「ミステリと言う勿れ」 10巻 ~竜樹と友香が同じスイミングスクールに通っていると判明し蘇我の家で竜樹の遺体を発見してしまう整 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『ミステリと言う勿れ』10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「ミステリと言う勿れ」10巻の簡単なあらすじ

青砥にある場所に行きたいと言いだす整

整がしてんちょうが何者なのかと思っていると、またしてんちょうから電話がかかってきた

青砥は整に録音するように言って電話に出ると、してんちょうは青砥の中で何が軽かったか訊ねてきた

青砥は竜樹のことなどをいろいろ調べたと話すと、してんちょうは青砥が誘拐できないと分かっていたので、自分が誘拐したと言いだした

してんちょうは日付が変わる前に竜樹を見つけ出さないと、娘の友香のポイントも減ってしまうと言った

すると整はしてんちょうに天秤にかけるのがブームだから天秤座なのかと聞くと、してんちょうはそれに答えず電話を切ってしまった

すると整はしてんちょうは自分もいることを知っていると思っていたというと、してんちょうの言葉から自分たちをハッキリとは見張っていないようだと話した

誰が友香を誘拐したのか防犯カメラを調べたらいいかもと言っていると、青砥は車に元妻の敦子がドライブレコーダーを設置しているのを見つけた

映っていた映像を見てみると、友香を誘拐したのは鍵山事件の証人の塩川夫妻だった

それを知った整は、してんちょうも事件に関わりがあって今度の誘拐も事件に絡みがあるだろうと話すと、鍵山事件のことを話していた青砥に整はある場所へと行きたいと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

行方不明事件と同一犯の仕業だと判明する鍵山事件

その頃、池本たちは青砥に何か起こっていることに気がついていた

整たちは鍵山事件の最初の被害者の雪が最後に目撃された場所へとやってくると、青砥のスマホに知り合いの刑事が電話をかけてきた

その刑事は子どもの白骨死体の1人の身元が判ったというと、その子は鍵山事件が起こっている最中に行方不明になっていた子だった

当時は鍵山事件に関係ないと判断されていたが、刑事はその少年の首に巻かれていたタオルが鍵山事件の使われていたものと一緒だったと言ったので、その行方不明事件と鍵山事件は同一犯がやったことが濃厚になった

青砥は小諸じゃないとので誰なのかと思ったが、今は友香のことを考えないといけないと思い、疲れが溜まって頭が働かないので仮眠を取ることにした

仮眠を取るためカラオケボックスへと行くと、青砥に冤罪はダメだと言って、どうしてウソつき野郎だと思っていた小諸の自白を信じたのかと訊ねた

青砥は小諸の言ったことがウソなのかは判らないが、それでも小諸は事件に何か関わっている気がすると言って、そのまま眠ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

友香が竜樹が同じスイミングスクールに通っているか確認する青砥

青砥が目を覚ますと、整が久我山から電話がかかってきたと話していると、そこにまたしてんちょうから電話がかかってきた

してんちょうは青砥がカラオケボックスにいて友香のことを軽んじているというと、誘拐した友香に他にも子どもが誘拐されていると言わせた

してんちょうは事件は小諸とやったのかと訊ねた青砥に、何も分かっていないと言って電話を切ってしまった

それから2人は誘拐事件の証言者に会いに行くと、証言者の男は郵便マークみたいなペンダントを持った奴が男の子を連れていってしまったと話してくれた

整は郵便マークというのは天秤座のマークだろうというと、やはり誘拐事件と鍵山事件は同一犯の可能性が高くなった

しかしまだ竜樹の居場所が分からないでいると、整がプールの写真を見つけ青砥が友香も水泳を習っていたことを思い出したので、敦子に電話してどこで習っているか聞いた

するとそこで教えていた蘇我の写真に、天秤座のペンダントが写っていたので、犯人の可能性が高まった

そこに敦子から電話がかかってきて、竜樹と友香は同じスイミングスクールに通っていたというと、蘇我は先週からいなくなっているということだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

既に亡くなっていた竜樹

それで蘇我の家にやってきて侵入すると、なんと家のベッドに竜樹がいた!

しかし竜樹はもう亡くなっていて、既に緩解がは始まっていた

整は竜樹が亡くなっていたので落ち込んでいると、そこにまたしてんちょうから電話がかかってきた

そして父親の井口に代わると、井口は竜樹は無事かと訊ねてきたので、青砥は眠っていると答えた

してんちょうは鍵山事件の関係者は既に揃っているので、竜樹も連れてある場所へと来るように要求してきた

指定されたキャンプ場へ向かう途中で、青砥はなじみのパン屋に立ち寄り、指定されたキャンプ場へと向かい始めた

その頃、池本たちは青砥が現場に向かっているようだと話していると、そこに誰からか電話がかかってきた

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

青砥にしてんちょうは誰なのか教える整

整たちがキャンプ場へとやってくると、してんちょうは池の近くにあるプレハブのキャビンの中に入るように命令した

それでキャビンの中に入ると、青砥は整にこれからのことをスマホで撮るように求めた

中にあったモニターには、他のキャビンにいる事件の関係者が映し出された

その中には友香も映っていて、塩川夫妻と一緒だった

他にも小諸や久我山もいて、それぞれの子どもたちは他の人のコンテナに入れられていた

してんちょうはそれぞれが天秤の関係になっていて、他の人の言葉によってポイントが変動するというと、ポイントがなくなってしまったら死ぬことになると話した

してんちょうは鍵山事件のことを話せばいいのだというと、青砥に司会を頼んだので、整はこの中の誰かが事件の犯人なのかと言った

してんちょうがそうだろうというと、青砥は蘇我が犯人でお前が蘇我なのかと訊ねた

しかししてんちょうはハッキリとはそれに答えなかったが、友香はしてんちょうは蘇我じゃないと言った

青砥は井口や塩川夫妻に話を聞いていたが、整はもう誰が犯人なのかしてんちょうは知っているのだろうと思っていた

青砥は久我山に誰が捜査情報を流しているのかと訊ねたが、久我山はそれに答えようとはしなかったので、どんどん子どものポイントが下がり始めた

整はみんなで協力したらいいと叫ぶと、塩川夫妻や井口が本当のことを話し始めた

整はしてんちょうはこんな状況を作って、事件の関係者に罰を与えているのかもしれないと思っていると、久我山はある本庁の誰かをハニトラにかけて情報を得ていたと話した

久我山の息子が目を覚まし、井口は子どもは大丈夫だと言って、整たちに竜樹のことを頼んでいると、してんちょうは一旦休憩を入れた

すると整は何かに気づき、撮した動画を見ながら何かを確認し始めた

そして整は青砥に、してんちょうは…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

小諸に選ばれなかった女の子を殺していた井口

映像が再開されると、整はどうしてしてんちょうはリモートでやっているのか判ったと言った

そしてしてんちょうが誰かも判ったと言ってその理由を話した整は、してんちょうは井口だと言った

井口は被害者の子どもたちは二度首を絞められたというと、青砥は井口にお前が鍵山事件の犯人なのかと訊ねた

井口はやっとそう訊いてくれたというと、自分は間抜けな青砥たち警察のせいで、自分が軽く扱われてしまったと話した

青砥は井口に鍵山事件の前にも殺人をやっていたハズだというと、白骨死体の子どもも殺していたハズだと言った

すると井口は、自分の過去のことを話し始めた

井口は昔から目立たない子で、ある日いつも目立っていた子がスカウトのフリをした誘拐犯に連れ去られてしまう際もダメな子だと言われてしまった

そんな井口はある日、釣りをしにきていた家族の子どもを見つけ、首を絞めて殺してしまった

その子を埋めてしまった井口は、定期的に子どもを殺し続けた

すると整は被害者の子どもの写真を見ながら、もしかしたら井口にとっては鍵山事件はメインじゃなかったと言って、小諸の娘のさくらに話を聞かせたくないので、井口に音を切るように求めた

そして整は被害者の女の子の友だちを小諸は異常な興味を持って見ていたというと、小諸に選ばれなかった地味目の女の子を井口は殺していたのだと推理した

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

井口に関わった人にとっては存在意義があるのだと教える整

そうだと認めた井口は、なんとさくらにもその話を聞かせていた

それでさくらは錯乱してしまうと、友香は自分たちを天秤にかけるなとキレ始めた

青砥はこんなことをどう被害者遺族に伝えたらいいのかと思っていると、そこに敦子から報告が届いた

それを整にも見せた青砥は、蘇我が井口の友だちの誘拐犯で、それを知った井口は蘇我に近づいて話を聞いていた

すると井口は友香は青砥の本当の子どもじゃないと言っていると、友香は敦子からその話は聞いていると言った

それでも友香は青砥が自分を大事にしてくれたというと、青砥は自分のせいで友香を事件に巻き込んでしまったと謝った

久我山はどうして今こんなことをし始めたのかと井口に聞くと、整は竜樹が死んでしまったからだろうというと、井口は竜樹が蘇我のせいで死んでしまったときの状況を話し、埋めていた子どもの遺体が見つかったので事件を清算する気になったのだと言った

井口はもう自分は人じゃないというと、天秤座のマークの入ったペンダントを見せたが、マークの意味を誰から聞いたのかは言わなかった

井口は自分なんかに存在意義はあるのかというと、整は関わった人たちにとっては存在意義はあるのだと話し、井口にもそういう意味ではあったハズだと教えた

すると井口は何を血迷ったのか、友香のいるキャビンを池の中に落としてしまった

青砥は必死にキャビンから出ようとしたが、鍵がかかっていて出られなかった

するとそこに客を装った池本たちが井口を取り抑え、やっと外に出られた青砥は友香を助けに池の中に飛び込んだ

しかし風呂内が先に友香を助けていて、池には蘇我が沈められていたと言った

青砥はパン屋に立ち寄った際に、コッソリ池本たちに連絡を取ってもらって、事件のこと知らせていた

整は連行されている井口に、どうして死んでしまった竜樹の傍にいてあげなかったのかと聞くと、井口は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

謎のままの星座のアクセサリー

井口が捕まり緊張の糸が切れてしまった友香は、青砥に抱きつき泣き始めた

そこに敦子もやってきたが、なんと敦子は検事だった

敦子は整の推理で助かったというと、握手を求めてきたがその手は…

整は事件のことをライカに話すと、井口からは自分のことばかりで殺した子どもやその遺族への感情が全く感じられなかったというと、ライカは独りよがりな奴だからだと言った

2人は星座のアクセサリーのことを話し始めたが、結局まだ関連性は分からなかった

するとライカは絡みがあるとすれば…

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

お話を読んでみた感想

井口は小さい頃から影の薄い存在で軽く扱われることに不満を持っていて、そのコンプレックスのせいで小諸に選ばれなかった女の子たちを殺していました

完全な井口の勝手な思い込みでやった犯行ですが、そんなことで殺されてしまった子はとても不憫で、残された遺族もこんな奴に子どもが殺されてしまったと知ったらと思ったらいたたまれない気持ちになってしまいます

誰でも勝手な思い込みでコンプレックスを抱えていたりしますが、それでも犯罪を犯してしまうような人はほとんどいません

思い込みで人に迷惑をかけてしまうことは誰にでもあるので、余裕があるときには気持ちを落ち着かせて冷静で客観的に自分や周りを見るように心がけないといけないでしょう

今回の事件はこれで解決しましたが、やはり星座のアクセサリーの関連性は分からずじまいでした

整は井口に誰に星座の意味のことを聞いたのか訊ねていましたが、井口はなぜか話そうとしませんでした

どうしてなのかは分かりませんが、やはり持っている人たちに何か洗脳に近いことをしている可能性もあるでしょう

また星座のアクセサリーを持った人物が現れると思いますが、それが整とどんな関係があるのかを早く知りたいですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みはコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

-ミステリと言う勿れ