読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 52巻 第50条 裁きの先に(2) ~正しく裁くということ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

お客様は仏様です

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――

“そいつは、裁かれなきゃいけないだろ”

民意の代弁者として、法廷に立つ覚悟はありますか?

魂抉る死者との対話

死役所

作者:あずみきし

価格:110円(税抜き)

 

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「死役所」52巻の簡単なあらすじ

  裁判員裁判を傍聴する一早

シ村は、被害者の気持ちは考えなかったのかと聞く

一早は、ひったくりをしている時は、考えなかったと答えた

 

それから裁判の傍聴にハマった一早

結婚して、子供ができてからも通っていた

ひったくり仲間も、一早と同じく裁判の傍聴にハマっていた

今度は、強姦致傷の裁判員裁判を傍聴することにした

被告人はイケメンの医大生の男だった

 

その男は、公園のトイレに入った被害者を襲いレイプした

しかしその男は、同意の上だったとして

犯行を否認した

そして弁護人が質問を始めた

被告人の元カノのことを質問する弁護人

そして次に、裁判員のオッサンが、質問をし出した

被告人の男の元カノは、キレイだったかと訊ねる

何か変な裁判員だった

 

妻と裁判の話をする一早

一早は、妻とその裁判の話をした

妻は、被害者も辛いだろうと言った

一早が、裁判員だったら楽勝だろうという妻

しかし一早は、慣れているからこそ難しいと答えた

 

入院していたじいちゃんは、裁判員の本を読んでいた

自分がいつ選任されるか分からないからだというのだ

しかし、人を裁くのは難しいので

裁判員には、なりたくないというおじいちゃんだった

 

しかし結局、裁判員に選任されることなく

おじいちゃんは亡くなった

一早の妻は、性犯罪の被害者は叩かれがちなので

きちんと裁いて欲しいと言った

だが一早は、正しく裁くというのが

一番難しいのだと思った

 

遮蔽措置

また裁判を傍聴しに行った一早

今度は被害者のために、遮蔽措置が採られていた

裁判員たちが、法廷に入ってきた

そしてその中に、あの変なオッサンもいた

 

「死役所」52巻を読んでみた感想

今度は裁判員裁判を傍聴した一早

裁判員をするというのは、なかなか難しいことかもしれません

すべてのことが明らかになっていればいいですが

被告人の言っていることなどが、ずべてが正しいとは限りません

それに弁護人などはプロなので、そういった人たちと対するのは

専門的知識のない裁判員にとっては、かなり負担があるでしょう

どうやら一早の起こしたひったくりは、あの変な裁判員のオッサンが

関わっているようです

どんなことが起こるのかは、まだ分かりませんが

オッサンが、何か変なことを言って怒ってしまうんでしょうね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.