復讐の未亡人 5巻 ~勝浦に料理を作り復讐する凜 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『復讐の未亡人』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『復讐の未亡人』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「復讐の未亡人」5巻の簡単なあらすじ

勝浦に復讐する凜

陽一は密に、誰か密を尾行している奴がいると言ってきた

しかし密は陽一も自分を尾行して言っていると、陽一の後ろに凜がやってきた

陽一は凜に密に関わっていると死んでしまうと言ったが、実は凜の母親の居所を探してきていた

なんと居所の分からなくなっていた凜の母親は、全生活史健忘になってしまっていた

密は陽一に、あの子はまだ見つからないのかと意味深なことを言った

すると陽一は、凜に…

凜が帰宅すると、家には勝浦が来ていた

そこで凜は勝浦に従順な態度を見せて料理を作り始めたが、料理の中に陽一と密から教わったモノが入れていた

勝浦は凜の作った料理を食べると、俊の幻覚を見え始め狼狽してしまった

そんな勝浦に、凜は逃げて飛ぶように言った

凜は萌愛の家で、美久と暴力父親のことを話していた

その頃、萌愛の母親は…

凜はその後、俊の亡くなった踏切で手を合わせていると、そこに密がやってきた

だが密の背後には怪しげなスーツ姿の男がいたが、凜が声をかけたのでその男は何もできなかった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

頭がおかしくなった勝浦

密は、会社の生産管理システムを作っていた

斉藤が働く会社が残業を禁止してしまったので、それで発生した問題を担当者に丸投げしないようにするためだった

密は余計なことをしたのかと斉藤にいうと、斉藤は、早速使わせてもらうと言った

凜は陽一に復讐が失敗したというと、萌愛の母は勝浦を捨てることができなかったと話した

しかし凜はなぜか勝浦にトドメを刺さずに、しばらく放っておくと言った

なぜなら勝浦は、俊の祟りだというようになり精神がおかしくなっていたからだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

嫌いな人に媚びて体を許す山下

会社では、節電キャンペーンが行われていた

そこでIT知識のない部長は、サーバールームまで節電しようとしていた

それに斉藤はキレていたが、そんな様子を山下はうらやましそうに見ていた

山下はサーバールームで仕事をしていると、そこに営業の長谷川がやってきた

長谷川は斉藤のことを嫌っていて、ワザとサーバールームの冷房を切ってしまった

その後に山下は長谷川に誘われ飲みに誘われ飲んでしまうと、そおまま長谷川に体を許してしまった

そして山下は長谷川と激しいセックスして、喘ぎ声をあげていた

山下は長谷川とのセックスが終わった後、斉藤からのメッセージに気づいた

それで急いでサーバールームに戻ってくると、そこには既に斉藤が来ていた

冷房が切られていたサーバールームは、ものスゴイ温度になっていたので山下は謝った

そして斉藤は部長を呼びつけると、思いっきりブチ切れてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

復讐の未亡人の続きはコチラ👇

「復讐の未亡人」5巻を読んでみた感想

凜の復讐は失敗しましたが、クソ野郎の勝浦を完全に殺してしまうよりも、精神を崩壊させたのでよかったかもしれません

勝浦は生きているうちは、このまま俊の幻覚に苦しみ続けてもらいたいですね

密はある子供を陽一に探させていますが、もしかしたらかつて密が産んだ子供でしょうか

そのあたりのことはまだほとんど明らかになっていませんが、その内その子供が現れて密の過去がもっと明らかになってくるでしょう

斉藤は山下に好意を持たれているようですが、山下は長谷川に簡単に体を許してしまう辺りを見ると、ヤバそうな女な感じがします

これからどんな展開が待っているのかは分かりませんが、これからのお話もとても楽しみですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-復讐の未亡人

© 2021 まんがコミック大好き日記