読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

パーフェクトワールド プチキス

パーフェクトワールド プチキス 3巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

 仕事の飲み会で初恋の人・鮎川に再会し、トキメキを感じるつぐみ

でも、彼は車イスに乗る障害者になっていた

Kiss連載時より反響殺到!!

新鋭・有賀リエが描く痛切で美しいラブストーリー!

 

「パーフェクトワールド プチキス」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「パーフェクトワールド プチキス」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「パーフェクトワールド プチキス」の試し読みはコチラ♪

 

 

 

「パーフェクトワールド プチキス」3巻の簡単なあらすじ

 自身のないつぐみ

幻肢痛に苦しむ樹

休みの日には、車椅子バスケットをしていた

 つぐみはバリアフリーのリフォームの話をする

依頼者の息子が車椅子の生活になったからだというのだ

樹はその依頼を引き受けた

買い物途中で、車椅子の老人を見かけるつぐみ

樹に遠慮するのは、自分に自身がないからだと思った

 

障害受容できない晴人

車椅子生活になってしまった晴人の家を訪れた樹とつぐみ

家の中を見ていると、晴人の彼女の舞花がやってきた

しかし、晴人は自分の部屋に逃げてしまった

母親はまだ晴人は、障害受容ができていないのだと言った

 

 晴人が1年も会ってくれないという舞花

晴人はバスケのインターハイ常連校のエースだった

晴人に聞こえるように帰るという舞花

それを見てつぐみは若いなあと思った

 つぐみは樹に、晴人へ自分の経験を話してみるように頼んだ

 

車椅子バスケットの練習をする晴人

樹は晴人にバスケの話をしてみた

 だがそれにキレる晴人

樹は晴人を障害者バスケットの練習に誘った

 

練習にやってきた晴人

だがうまくゴールを決めることができなかった

樹と練習する晴人

するとゴールを決めることができた

 

受け入れられない障害

しかし入部はしないという晴人

そして、どうすれば受け入れられるのか分からないと言って泣き出した

樹は、障害を受け入れられないと言った

それでも受け入れられないまま生きることもできると話す樹

バスケをして楽しかったかと聞くと、晴人は楽しかったと答えた

舞花はバスケをしている晴人が、一番好きだと晴人に言った

なんとかなる話す舞花

つぐみはそうなのかもしれないと思った

 

やらわぐ幻肢痛

また、幻肢痛に苦しんでいた樹

そこにつぐみから電話がかかってきた

樹のことをもっと教えてほしいというつぐみ

変な奴だと答える樹だったが

つぐみと話していると痛みがやわらいでいた

誰かがそばにいるだけで…

 

「パーフェクトワールド プチキス」3巻を読んでみた感想

 障害を受け入れるということは難しいことなんですね

当然、障害がない暮らしのほうが、苦しみは少なくなります

それでも障害があるからといって、塞ぎ込んでいても苦しいだけです

障害がなくても苦しいときもありますが

やはりそういうときに楽しいことなどがあれば、それを乗り越えることができます

つぐみが障害のことを知ろうとしていますが

樹もまたそうした姿勢のつぐみから、障害のことを学んだようですね

 

「パーフェクトワールド プチキス」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「パーフェクトワールド プチキス」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「パーフェクトワールド プチキス」の試し読みはコチラ!

 

-パーフェクトワールド プチキス
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.