読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 37巻 第36条 母(2) ~赤ちゃんにとって最高のお母さん のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

お客様は仏様です

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――

“俺のしたことが正しかったとは断言出来ねぇ

本当は罪なんて犯したくなかった”

誰も傷つけることのない、正しい選択ってありますか?

魂抉る死者との対話

死役所

作者:あずみきし

価格:110円(税抜き)

 

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「死役所」37巻の簡単なあらすじ

 出血して救急車で運ばれる和泉

貴宏は子供の名前を考えるが、全くセンスはなかった

朝から少しお腹が痛かった和泉だったが

大丈夫だと言って買い物に出かけた

しかし、痛みがだんだん増してくる

お店にいた女の子が、大丈夫かと心配してくれた

その後も痛みは酷くなり、出血して救急車で運ばれてしまった

 

和泉は医者に、自分より赤ちゃんを助けてほしいと頼んだ

貴宏も病院へ駆けつけたが、医者は危険な状態だと言った

命の選択を迫られた貴宏は、和泉を助けてくださいと答えた

 

理屈ではない愛

死役所へ連れてこられた赤ちゃん

イシ間が代わりに申請書を書いてあげることになった

死産課のシン宮は、胎児には意思がないといった

しかし、ハシ本は記憶はあると答えた

イシ間は、胎児に母親への絶対な愛があるかと聞く

村は愛と呼べるものがあるかは分からないが

愛は理屈ではないのだと答えた

 

最高のお母さん

和泉は、赤ちゃんと一緒に死にたかったと思っていた

そこに、あの時の女の子が現れた

自分のせいでいなくなったと話す泉

その女の子が赤ちゃんはまだいると言いだした

そして、赤ちゃんはありがとうと言っていると伝えた

それを聞いた和泉は、産めなかったのに

と言って泣き出してしまった

だが貴宏は、それでも赤ちゃんにとって和泉は

最高のお母さんなのだと言った

 

「死役所」37巻を読んでみた感想

ようやく妊娠した和泉でしたが、流産してしまいました

今まで不妊治療を続けてきて、ようやく授かった子供が

産まれなかったのは、とても辛かったことでしょう

赤ちゃんを産めなかったことで、和泉は自分を責めていますが

女の子から伝えられた言葉で、立ち直ってくれることでしょう

そして亡くなった赤ちゃんも成仏して生まれ変わり

また、和泉赤ちゃんとして戻ってきてくれるといいですね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.