読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

パーフェクトワールド プチキス

パーフェクトワールド プチキス 13巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

つぐみは取引先との飲み会で高校の時の同級生で初恋の人・鮎川 樹と再会する

彼は脊髄損傷により車イスに乗る障害者になっていた

樹と触れ合っていく中で彼を愛し始めるつぐみ

しかし周囲の厳しい視線のなか、つぐみは体調を壊し駅のホームから落下

大怪我を負い、療養のため故郷松本へと戻る

しかし樹の異変に気付き親の反対を押し切って急遽東京へ

だが病院で樹の介護に戸惑い、ヘルパーの長沢に叱責されてしまう

 

「パーフェクトワールド プチキス」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「パーフェクトワールド プチキス」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「パーフェクトワールド プチキス」の試し読みはコチラ♪

 

 

 

「パーフェクトワールド プチキス」13巻の簡単なあらすじ

樹の病室へやってきたつぐみ

 病院へやってきたつぐみと是枝

病室へ行くと長沢がいた

樹の家に行くという長沢を、是枝が送っていくことにした

 

取り乱してやってきたつぐみが思慮が浅いという長沢

是枝は好きな人が大変なときはうろたえるのは当然だと言った

これまでずっと樹を見てきたという長沢は、樹を支えていきたいと言った

 それを聞いた是枝は、長沢は自分と同類なのかと思った

 

目覚めた樹は、つぐみがいて驚いた

つぐみに無理をさせたという樹に、つぐみは樹のちからになりたいと言った

二人が抱き合っていると、長沢と是枝が帰ってきた

是枝を見て、樹は自分より是枝がつぐみの力になっていると思った

 

無力な自分を感じるつぐみ

3日間、排便のない樹

 医師は摘便をするように言った

 元看護師の長沢がすることになった

摘便が分からなかったつぐみ

看護師に摘便のことを聞く

自分がやると言ったが、樹はつぐみに病室を出てくれと頼んだ

 

やれないのにやると言ったつぐみを責める長沢

しかしつぐみは、悔しくても言い返せなかった

 長沢は樹のことが好きだと言い、自分が樹を支えていくと言った

 

是枝の言葉

帰宅途中のつぐみに声をかける是枝

食事に誘うが、つぐみは今は笑えないと言った

二人とも幸せそうに見えないという是枝は

お互いが不幸にしているのではないかと言った

つぐみは自分が是枝を利用しているだけだという

だが、是枝は好きだからほっとけないと答えた

 

押しつぶされそうなつぐみの気持ちだったが

今は是枝の言葉だけが支えていた

 

「パーフェクトワールド プチキス」13巻を読んでみた感想

またつぐみと樹は、自分を責めるようになってしまいましたね

 樹の世話も少しずつ慣れていけばいいと思いますが

やはりこれまでずっとやってきた長沢がいるので

無力感を感じてしまうのは仕方のないことです

周りの人から見れば、二人が是枝や長沢と付き合ったほうがいいように見えてしまうでしょう

あとは二人に気持ち次第だと思いますが、どう判断するでしょうね

 

 

「パーフェクトワールド プチキス」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「パーフェクトワールド プチキス」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「パーフェクトワールド プチキス」の試し読みはコチラ!

 

-パーフェクトワールド プチキス
-

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.