読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 43巻 第42条 遺すべきものの ~澪を責めるハヤシ ネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

お客様は仏様です

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――。

“お母さん…… 一緒に死のうか……”

終わりの見えない現実に、寄り添うことが出来ますか?

魂抉る死者との対話

死役所

作者:あずみきし

価格:110円(税抜き)

 

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「死役所」43巻の簡単なあらすじ

 死役所にやってきた磨美

漫画を読んでいたハヤシに、竹シタが声をかける

ハヤシは、竹シタに成仏しないのかと訊ねた

テメーがとっとと成仏しろと言われる

ハヤシは、人間はいつ死んで成仏するかわからないと思った

 

申請書を書いていた磨美は、まだ40だった

そして磨美は、元女優だった

記録を見たハヤシは

なんでこんなことをしたのかと磨美に訊ねた

 

澪の父親

磨美は、娘の澪と旅行に出かけた

宿に着いて、澪と一緒にお風呂に入った

磨美は乳がんで、左乳房を切除していた

そしてこの旅行の後に、入院する予定だった

磨美に、頑張って長生きしてねと言う澪だった

 

入院した磨美を見舞いに来る澪

病室でテレビを見ていると

俳優の達也が出演していた

澪に父親のことを話そうとするが

父のことなど知りたくないという澪だった

そしてとうとう澪は、亡くなってしまった

 

楽屋にいた達也に、手紙が届いた

それは磨美からの手紙だった

 

磨美を責めるハヤシ

ハヤシは、どうして手紙を出したのかと聞いた

それが世間に出回ったらどうするのかと責めるハヤシ

だがシ村は、それを止めた

そしてシ村は何か深い事情があったのか

それとも自己満足なのかと尋ねた

しかし磨美は、何も答えなかった

 

ハヤシはきっと自己満足なのだと言った

シ村は、ハヤシは母親のことを思い出したのかと聞いた

ハヤシは母親の残した手紙のこと言い出した

残されたことも考えていないというハヤシ

しかしシ村は、それはハヤシも同じだと言った

無関係な子供まで殺したことは…

シ村は、多くの人は、自己満足のために

生きているのだろうと言った

 

磨美は、達也と出会った時のことを思い出していた

お互い天涯孤独の身だった… 

だからきっと 澪のことを…

 

記者会見を開いた達也

記者会見を開いた達也は、自分のキャリアのために

澪と結婚しなかったことを告白した

そして、澪を自分が引き取って育てると言った

11年間、磨美は娘を大切に育ててくれた

達也は、今度は自分が澪の為に生きていくと誓った

 

「死役所」43巻を読んでみた感想

磨美が手紙を残したことは、自己満足なのでしょうか

やはり小さい子どもを残して死ぬとなると

誰かに頼みたいという気持ちも分かりますね

達也との関係がどうだったのかは、よく分かりませんが

自分と同じように天涯孤独だったので

きっと面倒を見てくれるだろうと思ったのでしょう

ハヤシの言っていることも

母親の手紙のことがあるので、分からなくはありません

どちらが正しいとはなかなか言えませんが

澪が、達也に大切に育ててもらえることを祈りたいですね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.