広告

「隠密お局~あなたのホンネ見えてます~」 11〜22巻 ~新田の妻から育休のことで一方的に権利主張されてつい子宮内膜症が見つかり体調も悪かったこともあってつい大声を上げてしまうこなす のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『隠密お局~あなたのホンネ見えてます~』11〜22巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

10巻までのお話はコチラ↑

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

↓絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック

イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「隠密お局~あなたのホンネ見えてます~の簡単なあらすじと感想

新田の妻に育休のことなどで迫られて精神的に追い込まれてしまうこなす

こなすはPJの室長に昇格したが、自分の将来のことが見えないでいた

そんなこなすは子持ちの友人たちと家でご飯を食べることになったが、友人たちはこなすに結婚することを勧めると、それからは結婚生活の話ばかりで…

こなすはPJチームメンバー新田の妻からも、育休のことでキツい感じで言われてしまったが、既婚者と未婚者それぞれに意見がありこなすはどうしていいのか悩んでいた

しかし部長に相談しても、まともな答えは返ってこずにそれが室長の仕事だと言われるだけで、こなすは一人で考え込んでいるとそこに幸丘が現れ…

幸丘と話した後で急にお腹が痛くなってしまったこなすは病院へ行くと、子宮内膜症で他にも検査を受けなくてはならなくなってしまった

しかしこなすは、また新田の妻にキツく迫られてしまったこなすだったが、自分の体のこともあるので廊下でつい泣き出してしまった

そんなこなすにまた声をかけてきた幸丘は、もっと人を頼って…

こなすは新田夫妻との面談で、新田の妻が一方的に自分の権利を主張されて、つい大きな声を上げてしまった

そこに楓がリモートで間に割って入ると、新田の妻にはクレームは自分に言うように言ってから、こなすには…

こなすは新田の妻に育休のことなどで、キツく迫られて精神的に追い詰められていましたが、こなすが自分でなんでも抱え込む性格な上に部下のマネジメントにもまだ慣れていないことも大きいでしょうね
新田の妻が自分たちの権利を主張している内容は正当なことも多いですが、権利は誰にでもあって互いへの配慮も必要なので、一方的に権利自分の権利ばかり主張してしまうような社会では、ただ人間関係がギスギスしてしまうばかりでしょう

こなすは自分の体の不調も抱えてしまっていましたが、今回は楓が割って入ったこともあり問題は解決して、病気もそれほど重大なものではなかったようです
今回のことでこなすも室長として少し自信も持てたようなので、こういった経験を糧にしていい上司になっていきそうですね

⇒まんが王国で無料試し読み

取引先の既婚者の山岡にセクハラを受けてしまう陽菜

陽菜は子育て家族のイベントのサポート業務をしていたが、自分が不妊治療をしていることもあって鬱な気分になっていた

職場でも子どもの話題などに不快感を感じていた陽菜は、病院で人工授精治療中につい涙が溢れ出てしまった

会社では新田の妻の育休話に妬んでしまい、自分はダメ人間だと嘆いていると幸丘が声をかけてきて、うまくいかないことを…

それから陽菜は既婚者の山岡にまたいつものように迫まられてしまい、抱きつかれてしまったところを他の社員に見られてしまった

取引先ということもあってその件はなかったことにされてしまい、鬱な気持ちになっている陽菜を夫の啓太は気遣ってくれた

生理が遅れたのでデキたかもと喜んでいたのも束の間、ただ遅れていただけで生理痛も酷くて絶望していた陽菜に、幸丘は理由のない問題には…

陽菜は山岡の件で上司や山岡の上司に穏便に済ませろと迫られてしまったが、楓が割って入ってくれたので無事解決できた

そして帰宅した陽菜は、啓太に不妊治療がツラいというと…

陽菜は不妊治療を続けていても、なかなかうまくいかないでいたので精神的に追い詰められていました
その上に仕事では、取引先の山岡からセクハラも受けてしまい、本当にヤバい状態でした

でも楓が割って入ってくれたり、夫の啓太も無理に不妊治療をしなくてもいいという考えだったので、陽菜はどうやら精神的な安定を取り戻すことができたようです
世の中には家族からも不妊のことで圧迫を受けて精神的に追い詰められている女性は多いハズなので、やはり楓のような理解のある人が会社の役員にいなければ、今の状況がよくなることはないでしょうね

山岡の件も、楓がいなければ上司は陽菜に責任があるかのような素振りだったので、泣き寝入りしなければならないような状態でした
どう見ても山岡が悪いのは明白なのに、山岡の上司も恐らく自分の立場も悪くなるので陽菜に泣き寝入りさせようと迫っていたのでしょう
こういう上司がいたら本当に組織は腐っていくので、本当はこういう奴らを成敗しないといけないですが、こういう奴ほど世渡りが上手いので上司になったりします
楓は社内改革をしたいみたいですが、こういった社内での間違った考え方を排除していきたいのでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

育休中に久しぶりに出社するも熱を出した梨香子にキレられてしまう新田

新田は子どもの律が生まれたので妻の梨香子に言われて育休を取っていたが、やはり育児や家事は大変だった

それでも育休を取ってよかったと思っていた新田だったが、やはり周りからは置いてけぼりにされているような気持ちになっていた

そんな新田もリモート会議や資料作りなどは在宅でしていたが、それも育児をしながらだと全く進まずにいた

梨香子が気を利かせて律を連れて外に散歩に出かけたので、また仕事をし始めた新田だったが、それでも律のことなどが気にかかり全く進まずに愕然としてしまった

梨香子からは自己主張するように言われ、上司からは育休の申請書類に不備があるとメッセが来て、どうしていいのか分からないでいた新田は幸丘に呼び出されると夫婦善哉の話を…

梨香子は新田の母親と子育て方針のことで古い価値観持ち出すなとキレてしまい、律の子育てもあって寝不足の状態で久しぶりの会社の会議に出た

それから野村たちと飲みに行っても話が合わず帰ろうとし始めた新田だったが、大量の梨香子からのメッセに気づき…

また梨香子にキレられ泣かれてしまった新田は、自分が赤ちゃんの世話を引き受けてお出かけさせてあげた

それで一人で赤ちゃんの世話をしていた新田だったが、そこに上司からどうしても急に出社して欲しいと求められ…

新田は子守をしてくれていた楓から、何か要望がないか聞かれてもすぐにこたえられなかった

そんな新田に楓は梨香子のことを訊ねられると、ブチ切れられたこと話したので楓はちゃんと意見は言ったほうがいいとアドバイスしてくれた

それから新田は廊下を歩いていると、梨香子のこと悪く言っていた人たちに、新田は…

それから新田は、梨香子と一緒に自分たちの祖父母とお食い始めなどを経験することができた

そして子どもの成長を梨香子と一緒に見ることができた新田は、育休を…

新田は相手のことを気遣って意見を言わない性格でしたが、やはり言わないといけない状況もあるハズです
いつも新田が意見を言わないこともあって、梨香子はよくキレたりして他の人にも権利を強く主張していましたが、梨香子にそんなことをさせていたのは自分のせいでもあると新田は気づけたようです

楓は新田が急に会社に呼びつけられたこともあって、会社ではまだ子育ての支援体制がまだまだだと考えています
確かに仕事も大事ですが、そのせいで子どもをちゃんと育てられない環境だと、結局将来の社会の人材が育たないことになってしまいます

そんなの今の会社に関係ないという人もいるかもしれませんが、どこの会社もそんな姿勢でやっていると、子育てすることが重荷になってしまいます
今までの世の中がそんなだったので、今の世の中引きこもったりニートになっている人が増えている原因になっているような気がしますね

⇒まんが王国で無料試し読み

仕事がウザく感じて転職を考えるもなぜか幸丘の言葉を思い出してしまう本山

本山はミーティングで他の人が休日でも仕事に関係することしているいう話を聞いて、金にならないことで何やってんだと思っていた

それから本山は大学時代の友人たちを集まっていたが、もう友人たちはそれぞれの道を歩んでいたが、本山はそんな友人たちの生き方にも内心ケチをつけていた

仕事なんて最低限やればいいと思いながら作業していた本山に、こなすは会議のための打ち合わせをしようと言ってきたが、本山は当然それを断った

そのことを四谷に愚痴ったりして転職まで考えはみた本山だったが、やりたい仕事もないと思いつつエレベーターを待っていると、そこに声をかけてきた幸丘はこの会社に来た理由を忘れていると言いだし…

本山は資料を持ってきたこなすにキレてしまうと、帰宅したがナプキンがないことに気づきコンビニへと向かった

ナプキンを買いつつふと楓のことを思っていた本山は、なぜか幸丘の言葉を思い出してしまい…

本山は中学のときに水害で避難所にいたときに、生理用品がなくて困ったことを思い出した

友人の結婚式に参列した本山は、やはり女が損だと思いつつミーティングに参加すると、意見を求められて会社のナプキンは高くて買えないと愚痴ってしまった

それでもこなすたちはその愚痴をもとに意見を出し合っていたが、ミーティングを終わると本山はPJを抜けると言いだし…

幸丘に何かの希望があってこの会社に入社したんじゃないかと言われた本山は、友人の言葉から水害のときに楓が生理用品を持ってきたことを思い出した

それで本山は自分の家庭環境をこなすに話すと、そのことをPJでも…

愛花はシンプルに生きたくなって、婚活もやめて髪をバッサリと切った

それで少し精神的にスッキリした気になった愛花は、マンションを買おうかと思っていると、部屋にやってきた母親は自分も家を売ってなんと愛花と同居を…

自分なりにいろいろやれていると思い込もうとしていた愛花だったが、ファミレスに行くと顔を汚してぶつかってきた男の子につ嫌だと思ってしまった自分に自己嫌悪を覚えてしまった

その上に学生時代の友達に結婚していないことをいろいろ言われていた愛花は、まだ自分が割り切れていないのだと言ってため息をついていると、そこに幸丘が現れた

幸丘は愛花にまだまだ枯れていないというと…

それでやっと自分はまだまだだと思えるようになってきた愛花だったが、そこに愛花の母親がチャットと返さないからと言ってやってきてしまい…

本山は仕事は最低限に生活費を稼げればいいと思って働いていましたが、やっぱり人生の多くの時間を仕事に使っているので、そんな気持ちで働いていたら人生の時間がもったいないです
そんな本山も、幼い頃の想いがあって今の職場を選んでいましたが、そのことを楓は覚えていました

どうしても働いているといろんな悩みなんかもあって、最初の気持ちを忘れがちになりますが、一息ついてリラックスできれば肩の力も抜けてそういう気持ちも思い出せるようになれるでしょうね

愛花はどうやら婚活をしていたようですが、スッキリしたくて辞めて一人で生きていこうとしていました
それでもそんな生活で充実しているのであれば、それはそれで生き方の一つなのでいいことだと思いますが、どうやら愛花はやはり結婚して子どもを持つことに未練が残っているようです

その上に母親がちょっとアレな感じなことも、愛花の気持ちがスッキリしない原因みたいですが、愛花がこれからどういう人生を送るにせよ、母親のことはキッチリと解決しないといけない気がしますね

⇒まんが王国で無料試し読み

母親にすぐに物件を決めようと言われ仕事中にぶっ倒れてしまう愛花

愛花は結婚はしないと思いつつも、まだ後悔しないかという不安もあった

それから母親とマンションの内覧に行くと、母親はすっかりその物件を気に入り、すぐに決めようと言い始めた

しかし愛花がゆっくり考えようというと、母親は…

そのことや生理痛もあって、愛花は気分が悪いにも関わらず仕事をしていた

しかしサンプル確認を頼まれた愛花は立ち上がると、ぶっ倒れてしまい…

幸丘から老いも含めて成長なのだとアドバイスを受けた愛花は、母親に自分の考えを伝えた

すると母親は、愛花の仕事のことを話し始め、愛花の人生は…

楓の秘書の水鳥川は、雨の中をきんつばを買いに行くと楓と会った日のことを思い出すと言っていた

水鳥川は以前は大手の化粧品会社で秘書をしていたが、一番下っ端で室長の吾妻にヒドいいじめを受けていた

いじめのきっかけは吾妻のお昼の誘いを断ってしまって、社長の息子で専務の史也には同行を求められたことに恨みを持たれたことがきっかけだった

それから水鳥川は水を頭からぶっかけられたり、色々教えてもらえずデータも消されてたりして無能者扱いされて、完全に水鳥川は自分をダメな奴だと思い込むようになっていた

そんな中で会社を訪れていた楓の忘れ物を丁寧に返すと、楓は意味深なことを言って去っていった

それからも吾妻に無茶なお使いなどをさせられた水鳥川は、帰宅途中で吾妻が誰かと密会しているのを目撃してしまい…

⇒まんが王国で無料試し読み

10巻までのお話はコチラ↑

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」