読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 58巻 第56条 おててつないで ~体に痣を持つ子ども のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――

魂抉る、死者との対話

死役所

作者:あずみきし

価格:110円(税抜き)

 

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「死役所」58巻の簡単なあらすじ

死因の分からない子供

死役所に小さな子供がやってきた

名前で調べてみるが、記録が出てこない

シ村とハヤシは、他の課も回ってみたが

どこの課でも分からなかった

 

階段で、ハヤシはその子と手を繋ごうとするが

その子供は、シ村と手を繋ごうとする

 

殺されていた潤矢

ニシ川のところへやってきた3人

その子供の着ている物には、いろんな名前が書かれていた

そして身体にはたくさんの痣が…

 

潤矢は、家の中でイスで遊んでいた

母親の交際相手が、それにキレ出してしまう

潤矢に暴行を加える男

すると潤矢は急に動かなくなってしまった

 

ハヤシなりの償い

小さな子供をよく殺せますねぇというシ村

ハヤシは、自分が赤子殺しだから

手を繋いでもらえなかったのかなという

もしハヤシが、殺人を犯していなかったらと聞くシ村

ハヤシは、殺した相手の不幸しか願えないと答えた

シ村は、ハヤシのしたことで

多くの人が不幸になっているだろうと話した

 

潤矢と成仏ギリギリまで遊ぶというハヤシ

最期の記憶が殺される瞬間なんて 悲しいじゃないすか

 

シ村は、ハヤシなりの償いなのだろうと言った

ハシ本に、ハヤシのことを話すシ村

ハヤシは、相手の未来ばかり気にしていたが

ハヤシ自身が幸福になっている可能性を

考えていないのだと言うシ村だった

 

「死役所」58巻を読んでみた感想

潤矢は、あんなに小さいのに、母親の交際相手に暴行を受けていました

いくら自分の子供でないと言っても、本当に酷い奴ですね

ハヤシは、潤矢を見て、自分の犯した殺人に向き合っています

シ村は、ハヤシのしたことで、たくさんの人が不幸になり

ハヤシ自身が幸せになる可能性を考えていないと言っています

でも、自分を裏切った相手を許して、自分の幸福を考えるのは

そう簡単なことではありません

もちろん殺人はいけませんが、ハヤシもいつかそれに気づいて

成仏する日がきて欲しいですね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.