読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

美醜の大地

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 24話のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

 いじめによってすべてを奪われた女が

別人に生まれ変わり、地獄の復讐に身を投じる!

昭和20年、太平洋戦争が終わりかけていた時代

樺太(からふと)で生まれ育った少女・市村ハナは

醜い容姿のため女学校で凄惨ないじめを受けていた

いじめのリーダー格は大会社の令嬢・高島津絢子

彼女によって泥棒の濡れ衣を着せられたハナは

退学に追い込まれてしまう

やがてソ連軍が空襲を開始し

樺太から北海道へ逃れる船に乗り込んだハナ一家だったが

いじめグループによって船から追い出されてしまい……

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「美醜の大地」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」の試し読みはコチラ♪

 

 

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」24話の簡単なあらすじ

 爆破事件を知った綿貫

綿貫は新聞で、絢子の屋敷が燃えてしまったことを知った

きっとハナの仕業だと思い、菜穂子が道連れになってしまうことを心配した

そこに刑事の柏原がやってきた

柏原は、相原が行方不明になっていると綿貫に話した

 

病室へ駆けつけた白川の両親

白川の両親が、病室へ駆け込んできた

母親は、爆発の原因が順絢子のせいだと言った

しかし白川は絢子のせいではないと庇った

父親は民家に身を隠すように言った

だが母親は、笑ったような顔をしている絢子にキレた

それで白川は、絢子には休養が必要だと言って

両親を病室から追い出した

嬉しいと言う絢子は

きっともうすぐ取り戻せるとつぶやくのだった

 

ハナたちは、新聞で一人の犠牲者がいなかったと知った

目立ったことをしたので、しばらくは絢子たちの出方を探ることにした

 

内田の病院へやってきた敏江

内田の病院に敏江が倒れ込んできた

内田と菊乃は、敏江を処置室へ連れていった

目覚めた敏江は、内田に顔がどうなっているのかと聞く

内田は処置はしたが、元に戻す事はできないと言った

そして右目はいずれ失明するだろうと伝えた

ベッドで寝ていた敏江は、起き上がりハナと絶叫した

 

夜道を1人笑いながら彷徨う女性

もうすぐ逢えるわ…

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」24話を読んでみた感想

 絢子は嬉しそうにしていますが、何を取り戻せるのでしょうか

籠が焼け落ちてしまったとも言っていますが

今のところまだ意味がよく分かりません

綿貫は爆破のことを知り、ハナがやったと思っています

それで菜穂子が巻き込まれることを心配しているので

これからもハナのことを追ってくるでしょうね

顔面が完全に崩壊した敏江は、さらにイカレてしまいました

これからまたハナを執拗に追ってきそうですね

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「美醜の大地」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」の試し読みはコチラ!

 

-美醜の大地

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.