読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~ 6巻 ~藤本の死体を見続ける貝嶋 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

遺品整理だけでなく、遺体が放置された凄惨な部屋のクリーニングもする「デス・スウィーパーズ」社

美しい女の遺体。その醜く朽ちていく一部始終を見る!?

 

DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~

作者:きたがわ翔

価格:139円(税抜き)

 

 

『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~」6巻の簡単なあらすじ

 藤本の死体を見ていた貝嶋

貝嶋は、現金を自分の部屋に持ってきてしまった

すると、大学のサークル仲間から、飲み会に誘われる

金のない貝嶋は、バッグの金を使って飲んでしまった

 

帰宅したが、まだ藤本は発見されていなかった

逃げようと思ってみても、強盗殺人で指名手配されることを恐れてできなかった

 

藤本の声の幻聴が聞こえる藤本

天井裏から部屋を覗くと、藤本の死体は腐敗が進んでいた

藤本の死体が、どんどん朽ちていく様子を、貝嶋はずっと見ていた

 

藤本の部屋の清掃を手伝う貝嶋

藤本の部屋の清掃にやってきた尚史たち

貝嶋の部屋に入ってみると、貝嶋が気がおかしくなり始めていた

輝起は、貝嶋の過去が見え始めた

会社に入って、コミュニケーションがうまくできなかった貝嶋

輝起は、藤本の部屋の清掃を手伝ってみないかと言った

 

腐敗液のついた畳を全部剥がす

輝起は、貝嶋に壁の拭き掃除を頼んだ

そして壁を拭いていると、心が浄化される気がしないかと言った

涙を流す貝嶋

翌日、貝嶋は警察に自首をした

 

「DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~」6巻を読んでみた感想

貝嶋が、事件に巻き込まれないか心配していましたが、大丈夫でした

やはり悪いことしても、普通の人なら罪悪感でいっぱいになってしまいます

貝嶋は、お金を持ち去ったとはいえ、最後はちゃんと自首してくれました

不起訴のもなったので、心を入れ直してこれから頑張ってほしいですね

やはり輝起は、人の過去が見えるようです

早くその能力の謎が、分かるときが来て欲しいですね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、まんが王国へ行って『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』を実際に読んでみましょう!

 

-DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.