読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~ 1巻 ~亡くなった母の傍らにいた娘 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

遺品整理だけでなく、遺体が放置された凄惨な部屋のクリーニングもする「デス・スウィーパーズ」社

この会社に勤めて半年、まだまだ新米の松沢が見たものは…!?

DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~

作者:きたがわ翔

価格:139円(税抜き)

 

『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~」1巻の簡単なあらすじ

 首つり現場の清掃

70代の男性が首つり自殺をした

首がちぎれた遺体を、娘が発見した

 

部屋の清掃を行う尚史たち

あちこちに、遺体からちぎれた頭髪や指が落ちていた

清掃の後、昼食を食べる尚史たち

入社半年の尚史は、軽いサンドイッチしか食べれなかった

依頼主と話すチームリーダーの輝起

輝起の顔を見た依頼者は、あることに気づいた

 

殺を考えていた尚史

仕事の後で、カラオケを熱唱する3人

輝起は、かつては霊感少年として、テレビに出ていた

霊なんていないという輝起は、本当に怖いのは人間だと言った

 

半年前、職場の人間関係で、自殺を考えていた尚史

自殺に関心を持った尚史は、デス・スウィーパーズ社に来たのだ

尚史を見た輝起は、尚史が自殺を考えていることを見抜いていた

 

ゴミの部屋

お得意さまの所へ向かう尚史と輝起

依頼者の女性は、有名雑誌モデルだった

毎年以来してくるという輝起

部屋の中は、ゴミでグチャグチャだった

そしてゴミの中には、なぜかピンクローターが落ちていた

しかも4つも…

輝起は、依頼者は心に病を持った病人だと言った

そんな人たちに必要とされているのだ

 

ハエが涌いた部屋

会社に、依頼の電話がかかってきた

現場は相当悲惨だと分かり、輝起は喜んだ

そして現場は、仲間の荒木のアパートだった

現場に到着し、ドアを開けると…

大量のハエ!!

すぐにドアを閉めた輝起

オゾンを使い、殺虫、除菌、消臭をすることにした

部屋に目張りをするために、部屋に入った3人

亡くなった良美は、6歳の娘の真乃と暮らしていた

持病の心臓の病で亡くなった良美

遺体の放つ悪臭の中で

娘の真乃は、1週間、良美の側にうずくまっていた

 

「DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~」1巻を読んでみた感想

遺品整理会社のデス・スウィーパーズ社で働く尚史

現場清掃の後では、あまり食べ物が喉を通らないところを見ると

慣れきれていないようですね

半年前は、自殺を考えていた尚史ですが

輝起に見抜かれ、自殺現場の凄惨さを知って止めたようです

自殺した後に、すぐに見つかればまだいいですが

時間が経つと腐敗してしまいます

そんなことを考えると、やはり自殺はいけないことだと思いますね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、まんが王国へ行って『DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~』を実際に読んでみましょう!

 

-DEATH SWEEPERS ~遺品整理会社~
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.