読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所

死役所 8巻 第8条 男やもめ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ

あるいは――

魂抉る、死者との対話

 

「死役所」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「死役所」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「死役所」の試し読みはコチラ♪

 

 

 

「死役所」8巻の簡単なあらすじ

 死役所にやってきた襟川

 死役所にやってきた襟川

シ村はどのように亡くなったのか聞く

心臓病死課をに襟川を案内すると

襟川は、妻の典子が何か言っていなかったかと訊ねた

シ村は典子が、襟川のことを心配していたと言った

 

先立った妻の典子

病院に入院していた典子

たくさんの人が見舞いに来ていた

お菓子や馬の人形などたくさんの見舞いの品があった

典子は、退院したらお礼に回らないといけないと言っていた

 

だが典子は亡くなってしまう

自分の家に来ないかという息子

しかし、襟川はやることがあり、一人でも大丈夫だと言った

 

人付き合いを始めた襟川

典子の料理ノートを見て、肉まんを作り出した襟川

それからは近所の催しなどにも参加するようになった

そして自分の作った肉まんを配った

 

襟川は、シ村にことわざをしっているか聞く

男やもめに蛆がわき、女やもめに花が咲く

ことわざの意味を話すシ村

でも自分はそうはならなかったと、襟川は自慢げに言った

 だがそれも妻のお陰…

 

男やもめに蛆がわく

襟川は自分の遺体は誰が見つけたのか聞く

だがシ村は死役所では分からないと答えた

典子は、襟川と同じことわざを話し心配していた

襟川は人付き合いが苦手

外に出る方が心配だと語っていた

でも典子は本当はやさしい人だと言っていた

 

襟川の家から異臭がしていた

でもまずい肉まんを持ってくる人の家だと言って、誰も近づかない

 家の中では、襟川の遺体に…

 

「死役所」8巻を読んでみた感想

 襟川は、妻の典子が亡くなってから人付き合いを頑張っていました

でもどうやらあまり好かれてはいなかったようですね

やはりいきなりやり始めてもうまくはいきません

典子は本当は良い人だと言っていましたので

ずっと前から付き合いをしていれば

他の人も襟川の良いところを見つけていたかも知れませんね

 

「死役所」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「死役所」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「死役所」の試し読みはコチラ!

 

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.