読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

一日千秋

一日千秋 2巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

 ――避妊しなければ子供なんて、すぐできると思ってた――

34歳の翔子(しょうこ)は結婚7年目子供なし

友人が2人目の出産の話をしている中、不妊治療を続けている

夫は優しく協力的だが、周囲の妊娠、義母からのプレッシャー

期待と落胆の繰り返しに「子供が欲しいと願っているだけなのに…

なんで私には叶わないの・・!?」と焦りや不安が募り…

妊娠、出産、家族・・・

普通の幸せとは一体何なのか――?

30代女性のリアルとその周りを取り巻く人々の恋焦がれる想いを描く!

 

「一日千秋」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「一日千秋」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「一日千秋」の試し読みはコチラ♪

 

 

 

「一日千秋」2巻の簡単なあらすじ

 美鈴と出会った翔子

 また病院へ行った翔子

裕真の精子の運動率が少し悪いと医者は言う

治療を一旦休むという翔子に、医者はその意志を尊重すると答えた

しかし翔子は少し医者から続けるように言われることを期待していた

そんなことではダメだと思い、前向きに考えようと思った

 

外に出ると泣いている美鈴がいた

同じ不妊治療をしていた

グレードのいい受精卵が着床しなかったと話す

ポンコツ子宮…

だが翔子と話して気持ちを切り替えたその美鈴と

翔子は美鈴と友だちになった

同じ悩みを持って話せる相手ができて、翔子は少し心強く感じた

 

男性に不妊の原因があると知った翔子

ネットでそれを調べる

だがなかなか裕真に、検査を受けるように言えなかった

 

泌尿器科を勧める美鈴

職場でも男性の不妊を調べてしまう翔子

あの時から茜は会社に来ていなかった

 自分が八つ当たりをしてしまったので

余計に心配してしまう翔子だった

 

美鈴と岩盤浴に行った翔子

裕真に検査に行くように言えないでいると話すと

美鈴は原因が分かって治療したほうがいいと答えた

夫にお願いしてケンカになったと話す美鈴

女のほうがお願いばかりするのはおかしいと言う

そして翔子に、裕真を泌尿器科へ連れて行くように勧めた

 

精液検査を受けることにした裕真

子猫の湖太郎と遊ぶ翔子と裕真

だが翔子はやはり裕真に泌尿器科へ行くように言えなかった

すると裕真は治療のことは忘れてHをしたくなったと言い出す

そしてHの後、裕真は一緒に病院へ来て欲しいと言った

なんと精液検査を受けるというのだ

 

「一日千秋」2巻を読んでみた感想

 やっぱり同じ悩みを持つ話し相手ができると心強いですね

知識的なことはネットがあるのでいいのですが

やはり気持ちを分かってくれるのは、同じ悩みを持った人です

検査を受けるように裕真になかなかできなかった翔子ですが

裕真自身が行くと言い出しました

どうしてそうなったのかはまだ分かりませんが

これで不妊治療も前進するかもしれませんね

 

「一日千秋」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「一日千秋」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「一日千秋」の試し読みはコチラ!

 

-一日千秋

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.