読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 32巻 第31条 加護の会(2) ~修行の間での行を終え、信者になった修 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

お客様は仏様です

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――

“人間いつ死ぬかわからないから、オレはいつでも自分らしく生きていたい”

曖昧な幸福の指標に、踊らされていませんか?

魂抉る死者との対話

死役所

作者:あずみきし

価格:110円(税抜き)

 

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「死役所」32巻の簡単なあらすじ

 加護の会に入信してしまった修

シェアハウスをすると嘘を言って、家を出て行く修

家を出て行く修に、おばあちゃんは餞別をくれた

 

財産は全部教団に寄付をして、修行の間に入る修

部屋の中には、加護の会の教えを書いた

紙がたくさん貼ってあった

修は、そこで断食をしながら

ほとんど睡眠を取らずに瞑想した

部屋の中で教えを口ずさんでいると

何かがストンと落ちてきた気がした

 

修行が終わり、縁が部屋に入ってきた

部屋を出ると、そこには蓮田が迎えた

蓮田は、指で輪っかを作り

修は、家族になったと言った

とうとう修は、加護の会の信者になったのだ

 

千絵莉のお尻を叩く縁と修

ニシ川は、シ村が加護の会のことを

どう思っているのかと思っていた

修の話を聞いていたシ村は

加護の会にいて、幸せだったかと聞いた

 

入信してから禁欲していた修

縁は、生理現象は自然なことなので手伝うと言った

千絵莉のズボンから、飴の包み紙を見つけた縁

地恵理のところへ駆けていき、いきなりお尻を叩きだした

縁は、千絵莉の心が汚れていたと言って

修にも、叩くように求めた

 

恭平を勧誘する修

弟の恭平が、加護の会へやってきた

家に帰ってくるように言う恭平

修は、恭平に入信するように言った

そして加護の会での生活は、幸せだと言った

その言葉に、ドン引きして帰っていった恭平

加護の会に入らない恭平を

修は、可哀想な奴だと言うのだった

 

「死役所」32巻を読んでみた感想

修は、どんどん加護の会にハマってしまっていますね

それを心配した恭平が連れ戻しにきましたが

修は逆に恭平を勧誘しています

でもやはり千絵莉の叩き様は、やはりカルトでしょうね

どんどんマインドコントロールされている修

この後、どうなってしまうのでしょうね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.