その頃、鈴木山の父親はあと少しの命となっていた

そして母親は鈴木山のために、父親に生命保険をかけていた

あと数ヶ月で…

真魚は柴咲から、若保囲と須田のことを聞き出すことに成功した

そのことを真魚からの報告で知った歩は、真魚に二人を殺してくるように命じた

しかし歩は全員殺すと…

歩は、五十崎を学校の屋上へ呼び出すと、真魚をぶっ叩く機会がやってきたと話した

そして自分の側につくように脅した

その頃、真魚は若保囲と須田のいる病院へ入っていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

イジメの時間はの続きはコチラ👇

「イジメの時間」8巻を読んでみた感想

歩はとうとう真魚に殺しに行かせました

やってはいけないこととはいえ、あれだけ酷いことをされていたので、歩がそういう考えになってしまうのも分かる気がします

真魚や鈴木山にも今のようになった原因がありましたが、でもやっぱり歩にやったことは許されませんね

このままだと本当に歩は、真魚や鈴木山たちを殺してしまいそうです

真魚はもう既に若保囲たちがいる病院に入っていましたので、殺してしまうのも時間の問題です

この後、どうなってしまうのかとても気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-イジメの時間