秘密の授業 9~10巻 ~俊太を廃工場へと連れていき対面立位で中出しされるつかさ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『秘密の授業』9~10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「秘密の授業」9~10巻の簡単なあらすじ

俊太に外出しの仕方を教える飛鳥

俊太は飛鳥に誰とヤッたのか迫られたが、誰とは言えないと答えた

それで飛鳥は俊太が誰かとヤッたのだと知ると、中出ししてしまったのかと聞いた

俊太は中出ししたことを認めてしまうと、飛鳥は演技しながら出したいときはお腹に出すように教えてあげた

そして飛鳥はバックが一番簡単な体位だと教えてあげると、その場合はお尻にぶっかければいいのだと教えた

飛鳥が口内射精も教えてあげていると、もう俊太は勃っていた

それを見て飛鳥はチラ見しながら、セックスの仕方は教え終わったというと、俊太を部屋に帰してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

俊太を廃工場へと連れてきてセックスを求めてしまうつかさ

飛鳥は俊太が誰とヤッたのか、やはり気になっていた

葉月となのかと思いつつ起きてくると、俊太や真理子と朝ご飯を食べつつ、まさか真理子となのかと疑ったりしていた

そんなことを思いつつ飛鳥は出かけようとすると、家の前にはつかさが来ていた

つかさは洋の姉だというと用があってきたと言ったので、女の直感で相手はコイツとだと思った

そして飛鳥は機嫌悪そうに俊太を呼びに行くと、そのまま出かけてしまった

つかさは俊太を連れて、どこかへと向かい始めた

その途中でつかさは、俊太がスマホを持っていないのお古のスマホをくれた

つかさはそのまま俊太を廃工場へと連れてくると、いきなりキスを迫ってきた

すると俊太はつかさにキスして舌を入れ始めると、つかさのお尻も触り始めた

俊太はココでヤリたいというと、つかさのアソコを触るともうびしょ濡れだった

それで俊太は飛鳥に教えてもらった通りに、つかさをバックから挿れることにした

俊太はつかさのパンツを脱がすと、恥ずかしがるつかさのバックから挿れた

巨根を挿れられたつかさは思わず喘ぎ声をあげると、俊太はバックは簡単なんだと思いつつ腰を振り始めた

つかさは俊太から服を全部脱がされると、つい止めないでと言ってしまった

俊太はつかさのおっぱいも舐めたいと求めてくると、つかさはついキスしたいと言ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

つかさと対面立位で中出ししてしまう俊太

つかさは俊太と向き合うと、今度は二人は対面立位でヤリ始めた

つかさはおっぱいを舐められると感じてしまい、俊太にもっと抱きつくように求めた

するとそろそろ俊太はイキそうになったので止めようかというと、つかさはそのまま続けさせた

そしてつかさは俊太にきてというと、自分から舌を入れてきた

つかさは俊太の耳元で中出しOKだというと、俊太はつかさの最奥まで押し込んだ

そしてつかさの中に、思いっきり精子をブチ撒けてイってしまった

飛鳥は友達を一緒にいるときも、俊太のことで頭が一杯だった

飛鳥は顔を赤らめながら彼氏なんていないというと、そんな飛鳥を見ていた友達は…

廃工場でのセックスを終えた俊太とつかさは仲良く二人で歩いていると、洋にバッタリ会ってしまった

一瞬焦った二人だったが、さっき偶然会っただけだというと、洋はアッサリそれを信じてくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ガマン出来ずに寝ていた俊太のアソコを咥えていた飛鳥

飛鳥は帰ってくると、まだ俊太が帰ってきていなかったので、やはりつかさとヤっているのかと思ってしまった

翌朝、飛鳥は俊太たちと一緒にご飯を食べていたが、やはり俊太に問い質してヤッたか確認しないといけないと思っていた

夜になると飛鳥は俊太の部屋にやってくると、俊太はつかさがくれたスマホをいじっていたので、飛鳥はやっぱりつかさとヤッたのだと確信した

それで嫉妬してしまった飛鳥は、なんとかして俊太とヤろうと誘ってみても、俊太はもう遅いから寝ると断ってしまった

それで欲求が溜まりまくってしまった飛鳥は、ガマン出来なくなっていた

俊太は朝になって目を覚ますと、なんと飛鳥がアソコを咥えていた!!

男の子は朝が大変なハズだと言った飛鳥は、姉の義務だとムチャクチャな屁理屈を言いながら、自分から挿れてしまった

飛鳥は俊太のガチガチの巨根で感じてしまうと、完全にハマって欲しくて堪らなくなってしまった

するとようやく俊太もヤル気になって腰を動かし始めると、もうガマンできなくなった飛鳥はとうとう中に出してと叫んでしまった

そして飛鳥は俊太を抱きしめると、俊太は飛鳥の中に…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

お話を読んでみた感想

飛鳥は俊太がつかさに中出ししたと知って、嫉妬しています

せっかく外出しの仕方を教えていましたが、結局ガマン出来ずに最後は俊太に中出しさせていました

もうつかさも飛鳥も完全に俊太にハマってしまっていて、セックスせずにはいられないようになっています

これだけ二人に中出ししていたら、このままだと二人とも子どもがデキてしまうでしょうね

俊太はこの感じだと、まだセックスしていない葉月にもそろそろ手を出しそうです

真理子ともまだ本番はヤっていないですが、真理子もそろそろガマンの限界でしょう

段々ハーレム状態になりつつありますが、正や洋もその内俊太が真理子たちに手を出していることに気づくハズです

そうなったら俊太はどうなってしまうのかも、心配になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-秘密の授業
-,