読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

一日千秋 1巻 ~子供なんてナマで… のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『一日千秋』1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『一日千秋』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で、『一日千秋』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『一日千秋』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「一日千秋」1巻の簡単なあらすじ

 人工授精を受ける翔子

翔子は、夫の裕真の精子を

胸の間に挟み、病院へ向かっていたが

もう5回目の人工授精だった

そして、経済的なことを考えて

翔子は、最後のチャンスだと思っていた

 

会社に出社すると、茜がトイレに連れ込んだ

それはつわりで、茜はなんと妊娠していたのだ

それなのに茜は、タバコを吸いに行こうとするので

翔子はそれを止めようとしたが

茜は子どもなんて、生でヤリまくれば

すぐに出来ると言ったのだった

 

帰宅途中で、裕真と一緒になった

翔子は、自分たちは自由気ままな

Dinksに見えるのだろうかと思った

裕真の義母から、電話がかかってきて

子どもの作り方は

知っているのかと言われてしまう

ナプキンでアヒルをつくる裕真

翔子は、裕真が子どもが好きだと知っていた

 

⇒『一日千秋』の無料試し読みはコチラ

 

陽性反応

茜に、胸が大きくなっていると言われる

それによく飲んでいたコーヒーを飲んでいない

もしかしてと思って

生理予定日に、体温が下がっていないので

妊娠検査をすると…

なんと陽性だった!!

 

病院に行っても、妊娠の反応が出ていると言われる

裕真もそれを聞いて、翔子を抱きしめて喜んでくれた

マタニティマークを買う翔子

エコー検査を受けに、病院へ向かった

 

血液検査でHCGの数値が低かった

様子を見ることになったが

出血したらすぐに病院へ

来るように言われる

 

職場のトイレで、つわりに苦しんでいた茜

すると自分が出血していた

病院へ行くと、遅く来た生理だと

考えてくださいと医者は言った

病院へ駆けつけた裕真に

ダメだったと報告する翔子だった

 

⇒『一日千秋』の無料試し読みはコチラ

 

茜にキレてしまった翔子

自分には、母になる資格が

ないのかもしれないと思ってしまう翔子

またつわりで苦しむ茜に

もうちょっとの辛抱だという

妊娠したことのない翔子に

何か分かるのかと言われてしまう

茜は、子どもなんて欲しくなかったと言った

 

そんな話を聞いていた翔子は

自分にその子を頂戴と叫んでしまい

その上にキレてしまったが

正気を取り戻し、その場から

逃げ出してしまった

 

会社を出ると、裕真が心配して来ていた

何を頑張ればいいのかという翔子は

その場で泣き崩れてしまった

 

子猫のママになった翔子

翌日、翔子と裕真は会社を休み

散歩に出かけた

翔子がどんなに願っても、子どもは出来なかったが

裕真は、今の生活でも十分幸せだと言ってくれた

そして翔子があの時泣いてくれたので

少しホッとしたと言った

 

いつまでも翔子と一緒にいることが

自分の幸せなんだと話す

それを聞いた翔子は

もう少しかたの力を抜いてみようと思った

帰り道に子猫を見つけた二人

その子猫のパパとママになることにした

 

⇒『一日千秋』の無料試し読みはコチラ

 

一日千秋の続きはコチラ👇

一日千秋 2巻 ~ポンコツ子宮 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「一日千秋」1巻を読んでみた感想

不妊治療を受けている翔子

なかなか子どもができないうえに

妊娠したかと思うとまたダメでした

対象的に、そんなに子どもを望んでいない茜は

簡単に妊娠しました

年齢的にも、どうしても焦ってしまっていますが

どう頑張ってもできるかどうかは

誰にも分からないのが辛いですね

まだ夫の裕信がやさしいのいいですが

全くの無理解の夫を持ったら

絶望してしまうことでしょう

これからもまた翔子は

不妊治療を続けていくのでしょうか

 

>>『一日千秋』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『一日千秋』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『一日千秋』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『一日千秋』を実際に読んでみましょう!

 

-一日千秋
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.