あなたがしてくれなくても 51~55巻 ~マンションを買おうと言い始めたようが子ども部屋を考えていなかったので一人で生きていくことを考え始めてしまうみち のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『あなたがしてくれなくても』51~55巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「あなたがしてくれなくても」51~55巻の簡単なあらすじ

昨日のことをスルーする陽

楓は誠から誰のことが好きになってしまったのか聞きたかったが、聞けずにいた

もしかしたらみちが相手なのかと思ったが、楓はあんな普通の女性に負けてしまったのかと思ってしまった

すると楓の様子がおかしいと感じていた川原が、ご飯に誘ってくれた

川原は誠が精神的な浮気をしていたと聞いて驚くと、楓は相手ほ確かめたいができずにいると言った

すると川原はこのまま何もしないつもりかというと、楓に逃げちゃダメだと言ってくれた

仕事から帰ってきていたみちは、前日アソコを触ることを拒否ってしまったので、陽とどう接していいか悩んでいた

そこに陽が帰宅したが、陽はいつも通りだったので、みちは昨日のことはスルーしているのだと思った

それでついホッとしてしまったみちに、陽は翌日部屋の更新があると言って出かけていった

しかしそんな普段通りな陽を見て、みちはやはりこのままではいけないのだと思うようになっていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

みちを庇ってしまった誠

みちが会社に行くと、華がいろいろリセットするため、更新時にはいつも引っ越ししていると話してくれた

その頃、陽は不倫していた同僚から、妻の要求でマイホームを買わされたと愚痴られていた

その同僚はローンでもう逃げられなくなったと嘆いていたが、そんな同僚の言葉を聞いた陽はその手があったと思った

それで陽は帰宅すると、みちにマンションを買おうと言い始めた

しかしみちは陽から渡された間取り図を見ると、子ども部屋がないと気づき、子どもが産まれたらどうするのかと訊ねた

そのみちの問いに陽は曖昧な返事しなかったので、みちはやはり陽は子どもが欲しくないんだと思ってしまった

誠は帰宅すると楓に、転職を考えていると話した

楓がどうしてなのかと訊ねると、誠はキャリアアップのためだと答えたが、楓はみちと一緒になるためなのかと思ってしまった

それで楓は誠を呼び止め、本当に浮気相手とは関係は終わったのかと訊ねると、誠はもう終わったと答えた

楓は本当にもう好きじゃないのかと聞くと、誠はハッキリと想っていないとは言わなかったので、とうとう楓は相手はみちなのかと聞いてしまった

しかし誠は相手が誰なのか言わなかったので、楓はどうして相手のほうを庇うのかと言って泣き出してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

一人で生きていくことを考え始めるみち

みちが華の引っ越しの手伝いに行こうとしていると、陽はマンション見学に来週行こうと言い出した

しかしみちは陽が子どものことを考えていない様子だったので、行けないと答えた

すると陽は子ども部屋も持てる3LDKにすればいいと言っていると、そこに陽の母親から電話がかかってきた

陽の母親は、自分も陽たちの近くに住みたいと言って、空き部屋を探して欲しいと頼んできていた

陽はみちに全部売れたと言っておけばいいと言ったが、みちは内心少し不安になってしまった

みちは華の引っ越しの手伝いにいくと、男のトランクスを発見した

華はワザと男が他の男が寄りつかないようにするために、置いていったモノだと判断して、みちに捨てるように言った

華は何人もの男と付き合っているから、そんなことをする奴は捨てるというと、男たちを全部無くしてしまう覚悟はあると言った

みちは自分は捨てられたら次は見つからないというと、華はそんなところからみちの自信のなさはきているのだというと、覚悟を決めたほうが強くなれるとアドバイスした

みちは華のアドバイスが当たっているかもと思ってしまった

そして陽と別れたら一生独身のままかもしれないかもしれないが、それでも一人で生きていったほうがいいかもしれないと思うようになり始めていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

子どもが欲しくないと答える陽

みちはこのままだとレスから逃れられないと思ったので、陽にちゃんと話し合おうと言った

その頃、誠は楓が家出してホテルに籠もってしまったので楓のいる部屋に来ていたが、楓は出てきてくれなかった

誠は帰り道でみちの邪魔はしてはいけないと思いつつも、やはりどこかでみちを想う気持ちを捨てきれないでいた

陽は帰宅するとマンションのことを話し合いたいのだろうと言ったが、みちはマンションを買う前に自分たちの人生のことを話し会おうと言った

そしてみちは、陽に本当に子どもは欲しいのかと訊ねると、陽はとうとう子どもは欲しくないと答えた

みちはやはり陽は子どもが欲しくなかったのだと知ると、陽がずっと自分をなだめてその場しのぎをしていたのだと気づいた

すると陽は自分はみちと一緒にいたいのだと言ってみちの手を握ったが、みちは陽の手を離して家を出ていってしまった

みちは誰の家に泊めてもらおうかと思いながら電車に乗り込んだが、その電車には誠も乗っていたがみちは気づかなかった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

自分が変われるか自信のない陽

友人の部屋に泊めてもらったみちだったが、彼氏がいることに気がついた

その友だちは相談に乗ってあげると言ってくれたが、みちは自分が邪魔になってしまうと思って断ってしまった

みちは仕事に行く前にシャワーを浴びて着替えないといけないのでひとまず家に帰ると、陽が謝ってきた

しかしみちはやはり子どもを持たないことを許すことができずに会社に行くと、華が人気バンドグループのボーカルが子どもを産んだことを話してきた

みちは子どもがデキたら陽も変わるかもと思ったが、華は子どもが育ったら二人になるので、上手くいくのはそれまでの間だろうと話した

陽は会社でこのままだとみちは本当に自分から離れていってしまうと思っていると、同僚が子どもがデキた人気バンドグループのボーカルの話をしてきた

その同僚にも子どもがいるので陽は、子どもがデキたら子どもが苦手なのも克服できるのか訊ねてみた

同僚は子どもの写真を見せて自分は変われたと言ったが、陽は自分が変われるかどうかやはり自信がなかった

陽は帰りの電車を待つ際に、隣にいた赤ちゃんで自分たちの子どもを想像してみた

しかし赤ちゃんは泣き出してしまったので、ついその場から離れてしまった陽は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

お話を読んでみた感想

とうとう陽は、みちに子どもが欲しくないと言ってしまいました

前からそんな感じはあったのでみちも薄々は気づいていましたが、やはりハッキリ言われてしまうとやはりショックですね

恐らく陽が差し伸べた手を離していたので、もうみちの気持ちは戻らないようなきがします

誠は楓からみちが浮気相手だったのか聞かれても、そうだと言わずにみちを庇ってしまったので、楓は家出して会ってもくれなくなりました

肉体関係の不倫もショックではありますが、精神的な不倫は相手の気持ちが自分にないと分かってしまうので、余計に辛い面はあります

恐らく楓は誠がみちのことを忘れようとする気がないと判断して、このまま離婚に向かいそうな気がします

キャリアもあって収入面での不安がないので、一度踏ん切りがつけられたら結構アッサリと離婚にしようと言い出す可能性もあるでしょう

陽はこのままだとみちが自分から離れていってしまうので、かなり焦っている感じです

恐らく今までのように面倒ごとをスルーしていてもダメですが、やはり子どもを受け付けない感じなのでみちとの関係を維持していくのは難しいでしょう

マンションを買ってみちを引き止めようとしていますが、恐らくみちはマンション購入には応じなさそうです

この後、陽がどんなあがきを見せるのかは分かりませんが、どんな展開になっていくのかとても気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-あなたがしてくれなくても