読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

一日千秋 5巻 ~子を想う親の気持ち のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

――避妊しなければ子供なんて、すぐできると思ってた――

34歳の翔子(しょうこ)は結婚7年目子供なし

友人が2人目の出産の話をしている中、不妊治療を続けている

夫は優しく協力的だが、周囲の妊娠、義母からのプレッシャー

期待と落胆の繰り返しに

「子供が欲しいと願っているだけなのに…なんで私には叶わないの・・!?」

と焦りや不安が募り…

妊娠、出産、家族・・・普通の幸せとは一体何なのか――?

30代女性のリアルとその周りを取り巻く人々の恋焦がれる想いを描く!

一日千秋

作者:森脇葵

価格:300円(税抜き)

 

『一日千秋』を読んでみたい人は、電子書籍ストアのまんが王国で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『一日千秋』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「一日千秋」5巻の簡単なあらすじ

 裕真の母を心配する翔子

裕真の言葉を受け入れられない母

裕真は、自分たちの幸せは自分たちで決めると話す

そして母の価値観で、自分たちを追い詰めないで欲しいと言った

 

しばらく母を、無視していいと言う裕真だったが

翔子は、裕真の母のことを心配した

 

裕真の母は、友人たちの話で男性にも不妊の原因があると聞く

つい作っていた紙のアヒルを見て、近くにいた子どもが喜んだ

その姿を見て、昔の裕真を思い出す母

もう裕真は、大人なのだと思った

 

裕真の母から、電話がないことを心配する翔子

茜も、まだ会社に来ていなかった

その頃、あることをしていた裕真の母は…

 

捨てられないベビードレス

翔子は裕真に、裕真の実家へ行こうと言った

話していると、裕真の父親から電話がかかってきた

裕真の母は、イスから足を踏み外し捻挫して病院へ来ていた

裕真の母が取ろうとしていたもの…

ベビードレス

裕真が、子どもの頃に着ていたものだった

それを処分しようとしていたと話す母

だが捨てられないので、翔子たちに処分して欲しいと頼んだ

ベビードレスを持っておくと言う翔子に

母は、自分が贅沢だったと言った

裕真は、紙で作ったアヒルを母に渡し

自分たちを、見守っていて欲しいと頼んだ

裕真の母は、昔の裕真を思い出し、思わず泣き出してしまった

自分を責める裕真の母を見て、翔子は子を想う親の気持ちは

いつになっても変わらないのだと思った

 

手術を受けると決めた裕真

母親を早くに亡くした翔子は

ケンカしたり甘えたりできるのは、うらやましいと裕真に話す

それを聞いた裕真は、精索静脈瘤の手術を受けると言った

 

「一日千秋」5巻を読んでみた感想

裕真に強く言われて、自分が翔子たちに言い過ぎていたことに気づいた母

恐らくこれからは、二人を温かく見守ってくれると思います

裕真も、とうとう手術を受けることを決めました

必ず精子が、回復する訳ではありませんが

良い方向へ向かってくれると信じたいですね

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『一日千秋』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『一日千秋』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、まんが王国へ行って『一日千秋』を実際に読んでみましょう!

 

-一日千秋

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.