広告

「細菌少女」4巻(単行本)~抜け穴から村の外へ脱出するも謎の人物の正体を知り愕然としてしまう碧 のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『細菌少女』4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

3巻までのお話はコチラ↑

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「細菌少女」の簡単なあらすじと感想

4巻 抜け穴から村の外へ出るも碧だけ殺すと言い出す謎の人物

碧たちは謎の人物に促され、抜け穴の中に入り始めた

しかし碧が穴に入ろうとしていると、そこに澪の一体が入ってきたが、謎の人物が澪を捕まえ空の居場所を聞き出そうとしたが…

碧たちはようやく抜け穴の出口へやってくると、本当にそこは村の塀の外だった

しかし謎の人物は碧だけ殺すと言い出したが、信人は謎の人物のマスクの下の顔を見ていて…

謎の人物は碧を殺すことをやめると、そこに研究所内の協力者の瑠偉が現れた

瑠偉が運転する車で、碧たちはレジスタンスのアジトへと向かい始めた

碧はかつて空と一緒に研究所の閉鎖病棟にいたが、空は碧に優しくしてくれていた

二人は他の子よりも抗体が強いので、年上の空は過酷な実験を受けていて、碧に自分を殺してと…

碧も実験を受けるようになってしまうと、ある日ある部屋に入るように求められた

そこにはなんと空がいたが、何か別人のようになっていた空は、碧に口移しで蛆を…

碧は目を覚ますと、空に蛆を移されたので両手足はヤバいことになっていた

それからまた眠っていた碧は目を覚ますと両手足は治っていて、智樹とカンナの元で暮らすことになった

ある夜、智樹は碧をあるビルへと連れていくと、そこにいた金成に碧に猥褻行為をさせた

そして翌日、碧は金成が死んだというニュースを見て、自分が空からヤバいものを感染されたのだと知った

碧は吐き気を催し浴室で苦しんでいると、なんと口から何かが出てきて…

レジスタンスのアジトで、碧たちは他の子たちを紹介された

レジスタンスには保菌者や感染前に保護された子もいたが、碧は智樹に洗脳されていなかったのでひとまず処分されずに済んだ

碧たちはまずはお風呂に入っていたが、その頃、誰かが碧の居場所を見つけてしまっていて…

とうとう謎の人物の正体が判明しましたが、オリジナルだとは驚きました
オリジナルの葵は、空と研究所で実験を受けていましたが、子どもにこんなヤバいことをしていた桃井は本当にヤバい奴ですね

レジスタンスには研究所での協力者もいましたので、恐らく桃井のやっていることに反感を持っている職員も結構いそうです
でも桃井は、葵が使っていた抗菌薬への対抗薬を作りそうだったので、もう抗菌薬は効かなくなってしまうでしょう

碧はようやく村の外には出ることができましたが、これからはレジスタンスと研究所との戦いに関わらざるを得ないでしょう
それに空がどうなったかも気になりますが、恐らくまだ死んではいないと思われるので、その内碧は空と再会することになるかもしれませんね

⇒まんが王国で無料試し読み

3巻までのお話はコチラ↑

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」