読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

あなたがしてくれなくても 12巻 ~泣いていた三島 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

吉野みち、32歳。結婚して5年、レスになって2年

夫とは仲が悪いわけではないが、ただひとつ、”セックス”だけが足りていなかった

ひょんなことから、会社の先輩である新名誠(36歳)と飲むことになったみちは

つい酒の勢いでセックスレスの悩みを打ち明けてしまう

すると新名は驚いた顔をして、「うちもレスなんだよね…」と寂しそうに笑った――

あなたがしてくれなくても

作者:ハルノ晴

価格:100円(税抜き)

 

『あなたがしてくれなくても』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『あなたがしてくれなくても』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「あなたがしてくれなくても」12巻の簡単なあらすじ

 三島の言葉にキレる陽

朝、陽と顔を合わせたみちだったが

やはりよそよそしかった

陽が電車に乗り込むと、三島も乗っていた

何かを言おうとしてやめる三島

陽は、それを聞き直さなかった

三島は陽に、自分以外は興味がないように見えると言った

そしてみちは、寂しいと思っていると話す

そう言われた陽は、あなたにうちの何がわかるんですかと言い返した

 

結婚記念日に楓と食事の約束をする誠

自宅のソファーで眠っていた誠

楓が帰ってきて、目覚める

楓は、先日の態度のことを謝ってきた

仕事でプレッシャーを感じているという楓に

誠は、それをわかっていると答えた

誠は結婚記念日に、外で食事をしようと誘った

それを聞いた楓は、必ず予定を空けると言った

 

⇒『あなたがしてくれなくても』の無料試し読みはコチラ

 

みちを抱いていたことを思い出せない陽

仕事帰りに飲みに誘われる陽

だが陽はそれを断った

自分がそんなに薄情に見えるのかと聞く陽

同僚は、自分に正直でいいんじゃないかと言って、去っていった

 

何も自分は変わっていないと思った陽

だがみちは泣いた

そんなみちに、何も出来ずに抱きしめることもできない

それをしたらその先を期待されるからだ

もうみちをどうやって抱いていたのかも、思い出せない陽だった

 

一人泣いていた三島を見つける陽

陽は、三島が泣きながらタバコを吸っているのを見つける

そのまま、その場を去ってしまった陽

三島は、変なところ見られてしまったと思った

だが陽は、お酒を持って戻ってきた

 

「あなたがしてくれなくても」12巻を読んでみた感想

もう完全に陽は、みちを抱くことをするつもりがないようです

そんな陽は、落ち込んでいた三島にお酒を持ってきました

このまま何か変な展開になってしまわないか心配です

誠は楓と結婚記念日に、食事をすることになりました

でも楓は予定を空けると言っていますが、本当にできるでしょうか

仕事の予定が入って、キャンセルになりそうな気がしますね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『あなたがしてくれなくても』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『あなたがしてくれなくても』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、まんが王国へ行って『あなたがしてくれなくても』を実際に読んでみましょう!

 

-あなたがしてくれなくても

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.