「ガンニバル」 13巻 ~自分の頭を撃ち抜いた正宗に襲いかかった岩男に血に縛られるなと言って止める大悟 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『ガンニバル』13巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「ガンニバル」13巻の簡単なあらすじ

恵介にましろを託す大悟

自衛隊の隊長がもう供花村のことは隠しきれないと言っていると、藍は恵介はどうなるのかと言い始めた

そこに有希がやってきて、藍に大悟や恵介たちの帰りを待とうと言ってあげた

恵介は自分が助かっていいのかと思っていると、大悟は自分たちは恵介のお陰で死ななかったというと、ましろを恵介に託して逃げるように言った

恵介は逃げたくなかったが、ましろを抱いているとすみれが産むハズの子どもが頭に浮かんで、生きることに決めた

しかし洞窟の入り口にいた村人たちに見つかってしまい、恵介を捕まえた村人たちは恵介をなぶり殺しにしようとし始めた

ましろが恵介に抱きつき大悟を助けて欲しいと言っていると、そこに有希やすみれ、藍を連れた警官隊がやってきた

だが恵介は顔を喰われた男にすみれたちを頼むと、警官隊を引き連れ大悟たちのいる場所へと向かい始めた

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

恵介の名を呼び絶命する岩男

大悟は岩男と死闘を繰り広げていたが、正宗が岩男の頭を銃で撃ち抜いてしまった

それでも岩男は正宗を襲おうとしたが、それを大悟が止めた

大悟は岩男に血に縛られるなというと、大悟は最期に恵介の名を呼んで絶命してしまった

岩男の最期を見て正宗は、やっと決着をつけて逝くことが出来ると言ったが、そんな正宗の言葉に大悟はブチ切れてしまった

それでも正宗は、後藤家か村民のどちらかが消えないと復讐は終わらないと言ったので、大悟は火の手があがっている後藤家へ向かった

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

後藤家の子どもを殺そうとしていた村民の男を逮捕する大悟

その頃、後藤家では村民たちは後藤家の人々を女子どもに至るまで、ブチ殺し始めていた

正宗が銀のことを想いながら逝っている頃、村民の男は後藤家の男の子をブチ殺そうとしていた

そこにその男の子と同級生の男の子がやってきて守ろうとしたが、男はそれでも後藤家の男の子を殺そうとした

そこに大悟が駆けつけてきて、男の子が殺されるのを阻止して、男を逮捕した

しかし殺されようとしていた男の子は、銃を手に取り…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

生き残った子どもたちにこれからのことを託す恵介

幼い頃の恵介に、銀は供花村の始まりを話していた

そして村の人々たちと殺し合わなければいけないという銀に、恵介はそんなことは…

警官隊や自衛隊が後藤家に駆けつけ、生き残った人たちは保護されたり逮捕されたりした

そして恵介は子どもたちに、これからのことを託した

大悟は有希やましろのいる警察の本部にやってくると、大悟を見つけた有希たちが抱きついてきた

大悟はましろを信じていたというと、これから何があっても大丈夫だろうと言ってあげた

そして逮捕された恵介は、後藤家が壊滅して呆然としている洋介に、これから自分たちは…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

まだ終わっていなかった供花村の問題

供花村のことはマスコミにも取り上げられてしまったが、大悟は今回の事件での活躍で本部に異動することが決まった

それで供花村での最後の見回りに出た大悟に、村民のおばあちゃんが村のことを聞いてきたので、大悟はいい人たちがいっぱいいたと言ってあげた

それから大悟は、現場検証に立ち会っていた恵介に声をかけた

恵介は自分はやってきたことへの償いとしないと言ったが、大悟はそんな恵介に自分も同じ立場だったら同じ事をしただろうと言ってあげた

その頃、有希は引っ越しの準備を終えホッとしていたが、ましろが何かを見つけていた

白銀がいた牢屋でも、同じような何かが見つけられていた

現場検証に立ち会っていた洋介は、大悟にまだ村の問題は解決していないと言っていた

その言葉を聞いた大悟は、自分の役目を果たすだけだと言っていたが、大悟に話しかけたあのおばあさんは、口に人の指を…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

お話を読んでみた感想

供花村を支配していた後藤家は、大悟たちの活躍もあって壊滅しました

恵介はなんとかして後藤家と村民たちの憎しみの連鎖を止めようとしていましたが、やはり一人で村全体のことを変えようとしても超人でないかぎり無理なので、仕方がないでしょうね

ましろも話せるようになり、後藤家も壊滅して供花村も平和になってお話が終わると思われましたが違いました

食人をやっていたのはどうやら後藤家の奴らだけではなく、村民もやっていたようです

大悟は事件を解決して本部に戻る予定でしたが、そのことに気づいたので恐らく供花村に残るハズです

後藤家の残党も大悟を恨んでいる様子だったので、またかなりヤバい状況もあるハズですが、お話はこの巻で終わってしまったので大悟たちが無事でいられるのかが心配なラストでした

大悟は簡単にはやられないハズですが、やはり有希やましろたちもいるので心配です

やはり簡単には長年続いていた習慣や恨みつらみというのは、すぐに消えたりしないのでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

金魚妻

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

2021年Netflixにて実写ドラマ化。『復讐の未亡人』の黒澤Rが描く、4人の悩める妻たちによる禁断の不倫愛。累計部数220万部を突破。

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

-ガンニバル
-