読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

パーフェクトワールド プチキス

パーフェクトワールド プチキス 8巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

 インテリア会社に就職した川奈つぐみ(26歳)は

初恋の人・鮎川樹と再会する

彼は脊髄損傷により車イスに乗る障害者になっていた

「彼との恋愛は無理」

最初はそう思うつぐみだったが

樹と触れ合っていく中で、彼を愛し始める

つぐみの想いが通じ、つき合うことになった2人

しかしつぐみを想う高校の同級生・是枝と

樹を想うヘルパーの長沢が、2人の関係に絡みはじめる

恋の歯車は次第にくるい出していって…

 

「パーフェクトワールド プチキス」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「パーフェクトワールド プチキス」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「パーフェクトワールド プチキス」の試し読みはコチラ♪

 

 

 

「パーフェクトワールド プチキス」8巻の簡単なあらすじ

 長沢の言葉が消えないつぐみ

樹に、障害者の小川のバリアフリー住宅を担当することになった

 そして、樹と一緒に仕事することになったつぐみ

 だが、つぐみの頭の中から長沢の言葉が消えなかった

でも樹の気持ちに応えたいつぐみは、前を向かなければと思った

 

樹を心配するつぐみ

舞花も一緒に、樹とキャッチボールをするため公園へ行ったつぐみ

途中で飲み物を舞花と買いに行くつぐみ

舞花はつぐみに、お互い自分の時間を持ったほうがいいと言った

大丈夫かという声が聞こえ駆けつけると、樹が倒れていた

子どもの取り損ねたボールを取ろうとして

溝に車輪がひっかかり倒れてしまったと話す樹

自分で車椅子に乗れる訓練をしているから大丈夫と言った

だが自宅に帰ってもつぐみは心配でならなかった

それで樹に電話するつぐみ

幻肢痛がするというと樹の部屋へ行くというが

樹は薬も飲んだから大丈夫だといった

 

平日も樹の部屋にやってくるようになったつぐみ

机のボルトのことを聞くと、樹の体に入っていたものだと話す

話を聞いていたつぐみは、自分が何も知らないと言って泣き出した

樹はつぐみを抱きしめながら、過去のことはいいのだと言った

そして自分は以前よりずっと幸せだとつぐみに伝えた

 

是枝の想い

樹のパソコンがフリーズしてしまった

そこでつぐみは、SEをしている是枝を呼ぶことにした

パソコンを直す是枝

つぐみは飲み物を買いに行った

是枝は樹に、つぐみが泣いていたらすぐに駆けつけると樹に言った

 

買い物から戻る途中で、パソコンを直し、是枝が帰ろうとしていた

樹のことを心配するつぐみを抱きしめた是枝

つぐみに、どうして樹のために必死なんだと言った

だが是枝は、冗談だと言って是枝は去っていった

 

「パーフェクトワールド プチキス」8巻を読んでみた感想

 長沢の言葉が頭に残り、常に樹を心配するつぐみ

樹も是枝の言葉が気になったようです

まだ付き合い始めて間もない上に

障害もあるので、いろいろ気になってしまうのでしょうね

舞花の言うとおり、時々自分の時間を作ったりして

付き合っているとはいえ、適度な距離を保ったほうがいいのでしょう

二人の関係の歯車が狂いだしてきていますが

それを直すことができるでしょうか

 

「パーフェクトワールド プチキス」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「パーフェクトワールド プチキス」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「パーフェクトワールド プチキス」の試し読みはコチラ!

-パーフェクトワールド プチキス

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.