「リエゾン ―こどものこころ診療所―」 7巻 ~自分もヤングケアラーでだったときのことを思い出しながら茜に自分の気持ちを話して欲しいという向山 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『リエゾン ―こどものこころ診療所―』7巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「リエゾン ―こどものこころ診療所―」7巻の簡単なあらすじ

向山に自分でなんとかできていると話す茜

茜は母親を施設に預け学校へ行くと、宿題をし始めた

すると友だちがどうして家でやらないのかと訊ねてきたが、茜はそれにハッキリとは答えなかった

その頃、向山は学校の教師たちと、問題のある家庭への対応について相談を受けていた

すると茜の母親は脳梗塞で倒れて父親と離婚していて、茜は母親の介護をしているということだったので、向山は茜と面談したいと申し出た

佐山や志保、川島は、ヤングケアラーの話をしている頃、向山は茜と面談していた

茜は眠たげな感じで答えていたが、そんな茜の仕草を向山は観察していた

茜は誰にも相談していないというと、自分でなんとかやっていけてると答えたが、面談を終え外に出た茜は…

向山は茜の担任に面談のことを話すと、茜は理学療法士になりたいと言っていると話し、しっかりしているから大丈夫だと言った

そんな担任に向山は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

ベランダでぶっ倒れてしまう茜

向山はまた茜と面談すると、ヤングケアラーのことを訊ね、母親のことをばかり話す茜に、茜自身のことを話したいのだと言った

向山との面談を終えた茜は帰宅すると、ヘルパーの人が茜の洗濯物は洗えないと言って帰っていった

すると母親が茜は塾の課題もやれていないので、もうやめたほうがいいと言いだした

それで向山の言葉を思い出した茜は…

茜はうとうとしながら勉強していたが、物音で洗濯物を取り込んでいなかったことに気がついた

取り込む際にびしょ濡れになってしまった茜に、母親は…

翌日、ヘルパーの人はどうして台風が来るのに、何もしていなかったのかと茜を責めていた

それで割れてしまった鉢植えを片づけていた茜だったが、突然眠くなってぶっ倒れてしまった!

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

もう限界だと言って泣き始めてしまう茜

志保は佐山と花房の店で飲んでいると、花房は向山もヤングケアラーだったと教えてくれた

その頃、向山は教師たちに、茜は完全にヤングケアラーなのでなんとかしないといけないと訴えていた

それで担任と一緒に茜の家を家庭訪問することになったが、茜は母親を庇うように謝った

それで向山は茜に自分の気持ちを話して欲しいと言いながら、母親の介護で疲れ果て足を傷つけたりしていた時に花房が助けてくれた時のことを思い出していた

すると茜はもう限界だと言って泣き始めてしまうと、担任は茜がしっかりしているから大丈夫だと言っていたことを悔やんでしまった

それから向山は母親を外に散歩に連れ出すと、母親のせいじゃないと言ってあげた

すると母親は、父親と離婚になったのは義母の介護や辛かったので、自分から言いだしていたことを明かしてくれた

茜は辛そうにしていなかったので頼ってしまったと言った母親に、向山は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

村本の弟に運転の指導をしてもらう志保

志保は向山や市川と旅行に行くことになったので、自分が運転すると言ってしまった

しかし志保は免許はまだ持っておらず、路上試験で落ちまくっていた

志保は村本とゲーセンで遊んでいたが、休憩中に路上試験に落ちまくっていることを話した

それで免許を取ることを諦めたと志保が話すと、村本は教官をやっている弟を紹介してくれた

志保は村本の弟のいる教習所へ行くと、村本の弟は志保に上手いことを言ってすぐにヤル気にさせた

村本の弟は黙って志保の運転を見ると、志保の運転の際のクセなどを教えてくれた

村本の弟は、同じ発達障害のある村本も両親に免許を取ることを反対されていたが、友だち会ってから障害があっても諦めたくないと思うようになったのだと話してくえた

その後、志保は村本に夕日がキレイな海岸へ連れていってもらうと、村本は諦めてしまったら自分の人生には何も残らないと気づいたのだと語ってくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

心彩を村田たちに会わせようとしない虐待母親

志保は佐山や市川に、帰り道でベランダに放置されて泣いている女の子を見かけたので、児相に通報してしまったと話した

それで余計なことをしたかもと後悔していた志保だったが、佐山は虐待かどうかは児相が判断するので気にする必要はないと言ってあげた

児相では、志保が目撃した心彩のベランダ放置について、職員たちがどうするべきか話し合っていた

母親は心彩を幼稚園にも通わせなくなっていたので、田辺と村田が心彩の家に現認に行くことになった

心菜の家に向かう最中に、田辺は村田に児相を辞めたいと思っているハズだというと、自分もそんなのはしょっちゅうだが、子どもを見殺しにしたくないから続けているのだと話してくれた

心彩の家に行くと、母親は単なるしつけだと言って、心彩に会わせようとしなかった

それで心彩に会えなかったので、村田は田辺にここまま帰るのかというと、田辺は虐待かどうかはハッキリと見極めないといけないというと、まずは出頭要求を出して虐待の証拠を積み重ねていこうと言った

しかし村田は、違う地区で虐待が防げなかったことで入ったクレームを思い出し、これでいいのかという気持ちが残っていた

心彩の母親は、テレビがつまらないと愚痴りながらお風呂場へ行くと、そこには心彩を閉じ込めていた

母親は心彩がガマン出来ずにお漏らししていることに気づくと…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

このお話の続きはコチラ👇

お話を読んでみた感想

茜の母親は、義母の介護が辛くなって茜の父親と離婚していました

その直後に自分が介護状態になってしまい、茜を追い詰めていました

義母とは上手くいっていなかったということなので、気持ちは分からなくはないですが、やはりそれで簡単に関係を切ってしまったら自分にそれが返ってきたときに困ってしまいます

今回は向山たちのおかげで茜は助かりましたが、実際には追い詰められてしまう子どものほうが圧倒的に多いでしょうね

向山たちもヤングケアラーだったというのも大きいですが、やはり介護福祉の制度をもっとよくして、子どもがヤングケアラーにならないようにしていかないといけないと思いました

志保は運転免許の籠城試験に落ちまくって諦めかけていましたが、村本や弟のお陰でなんとか取得できそうな感じです

確かに障害がない人に比べたら、すぐに上手くはならないですが、やはり運転免許などは生活していく上でも必要なものなので、障害がある人でもなるべく取得できるようにしていかないといけないでしょう

村本の弟のように理解のある教官を増やしていくことも必要だと思いますが、村本の両親も取得には反対していたということでしたので、周りの人たちの理解も必要でしょうね

今度は子どもを虐待する、母親の話が始まりました

最近、よく親の虐待で亡くなってしまう子どものニュースが流れたりしますが、児相の人たちも間違いがあるといけないので、すぐに中に入って止めたりもできないでしょうね

それに小さな子どもは、どんな虐待クソ親であっても庇う傾向もあるので、それでなかなか踏み込めないこともあります

村田たちはひとまず証拠を積み重ねていこうとしていますが、早くしないとヤバそうです

どんか結果が待っているのかはまだ分かりませんが、なんとか村田たちには心彩を救出して欲しいですね!

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

金魚妻

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

2021年Netflixにて実写ドラマ化。『復讐の未亡人』の黒澤Rが描く、4人の悩める妻たちによる禁断の不倫愛。累計部数220万部を突破。

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

-リエゾン ―こどものこころ診療所―