広告

「大人だまし」 1〜7巻 ~結婚式でヒドいことを言って一度裏切った颯介に不満を持つ中優しくてイケメンのカイリに出会ってしまう日菜 のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『大人だまし』1〜7巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
イチオシ記事
  • 本日
  • 週間
  • 月間

「大人だまし」の簡単なあらすじと感想

愚痴を聞いてくれていた紗英から遊んでみたらと言われてしまう日菜

日菜にとって人生で一番幸せだと感じたのは、夫となった颯介との結婚式の時だった

しかし颯介は、日菜が幸せその幸せの絶頂の時に…

日菜はパートの仕事をしていて職場では紗英に出産で夢を諦めたことなどを愚痴っていたが、それでも娘のゆきかも産まれたのでそれなりに幸せを感じていた

しかし颯介と一緒にゆきかを公園へ連れていった日菜だったが、目を離した隙に見失ってしまった

颯介とは結婚式のことなどが原因で夫婦仲は冷え切っていたが、その時ゆきかを保護してくれていた優しそうなイケメンを不審者と見間違えたことで…

職場にそのイケメンのカイリが働くことになったが、女性たちはすぐにカイリに群がってしまった

日菜は自分にはゆきかがいるのでカイリとは距離を取っていたが、紗英からは遊んでみたらと言われてしまい…

日菜は颯介と結婚して娘のゆきかも産まれて幸せな生活を送っているかと思いきや、もう夫婦仲は冷え込んでいるみたいです
恐らく結婚式のときの颯介の言葉からすると、もともと平気でヒドいことを言ってしまう性格なんでしょうね

そんな奴も外面はよかったりするので、それで日菜も結婚したのだと思いますが、颯介のような性格の奴だとDVしてこないか心配です

日菜は偶然カイリと出会った形ですが、カイリはなんと日菜の働く職場にもやってきました
果たして本当に偶然なのかはまだ分かりませんが、颯介があんな奴なのでその内日菜の心がカイリに向かってしまうこともあるかもしれません

紗英は日菜の愚痴などを聞いてくれて、いい仕事仲間だと思っていましったが、日菜に言っていた言葉からそれだけでもないかもしれません
すくなくとも不倫には抵抗を持っていなさそうなので、その内何か絡んでくることもあるかもしれませんね

⇒まんが王国で無料試し読み

紗英とある人物が一緒にいるのを目撃してしまう日菜

日菜は不倫という言葉には、ある出来事のせいでとても人並み以上に不快感を感じていた

そんな日菜に道で声をかけてきた今日子は、ある動画を送ってきた人物で…

日菜はいつも持っていたあるモノを拾ってくれたカイリに少し好意を持つと、カイリとは正反対な颯介にはやはり不満を膨らませてしまった

そんな中でパートで働いている途中でゆきかが熱を出したと連絡を受けた日菜は、颯介からも仕事だと断られてゆきかを病院へ連れていく途中で、紗英と一緒の…

颯介を問い詰められなかった日菜は、職場でも紗英に深く突っ込めず、自分の気持ちを封印しておくつもりだった

そんな日菜は仕事をしていると何者かの嫌がらせを受けてしまったが、カイリから優しく手当してもらうとつい…

颯介は結婚式で言っていたことも酷かったですが、その後に日菜を一度裏切っていました
それなのにあんな酷いことを言っていたので、恐らくその時のことも全く反省していないのでしょうね

日菜は偶然颯介が誰かといるのを目撃していたので、どうやら颯介は今でも日菜を裏切っているようです
日菜が職場で嫌がらせを受けていたときにキツい視線を送っていた人物を見ても、やはりクロなのは確実です

道で日菜に声をかけてきた今日子は、以前颯介の裏切りを教えてくれた人物ですが、この人も今のところは日菜には普通に接しています
でも日菜のためを想ってやったことかというとそんな気もしないので、この人もまた日菜に何かを仕掛けてきそうな気がしました

そんないろんな人の悪気が見え隠れする中で、日菜に優しく接してくれるカイリに日菜の心は傾いていってしまうような気がしますね

⇒まんが王国で無料試し読み

カイリとのSNSでのやりとりにハマってしまう日菜

カイリとグチ友になった日菜だったが、颯介が義母にお迎えを頼んでいて帰宅しても酷い言葉を言われて最悪な気分になってしまった

職場ではケガしたことは事故ということにされてモヤモヤを感じていた日菜だったが、紗英が声をかけてきてもサッサと用事があると言って去ってしまった

紗英はしつこく何かあったのかと聞いてきたが、やはり紗英を疑っている日菜は相談出来ずにいた

そんな中で娘のゆきかがチャリに轢かれそうになったので、ついカイリに愚痴ってしまうと、段々やりとりにハマってしまい…

日菜はカイリにお菓子をプレゼントすることにしたが、それを知った関はイチャモンをつけてくると、その後に紗英が何やら意味深なことを言って去ってしまった

それでもカイリとのやりとりを楽しんでいた日菜だったが、仕事から帰ってきた颯介は義母と一緒に服を買いに行くように気遣ってきたので、颯介との出会いの時を思い出してしまった

そんな日菜はプランナーをしていた時の先輩の幸坂から電話がかかってきて、またプランナーをやらないかと言われた

一旦はそれを保留にした日菜は、それを颯介に話してみたがやはり反対されてしまった

しかしゲームをしていた颯介だったが、ゲーム画面の上に誰かからのメッセが届いているのを見てしまった日菜は、もしかして…

それでも日菜は、休みの日に何をしようかと考えていたが、デパートへ行くとチャリをボロボロにされてしまった

そこに偶然カイリがやってきて自転車屋へ持っていくと、部品が欠品していたのでカイリが車で送ってくれた

しかしカイリは日菜を海岸へと連れていくと、突然抱きしめてきて…

それから数日後、日菜はカイリと話していないと思っていると、颯介が先日の盗撮写真を見せて不倫していたのかと詰問してきた

日菜が偶然会っただけだというと、颯介はなぜか職場でのことまで色々知っていたので、日菜は身近な誰かが颯介の雇った探偵だったと知ってしまった

それで日菜は、身勝手だと思いつつカイリに相談してみると、カイリは…

日菜は完全にカイリに愚痴ることが楽しくなっていますが、職場でもあんなに誰かに監視されている感じで、家でも颯介が怪しい感じなので当然な感じもしますね
とはいえまだ日菜は、カイリとそれ以上の関係を求めている訳ではありませんが、ふとしたことで思い出してしまうのは完全にカイリになってしまっています

そんな日菜は元の職場に戻らないかと誘われていますが、今のところ颯介はダメだと言っています
どう見ても家のことや育児をしたくないからという感じですが、ゲームをしている時間があるのなら、ちゃんと日菜と家事や育児を分担してやるべきでしょう

それにやはりあのメッセは怪しすぎで、その後の反応もクロと言ってもいいくらいでした
もしそうであれば日菜も元の職場に戻って、颯介とは別れたほうがいいかもしれませんが、颯介は日菜がカイリと会っていたことまで調べ尽くしていました

いきなりそこまでしてしまうのは何か裏がありそうですが、カイリは一旦日菜と距離を置いて何か手を打つつもりのようです
日菜はとりあえず紗英に話を聞くつもりのようですが、これからどうなってしまうのか気になるラストでしたね

⇒まんが王国で無料試し読み

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメまんが

ハジメテノサツジン

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「うちら殺人犯だよ」。普通の女子高生としてお嬢様学校に通う・繭(まゆ)。仲良くなった音(おと)・悠(ゆう)と充実した女子高生活を送っていた。しかしある日、繭と悠は音が担任の先生を突き倒したところを目撃してしまった。先生はそのまま意識を失ってしまう。気絶しているだけだと説明する音だが…!?

だってワタシ、120点だもの。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…――100点の素敵な家に優しい夫、可愛い娘…何不自由ない120点の暮らし。それなのに、どこか満たされない日々を送る美咲。そんなある日、幼少期にマウンティングしていた女性が、近所の一軒家に引っ越してくる…大人になって成り上ってきた彼女に、美咲の心はひどくかき乱される。しかも、かつての上下関係は奇妙な形で自分の子供たちに受け継がれていて――暴走する感情…マウント女子の行く末は…!?

そんな家族なら捨てちゃえば

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

「篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。」