「私がヒモを飼うなんて」1〜23巻 ~彼氏の隼人に酷いことを言われ百合の下着を見て前に進む決意をするも面接に行く途中で百合のヒモの宗一に出会ってしまうスミレ のあらすじ・感想、無料試し読み紹介します!

『私がヒモを飼うなんて』1〜23巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「私がヒモを飼うなんて」の簡単なあらすじと感想

百合のヒモだった宗一に出会ってしまうスミレ

ファッションデザイナーを目指していたスミレは、先輩の隼人と付き合っていた

スミレは隼人と付き合い始めて1年経ったので、高いワインと料理を作って待っていると、仕事から帰ってきた隼人はなんとスミレに酷いことを言い始め…

傷心して帰っていたスミレに、キッチンカーをしている幼馴染の森生が声をかけてきた

そんな森生にスミレは、ワインを森生に渡して何かを思い出しながら泣いて帰っていると、ショーウインドウに飾ってある下着に目が止まってしまい…

決意を新たに隼人とも別れて仕事を辞めたスミレは、百合の会社のアシスタントになるために面接を受けることになった

そんなスミレが面接に向かう途中で、ある男性に出会ってしまい…

自分の気持ちを面接で話せたことで、スミレは百合の会社で働くことになった

スミレは初仕事で縫製工場の手伝いに行っている頃、百合の店にはあの男性が…

スミレは宗一にお礼を言うと、デートに誘われてしまった

そんなスミレは縫製工場で気づいたことを、百合に話すと百合は機嫌が悪くなり、先輩の茉莉花にも叱られてしまった

その事をデートで宗一に話してみると、宗一は励ましてくれたが…

スミレの彼氏だった隼人は、尽くしてくれていたスミレに酷いことを言っていました
恐らくスミレを重たいと思っていた隼人は、結婚する気もないと言っていたくらいなので、最初から遊びのつもりだったのでしょうね

そんなスミレの幼馴染の森生は、どう見てもスミレのことが好きみたいですが、どうやらスミレは結構惚れっぽく感じで結構何人もの男と付き合っていたみたいですが、ずっと森生は見守っていたようです
森生ももっと自分の気持ちをちゃんと伝えればいいと思いましたが、百合の会社で働きだしたスミレは、今度は百合のヒモをしている宗一と出会ってしまいました

百合は会社を経営しているので宗一が目をつけたのは分かりますが、スミレは転職したばかりでもあるのでお金目的ではないでしょう
まだ百合との関係も切っていないことを考えると、体目的なのかもしれませんね

⇒まんが王国で無料試し読み

宗一に体を許してしまうスミレ

百合には謝ったので関係は良くなったが、茉莉花はスミレに雑用ばかりさせていた

しかしリボン結びがうまくできずに落ち込んでしまったスミレだったが、宗一が結び方を教えてくれた

その頃、百合は宗一に届いていたメッセを見つけてしまい…

スミレは森生に指摘されて、宗一にお金がかかっていることにようやく気づいた

それに宗一は同じ時間に帰ったりするので、それとなく茉莉花に宗一のことを話してみると、茉莉花はスミレが…

森生は宗一にスミレのことを聞いても、ストーカー扱いされてしまった

そして森生は宗一が他の女といたと言っても、スミレは…

スミレは宗一に他の女の影を感じつつも、宗一を受け入れて一緒に暮らし始めた

百合は一月前から宗一をヒモにしていたのだが、ある秘密があって体までは許していなかった

そして百合は宗一が決めていた門限に帰ってこなかったので、やはり…

森生は宗一がヒモっぽいことに気づいてスミレに忠告しましたが、やはりスミレは受け入れませんでした
現状ではスミレが落ち込んでいたときに、宗一のおかげで立ち直ったということもあるので、スミレが森生の忠告を受け入れようとしないのも仕方がないでしょうね

森生はそれでもスミレのことを見守るつもりのようで可哀想ですが、スミレも全く宗一のことを疑っていないということでもないので、確かに見守るしかないでしょう
百合もそんなに前から宗一をヒモにしていた訳ではないみたいですが、やはり宗一は落ち込んでいたりしている女性に付け入るヒモの才能が高いみたいです

どうやら百合は、宗一に他に女がいることを確信したみたいなので、その内スミレだと分かってしまうでしょう
スミレはまだまだ百合の会社で働き始めたばかりですが、バレたら当然会社にはいられなくなってしまうハズなので、その内ヤバい展開になってしまいそうですね

⇒まんが王国で無料試し読み

ぶっ倒れてしまった百合を助けてあげる森生

宗一がいなくなって、明らかに百合の様子がおかしくなり仕事にも影響が出ていた

スミレは宗一との生活を楽しんでいたが、宗一はスミレにロールキャベツをおねだりしたが、それは百合が…

スミレは宗一を連れて森生のキッチンカーにご飯を食べに行くと、新しくバイトの桃が働いていた

スミレは桃に挨拶していると、桃はなぜか宗一を知っている素ぶりで…

百合はスミレがつけていた香水の匂いで何かに気づき、スミレがデザインを見せてきても何の反応もしなかった

その頃、百合は縫製工場の菊子に、いろいろ相談していた

茉莉花が最近機嫌がよかったのは彼氏ができたからだったが、その彼氏はなんと…

スミレを追いかけようとしてぶっ倒れてしまった百合を、森生は助けてあげた

スミレは宗一や桃の様子が何かおかしいと感じてはいたが、仕事をがんばっていて今度はお店の接客をすることになった

接客をしているとそこに離婚で気落ちした女性がやってきたので、スミレはその女性に下着を選らんであげると…

森生は百合のためにご飯を作ってあげると、百合は涙を流し始めたので森生は話を聞いてもいいと言ってあげた

その頃、スミレは隼人が失敗してパトロン探しをしていると聞くと、宗一も怪しいと言われ…

宗一と桃は過去に何かあったようですが、どうやら宗一は桃から逃げていたようです
まだどんなことがあったのかはよく分かりませんが、桃はまだ宗一を諦めてはいないようです

百合はとうとう宗一がスミレと一緒にいると気づきましたが、ぶっ倒れてしまいました
そんな百合に森生は助けてあげた上に、ご飯まで持っていっているのでちょっとやりすぎな気もします

それだけ森生は人を見捨てられないいい奴なんだと思いますが、今の感じだと百合は単なるヒモの宗一から気持ちが離れていくかもしれません
森生はそれでもスミレのことを忘れてしまうような奴には見えませんが、まだいろんなことが見えていないスミレをこれからもずっと見守っていくと思ってしまうと、やはり切ない気持ちになってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

宗一からスミレとヤッタと聞いて愕然としてしまう百合

森生は百合の家にやってきた宗一を追い払うと、スミレの部屋に戻ってきた宗一は何か機嫌が悪かった

それからスミレは宗一をつい疑ってしまうようになったが、森生も百合から離れられなくなっていて…

スミレが縫製工場の菊子から百合の過去のことを聞いていたが、森生も百合から過去のことを聞いていた

宗一はその頃、外でピアノを弾いていたが、その様子を桃が見ていて…

桃はお店にやってきてスミレに下着を選んでもらうと、それからスミレの部屋に一人でいた宗一に会いに来た

そして桃がスミレや百合のことを言い出すと、宗一はキレてしまい…

いろいろ事情を聞いてしまった森生は、スミレに宗一のことをどこまで知っているのかと訊ねた

それでスミレは宗一にいろいろ聞こうとしていると、そこにスミレの母親の茜がやってきて…

茜からスミレの父親のことを聞いた宗一は、少しだけスミレに母親のことを話した

百合はもう手は動くようになっていたのに復帰出来ずにいて、茉莉花は性格がキツイので他の従業員の士気も下がっていた

そして茉莉花はヒモにしていた隼人から、百合の会社を…

百合は病院の前で宗一と会うと、スミレとヤッタと聞いて愕然としてしまった

そこにやってきた森生は、修羅場を見てしまい…

百合はそれから職場復帰したが、宗一はスミレとの生活で何かが狂い始めていて…

やはり桃は宗一を諦めていませんが、住んでいるところが高級そうでバイトしないといけないような感じでもないので、もしかしたら宗一を昔は飼っていたのかもしれません
宗一はピアノを前から弾いていたので、もともとは音楽をしていた可能性が高いでしょう

まだどうしてヒモ生活を始めたのかはよく分からないところが多いですが、今まではスミレに過去のことを話さなかった宗一も、まっすぐなスミレと暮らしていくうちに心境の変化が出てきています
少しずつですが過去のことを話し始めているので、このままだとそのまま一緒になるかもしれないので、本当に森生は浮かばれない可能性も出てきました

森生は百合から店の支援の話を受けていますが、百合も宗一からスミレとヤッタと聞いて宗一とは決別したようです
茉莉花はスミレの元カレの隼人をヒモにしていて、百合の方針とは違うことをしていたので、隼人と図ってこれからいろいろしてきそうな感じです

これからどんな展開になっていくのかは全く読めませんが、スミレがこれからも宗一と付き合い続けるのかも気になってしまいますね

⇒まんが王国で無料試し読み

森生に自分と宗一の過去を話し始める桃

茉莉花は百合が無理して復帰したのかもと言っていたが、縫製工場の菊子もそれに気づいて百合を鍋に誘った

百合は鍋の後で最初にデザインした下着の絵を見ながら、宗一をヒモにしていたと話したが…

桃は百合がスミレや森生とも繋がりがあると知ると、森生を自分の部屋へと誘った

そして森生に、自分がアメリカから帰ってきて学校でイジメられていたことを話し始めた

宗一はそんな桃を助けてあげて、ショパンコンクールを目指していたが、母親が…

それでも桃は、自分の気持ちを仕舞いつつ宗一を海外留学に送り出したが、宗一は何かがあっていつの間にか帰国していた

それから桃は宗一と一緒に暮らし始めたが、桃が結婚を考え始めると…

桃は自分が宗一をヒモにしたかもと話すと、森生に協力しようと持ちかけたが断られてしまった

その頃、スミレは宗一にピアノのことを聞いていたが…

⇒まんが王国で無料試し読み

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

そんな家族なら捨てちゃえば

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

令太郎は、妻の和美が決めた家の中の境界線テープを越えることはできず、和美だけでなく娘の一花とも挨拶すらできない生活を送っていた

ある日、令太郎は一花に声をかけてしまうと、それを見た和美はキレてしまい令太郎に水の入ったコップを投げつけてしまった

それで令太郎は雨の降る中橋の上を歩いていると、令太郎がいつも作っているクイズを解いたとやってきた沙耶子が事情を聞くと、そんな家族…

 

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

-私がヒモを飼うなんて