読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所

死役所 13巻 第13条 カニの生き方(3)のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ

あるいは――

魂抉る、死者との対話

 

「死役所」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「死役所」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「死役所」の試し読みはコチラ♪

 

 

 

「死役所」13巻の簡単なあらすじ

 父の死で病気のことを知った佐尾

佐尾の父も同じ遺伝性の病気だった

それを父が亡くなって母から聞いた佐尾

高関と知り合い、そして高関は結婚した

結婚の話を聞いた佐尾は

自分の母は、病気のことを納得した上で

自分を産んだのだろうかと思った

 

発症してしまった病気

佐尾はとうとうに病気が発症してしまう

そして佐尾は、母親に発症したことを伝えた

母親は、電話越しにごめんと謝った

どんどん進行する病気に、佐尾は遺書を書くことにした

高関には子供が生まれた

佐尾にも早く彼女見つけて、結婚するように言う高崎

佐尾は、10年後は生きているだろうかと言った

 

見舞いにやってきた高関

お見舞いにやってきた高関

佐尾は、遺書はどうだったかと聞く

つまらなかったと答える高崎

自分にどうして病気のことを隠していたのかと言った

佐尾は病名が長くて、高関には覚えられないからだと答えた

そんなことを言う佐尾が好きだと高関は言った

高関には才能があると言う佐尾

高関は、死ぬまで一緒にコントをやろうと言った

 

迷わず成仏した佐尾

死役所にやってきた佐尾

佐尾がやってきたことをハヤシに伝えるシ村

しかし、戻ってくると高崎はもう既に成仏していた

思い返すことがなかったのか、それとも…

 

一人で舞台に立つ高関

一人でコントする高関

自分の気持ちを舞台で話しだした

そしていつか佐尾の死を、笑いに変えると言って泣いた

佐尾の遺書には、高関は才能があるので

なんとかなるだろうと書かれていた

  

「死役所」13巻を読んでみた感想

 佐尾は、とうとう亡くなってしまいました

遺書には何も書かれてはいませんが

病気のことを知ってから、いろいろと苦しんだことでしょう

でも最期は、それを受け止め迷わず成仏したようです

高関は、佐尾の死はつらいと思いますが

きっとそれをキチンと受け止め立派に生きていくことでしょうね

 

「死役所」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「死役所」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「死役所」の試し読みはコチラ!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.