読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

美醜の大地

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 22話のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

 いじめによって家族を奪われた女が別人に生まれ変わり

地獄の復讐に身を投じる!!

昭和20年、太平洋戦争が終わりかけていた時代

樺太(からふと)で生まれ育った少女・市村ハナは

醜い容姿のため女学校で凄惨ないじめを受けていた

いじめのリーダー格は大会社の令嬢・高島津絢子

彼女によって泥棒の濡れ衣を着せられたハナは

退学に追い込まれてしまい……!?

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」の試し読みはコチラ♪

 

 

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」22話の簡単なあらすじ

 絢子の隠し事

絢子は視線を向けられる度に、自分が狩られる獲物のように感じていた

なので抵抗されれば、さらに過酷な追撃を加えていたのだ

 

敏江たちとのことを白川に報告する加也

ハナを必ず連れてくると白川に言った

白川は絢子には恨みを抱いている者がいると話す

そして絢子は何かを隠していると言った

 

ずっと窓の外を見る進司

そして進司に森哉が話しかける

サチを待っているという進司に

森哉は姉がいたらよかったと話す

母がいると言う進司に

森哉は母親はいつか君を置いていっていなくなると言った

 

絢子のいる屋敷へ向かう敏江とサチ

人殺しをして平気で街を歩けないというサチに

敏江はもう自分と同じこっち側の人間だと言った

 

絢子の前に姿を現すハナ

白川は窓の外を眺めている絢子に話しかける

そして絢子の敵について話して欲しいと言った

だが敵ではない答える絢子

それはもういないと言った

代わりが欲しかった…

 

すると窓の外に昔の顔のハナが!!

表情が変わる絢子

そして部屋の外へ駆け出した

 

絢子邸大爆発

絢子の屋敷へやってきていた敏江とサチ

入り口には大きな包みが置いてあった

呼び鈴を鳴らす敏江

外へ向かっていた絢子を、白川は止める

だが絢子はアレが欲しいと言って睨みつけた

 

扉を開ける敏江

するとドアノブから紐が包みに繋がっていた

そして紐は包みから外れてしまう

包みからは煙が出てきた

サチは咄嗟に敏江を包みからは引き離した

 

大爆発が起こる

あの包みは爆弾だったのだ

燃えさかる絢子の屋敷を見るハナだった

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」22話を読んでみた感想

 やはり絢子はハナにとても執着しています

どうやら他人から視線からの恐怖感から逃げるために

ハナをいじめていたようですね

そしてハナの変わりをずっと探していたようです

再びハナの姿を見た絢子は、スゴイ顔をしていました

ハナは絢子の家に爆弾を仕掛けていました

それを敏江が起爆させてしまいました

これまでは相手を嵌め込んでやっていましたが

今回はいきなり命を狙ってきましたね

やはり絢子への恐怖感があるからでしょうか

爆発で絢子も倒れていましたが、生きているでしょうか

ハナの復讐が果たされたのかどうか、とても気になりますね                                                                        

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」の試し読みはコチラ!

-美醜の大地

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.