読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

火葬場のない町に鐘が鳴る時

火葬場のない町に鐘が鳴る時 1巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

勇人が生まれたみとず町では夕方6時になると不協和音の鐘が鳴り響く

その音が聞こえたら、夜明けまで決して外に出てはいけない習わし

10年ぶりに東京からこの町に戻ってきた勇人は冥奴に出くわしてしまう

謎の多いみとず町で勇人はどうなってしまうのか?

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「火葬場のない町に鐘が鳴る時」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「火葬場のない町に鐘が鳴る時」の試し読みはコチラ♪

 

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」1巻の簡単なあらすじ

さきと追いかけっこするゆうと

 

みとず町に戻ってきた勇人たちの家族

父親の転勤で10年ぶりにみとず町に戻ってきた勇人の家族

咲のいるみとず町に戻ってきてワクワクしている勇人

夜のならわしに慣れればいいという父 遠くにピラミッドのような建造物も見える

町に着くと勇人は町を散歩する

咲の家のところには大きなマンションが建っていた

 

降りたところに戻ると車はなかった

気づくと着信が入っている

そして目の前で店が火事になっていた!

店から飛び降りてきたのは…咲!!

なんとか火を消す

 

咲との再会

最初は勇人を知らないと強がっていた咲

しかしあの時なぜ一言も言わずにいなくなったのかと言って泣き出す

すると6時になる 慌てだす咲

勇人がいなくなった後、町では夕方6時を過ぎると鐘がなるという

そして絶対に外には出てはいけない  冥奴様が迎えにくる

 

冥奴の時間

父から電話が入る冥奴様の時間だという

大きな鐘の音 スゴイ不快感を感じる

人影…

咲の手を振りほどき人影に向かう勇人

 

ボロボロの人?

咲が蹴り倒し逃げる

なんとか咲の家に逃げ込む

さっきの人影が冥奴様だという

 

町のルール 従えないなら町から出ていくようにいう咲

冥奴避けのあずきを撒く勇人 外にも撒こうとする

すると冥奴に手を掴まれてしまう

なんとか振りほどきドアを閉める

 

カップ麺を食べる咲 咲の父は死んでいた

数年前にマンションを建てた 半年前… そういって寝てしまう咲

 

外では冥奴様の音 すると携帯が鳴る

電話の主 いきなりみとずから出て行けという

ヤマガミと名乗る電話の主 そして出ていかなければ咲は不幸になるという

 

偶然、小学校の卒業アルバムを見つける勇人

山神の名札をした子どもの写った写真があった  ドラゴン

外にはまだ冥奴がいる 何かしゃべっている

外でドアをひっかき出す冥奴

 

朝 咲が起きてきて家を追い出される

するとマンションに父がいた

なんとお隣が引越し先だった

母が咲に挨拶 出て来る咲

 

ドラゴンと会う勇人

ドラゴンに電話する 出ないので駅前で待ち合わせのメッセージを入れる

父が車で駅まで連れて行ってくれることに

しかし鐘の音で頭が痛くなったというと、突然東京に帰るという父

ドラゴンに会わなければならないというと、また頭が痛くなったらすぐにいうようにいって車から降ろしてくれた

 

駅前でドラゴンを待つ勇人

やって来たドラゴン 再び町から出ていくようにいう

咲が不幸になるという言葉の意味を聞く勇人

説明しても理解できないというドラゴン

 

そこに葬列 みとず町には火葬場がない

かつては土葬だったが、今では火葬が義務付けられている

そうなったのは半年前…

息子の遺体を焼かないように棺桶にすがる老婆

冥奴様の怒りにふれる みとず町は滅びる

そう言って泣き叫ぶ

 

暴れる老婆 棺桶から遺体が転げだす

遺体を担いで三途洲山へ埋めにいこうとする老婆

そこにドラゴンが老婆に声をかける

数珠を取り出し念仏を唱えるドラゴン 感激する老婆

 

再び冥奴の時間がやってくる

ドラゴンと話していると父から電話

父から伝言 約束を守れなくてすまない 愛してるぞ勇人

 

勇人の家に着く二人

咲もいた 母にさっきの父の伝言を伝える 青ざめる母 泣き出す

約束の話を母から聞く

プロポーズの日 母を守っていたいので母より長生きするという約束

 

昔の話で言い争いになる勇人と咲たち

帰ろうとする咲とドラゴン

しかし料理をしていた母が包丁で手を切っていた

なんとか止血

病院に連れて行こうとするが、父が心配でならない母は動こうとしない

時計 よく見ると動いていない 止めたのは母だった

携帯で時間を確認 すでに6時を過ぎていた!

 

鐘の音が鳴り響く

冥奴の時間が来た!!

 

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」1巻を読んでみた感想

冥奴はどこからくるのでしょうか

そしてなんで夜になると町を徘徊するのか分かりません

冥奴の時間を知らせる謎の鐘の音 なぜか勇人は頭痛を感じてしまうことがあります

頭痛のことを聞いた父も何か恐れている様子でした

父は何か謎を知っているようです

その父が謎のメッセージを残し、帰ってきません

母も父のメッセージを聞いて錯乱ぎみ

そして何か起きそうな感じで冥奴の時間になりました

冥奴や鐘の音にはあのピラミッドらしき建造物が関係しているのは間違いないでしょう

それに半年前に火葬が義務付けられたことも何か関係があるみたいです

そのあたりの謎は少しずつ明かされていくと思いますので、これからが楽しみですね

 

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「火葬場のない町に鐘が鳴る時」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「火葬場のない町に鐘が鳴る時」の試し読みはコチラ!

 

-火葬場のない町に鐘が鳴る時
-, ,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.