広告

「加害少年A~そんげん寮と行き場を失った子どもたち~」 1〜9巻 ~無差別殺傷事件を起こしていた勇人の引き取りの承諾を得るために実家に行くもヤクザな父親から脅迫されてしまう一志 のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『加害少年A~そんげん寮と行き場を失った子どもたち~』1〜9巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

10巻以降のお話はコチラ↑

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

↓絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック

イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「加害少年A~そんげん寮と行き場を失った子どもたち~」の簡単なあらすじと感想

ヤクザな父親の虐待のせいで無差別殺傷事件を起こしていた勇人

そんげん寮の代表をしている一志は、四年前に電車内で無差別殺傷事件を起こした勇人の受け入れを要請された

それで一志は勇人をそんげん寮へと連れてきたが、勇人は親から虐待を受けていたので、寮の仲間とゲームをしていて諍いになると、親から受けた虐待がフラッシュバックして包丁を…

それで一志は新人スタッフの穂乃花を連れて、勇人の実家へと向かった

勇人の父親はヤクザ関係者で、解体業の会社で行き場のない人たちを喰いモノにしていた

一志は勇人の父親に勇人を引き取りたいというと、勇人の父親は脅迫しながら金を持ってこいと…

勇人はヤバい内容の書き置きを残してそんげん寮を脱走してしまうと、一志は寮の仲間たちを連れて勇人を駅で待ち伏せした

一志を見た勇人は、バッグから包丁を取り出しムショへ戻りたいんだと騒ぎ始めた

なんとか一志たちは勇人の凶行を止めていると、そこに勇人が刺殺した被害者の女子高生の母親がやってきて…

勇人はヤクザの父親からの虐待を逃れるために、過去にとんでもない事件を起こしていました
確かに勇人がやったことは絶対にやってはいけないことですが、やはり子どもは虐待を受けているとなかなか親から逃れられないので、こうした過ちを犯してしまうことになってしまいます

あれだけのフラッシュバックを起こしていると、勇人の心の傷はなかなか癒えないとは思いますが、寮の仲間たちも勇人と似た境遇を持つ子たちばかりなので、そういう意味では助け合って生活していれば少しずつ心の傷も癒えていくでしょう
どうやら一志も前はかなりのワルだったみたいですが、だからこそ勇人たちのような心に傷を持った子たちの気持ちも理解できるのでしょう

これからもそんげん寮にはいろんな心に傷を持った子たちがやってくるハズですが、これから一志がそういった子たちをどうやって助けて更生させていくのかが楽しみですね

⇒まんが王国で無料試し読み

兄にレイプされ家出し半グレたちにシャブ中にされて援デリさせられていた陽菜

陽菜は障害者トイレで子どもを産んで遺棄してしまったので逮捕され、そんげん寮の女子寮にやってきた

しかし女子寮ではモノがなくなってしまう事件を起こり、陽菜がまずは疑われてしまった

事務所のお金も盗られてしまったので防犯カメラを調べると、なんと普段は大人しい大雅が犯人だったが、なんと陽菜が大雅を…

一志は穂乃花を連れて陽菜の実家へと行くと、父親は高校野球で活躍した兄と比べながら陽菜をボロクソに罵った

それから一志は昔陽菜とつるんでいたワルたちを〆上げから、陽菜は援デリを…

一志は援デリしていた陽菜を捕まえ、どうして実家を家出していたのか訊ねた

すると陽菜は兄にレイプされてリスカしていたと判明したので、一志は陽菜を乳児院に連れていって子どもに対面させた

しかし陽菜はなんと半グレたちからシャブ中にされていて…

陽菜が実家を家出していたのは、なんと兄にレイプされていたからでした
いくら陽菜の兄が野球で活躍していても、そんなことで妹をレイプしていい訳がありません
その上に親はいつも陽菜を兄と比較してばかりで、陽菜と向き合っていなかったので、それで陽菜は耐えきれずに家出していまったのは仕方のないことなのかもしれません

でもやはり中学で家出しても生活は出来ないので、そんな陽菜を半グレどもは喰いモノにしていました
もし陽菜がその前に一志たちのようなマトモな大人に助けてもらっていたら、陽菜の人生は全く違ったものになっていたでしょう

そう考えるとやはり親の子どもに対する態度がとても大事で、何かあってもいきなり責めたりせずにちゃんと向き合うことが大事なハズです
陽菜の親はそれをしなかったので陽菜がこんな酷いことになってしまっていますが、恐らく陽菜をレイプした兄もまともな人生は歩めないでしょうね

⇒まんが王国で無料試し読み

母親のDVで女性に恐怖心を持つようになり性犯罪を起こしていた良太

一志は精神科医の大城のところへやってくると、性犯罪を起こしていたいた良太が自殺したと伝えた

良太は中学生の頃から性犯罪を犯していて、それで大城の治療を受けていた

良太の母親はDVをしていて女性に恐怖心を持っていた良太は、小学校の時にプールの授業中に女子更衣室に忍び込み…

大城の治療の甲斐もなく、良太は連続レイプ事件を起こして捕まってしまった

その事件はワイドショーでも連日取り上げられてしまったので、なんとパッシングを受けていた母親は…

出所した良太はそんげん寮へやってきたが、薬のせいでオナる回数が減ってしまった良太は精神的に参っていた

そんな良太を一志は支えていこうと思っていた矢先、良太はなんと寮の仲間の健一のお尻を…

良太はレイプ魔だと寮生たちにもバレたので、一志はGPSを良太に着けさせ一人暮らしさせることにした

根性焼きをして欲情を抑えて働いていた良太だったが、レイプ魔だったことが職場でもバレ…

大城までネット民にヤラレたと知った良太は失踪してしまい、またレイプ事件を犯した良太に一志は自首するように電話で説得していた

しかし良太はワイドショーで姉が悪魔だと罵っているのを見てしまうと、公衆トイレでアソコを切り首を…

良太は幼い頃から下着などの窃盗を行い、その後はレイプ魔になってしまっていました
でもその原因は、どうやら母親のDVに原因があるみたいで、女性に恐怖心があるのでその反動で異常な性欲が湧き起こっていたようです

確かに良太のやっていたことは、被害者にも大きな精神的苦痛を与える行為なので、絶対にやってはいけないことです
でも性欲は人間の基本的な欲望でもあるので、それが異常に湧き上がってきたら、それを簡単には消すことはできないでしょうね

精神科医の大城も一志も、良太を助けられなかったことを悔やんでいましたが、やはり周囲があまりに騒ぎ立てるので余計に良太が精神的に追い込まれてしまったことは否めません
マスコミも事件を報道するのは間違いではありませんが、その報道の仕方はやはり考えないと良太の家庭も崩壊していたので、あまりセンセーショナルな報道の在り方は改めないといけないでしょう

良太は見た目には普段はとても大人しい性格でしたし、自分のやっていたことが悪いとキチンと分かっていました
幼い頃の虐待がなければこんなことにはならなかったのではと考えてしまうと、やはりどうにかならなかったのかと思ってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

10巻以降のお話はコチラ↑

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」