読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 31巻 第30条 加護の会(1) ~加護の会教祖の蓮田の講演会を聴く修 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

お客様は仏様です

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――

“人間いつ死ぬかわからないから、オレはいつでも自分らしく生きていたい”

曖昧な幸福の指標に、踊らされていませんか?

魂抉る死者との対話

死役所

作者:あずみきし

価格:110円(税抜き)

 

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「死役所」31巻の簡単なあらすじ

 加護の会に関心を持ってしまう修

片腕がちぎれた修が、市役所に行ってきた

シ村は、修に加護の会に入信していたのかと訊ねた

 

大学4年生の修は、まだ就職活動していなかった

おばあちゃんから、ある講演会に連れて行って欲しいと頼まれる

それは加護の会の教祖・蓮田の講演会だった

 

講演会場へ行ってきた修

教祖の蓮田の話が始まった

劣等感の衣

その言葉が蓮田の言葉が、自分に当てはまるように感じた

帰宅した修は、もっと話を聞きたいと思った

 

加護の会にハマっていく修

加護の会へ行ってみた修

入り口で出てきた女性は、講演会の受付をしていた女性だった

そこには、講演会で質問をしていた男性も来ていた

その男は、加護の会に入信しようと考えていると言った

信者と一緒に餅つきをする修

加護の会の信者は、自給自足の生活をしていた

 

加護の会への入信を決めた修

それから加護の会へ通いだした修

そして蓮田が帰ってきた

修のことを覚えていて

輝きが増しているという蓮田

蓮田の言葉に感動した修は

加護の会に入信することを決めた

 

「死役所」31巻を読んでみた感想

怪しげな宗教団体の加護の会にはまってしまった修

今のところ分かっているのは

自給自足の生活をしているということだけですが

おそらく何かヤバいことをやっているでしょう

シ村も、修から加護の会のことを聞き出そうとしています

シ村は、加護の会に関わりがあるようですが

それはどんなことなのでしょうね

入信することにした修は

これからどうなってしまうのでしょうか

とても心配ですね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.