甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~ 15~16巻 ~全部お前のせいだと責めた母親から責め続けてもいいから前に進むように言われる寧志 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~』15~16巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~」15~16巻の簡単なあらすじ

円香が妬いていたことに気づく寧志

寧志は里英に裕一だけはやめるようにいうと、里英は自分は裕一と結婚するのだと言い返した

そして里英は倉庫から去っていったが、寧志は自分が里英を追い込んだのだと思った

なんとか自分の気持ちを里英に伝えようと思っていると、そこに誰かがやってきた

里英が来たのだと思った寧志は玄関のドアを開けると、来ていたのは円香だった

円香を部屋の中に入れると、円香は元カノなんて気にしないと言いながら買ってきていた惣菜を食べ始めた

寧志はまだ里英の相手が裕一だということを認められないでいると、円香は寧志の部屋に泊めるように言った

寧志は翌朝目を覚ますと、円香は朝食を作っていたが焦がしていた

その上に円香は寧志の服を洗濯して縮めてしまっていたが、寧志や自分が里英のことを言ったので円香が妬いていたのだと気づいた

それで寧志は円香の頭をポンポンしてあげて、一緒にご飯を食べようと言ってあげた

すると寧志とご飯を食べた円香は、自分もいい母親になると言って泣き出してしまった

そんな円香を見て寧志は、円香がかわいいと思えるようになってきてキスしてあげた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

円香と赤ちゃんの映像を見にいく寧志

寧志は円香とセックスしようとし始めたが、妊娠中にヤってもいいのか知らなかったので、調べてからにすることにした

それで寧志は円香と一緒に、出かけることにした

円香は寧志に夕方時間があるか聞いてきたが、寧志には取引先に行く予定が入っていた

すると円香は赤ちゃんの映像が見れるからだと話すと、寧志はなんとか時間を空けると言ってくれた

円香は寧志が仕事が忙しそうだったから言いだし難かったのだというと、寧志は里英のことを思い出しつつ言いたいことは話せるようになろうと言った

寧志はこういう言葉を里英に言ってあげたかったと思っていると、円香は自分の性格が変えれないと言って自分を責め始めた

寧志はそんな円香を抱きしめてあげると、母親になるのだからちゃんとするように言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

里英と寧志の写った写真を見つけて機嫌が悪くなってしまう円香

寧志と里英は産婦人科に行くと、寧志は赤ちゃんの映像を見てとても喜んだ

しかし円香は寧志と一緒に帰ってくると、クローゼットに寧志と里英が写った写真を見つけてしまった

その写真を破ってしまった窓かは、気分が悪いと言って寧志の部屋を出ていこうとし始めた

寧志はそんな円香にケンカしていたら産まれてくる子どもに悪い影響が出るというと、円香は自分も両親がよくケンカして居心地が悪かったと話し始めた

寧志は円香にどうして機嫌が悪くなったのか訊ねると、円香は寧志と里英の写真を見つけたからだと答えた

寧志は円香にまだ裕一への気持ちは残っているかと聞くと、あると答えた円香に寧志はそれは自分も同じだからと言って、感情的になるのはわだかまりが残るだけだと言った

すると円香は謝りながら泣き出してしまうと、まだ寧志が元カノを想っているのがガマンできなかったからだと言いだした

そんな円香を寧志は抱きしめてあげたが、寧志も段々円香と一緒にいるのが居心地がよくなってきていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

衣装合わせで里英と裕一に会ってしまう寧志

寧志は円香と衣装合わせに行くため円香の家に行くと、円香と父親の専務の西野が言い合っていた

円香は西野に自分は一方的に裕一を想っていたのだというと、西野はそれを知っていたら裕一に里英をあてがったりしなかったと言った

すると西野は、円香のために寧志から里英を引き離すためにやったことなのだと話すと、裕一は里英と結婚しないだろうと言った

しかし円香はもう寧志とデキ婚するから遅いとキレると、西野と同じ性格の自分も嫌になると言って部屋を出てきた

そんな円香と一緒に式場に衣装合わせに向かい始めた寧志だったが、里英もまだ自分への気持ちが残っていないのか気になっていた

その事が頭に残って、寧志は円香の衣装合わせのときもボーとしていた

するとそこに裕一と里英がやってきてしまったので、寧志はつい強がって円香を守るフリをした

円香も裕一を見て気分が悪くなってしまい、少し一人でいたいと言ったので、寧志は部屋を出てくると里英がドレスを着ていた

寧志は本当は自分が里英の隣にいるハズだったと思いつつ、気持ちとは裏腹に嫌みを言ってしまった

それで里英はサッサと円香の所に戻れと言って、その場から去ろうとした

しかし寧志は里英と止めて、裕一ともヤッたのかと聞いた

するとそこに裕一がやってきたので、寧志は決裁書のことを話していただけというと、その場から去っていった

そんな寧志は自分が前に裕一へ言った言葉を思い出すと、自分は裕一に何も勝てるものがなかったのだと思い知らされたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

母親に全部お前のせいだと言ってしまう寧志

寧志は帰り道で、自分が円香に自分の気持ちを言えずに内心イライラしていた

そんな中、寧志の部屋の泊まった円香が、寝言で裕一の名前を呼んでいたので、寧志はついどうしようもないと泣き出してしまった

すると円香が目を覚まし心配してくれたので、寧志はマリッジブルーなのかもしれないと呟いてしまった

そんな寧志に母親から、兄の四十九日法要と納骨をすると連絡が入った

寧志は挨拶に行きたいという円香に、妊娠中はムリだと言って一人で実家へと帰った

すると母親と父親が出迎えに来てくれていたが、アルツハイマー病に罹っている父親は寧志を親戚の子どもだと勘違いしていた

兄の抱擁と納骨を済ませて実家に戻ってくると、父親は子ども自慢をし始めた

寧志は結婚のやり直しみたいでいいというと、母親は父親は病気のためにそんなに生きられないと言った

そして母親は父親との時間を、寧志たちも巻き添えにして無駄にしてしまったのだというと、寧志は突然泣き始めてしまった

寧志は自分は里英を別れてデキ婚するのだと明かすと、全部母親のせいだと言ってしまった

すると母親は全部自分のせいだというと、過去は変えられないので自分の責め続けてもいいので、寧志に前に進むように言ってくれた

それでまた寧志は泣き出してしまったが、そこにやってきた父親が2人を励ましてくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

西野から裕一は本気で結婚する気はないと聞いてしまう寧志

寧志は自分の部屋に帰ってくると、円香が待っていてくれた

そして円香は自分は寧志とちゃんとした家族になりたいのだと言ってくれたので、寧志は子どもが産まれたら見せに行こうと言ってあげた

寧志は円香を家に送ると、西野が話があると言ってきた

西野は里英とは会っていないのかと聞いてくると、衣装合わせのときに会ったハズだと言ってきた

寧志はそれは偶然だと答えると、西野は頭を抱えて裕一に里英との見合いを頼んだことを話始めた

西野は裕一が里英を捨てたら海外赴任する予定だというと、まだ招待状も届いていないので2人が結婚するハズがないと言った

その言葉を聞いた寧志は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~」15~16巻を読んでみた感想

寧志は円香との結婚準備が進んでいますが、まだ里英への気持ちが残っています

気持ちは分からなくはありませんが、やはり里英にやったことを考えると拒否られてもしかたがありません

円香も裕一への気落ちが残っていますが、子どもを妊娠していることもあって寧志よりは結婚のことに真剣な感じですね

寧志は里英への気持ちを吹っ切れたように見えても、度々気持ちが戻ってきて未練タラタラな感じです

母親にもお前のせいだと言って気持ちをぶつけていましたが、母親も前とは違って謝ってくれて前に進むように言ってくれました

寧志はまた西野から裕一は里英と結婚する気はないと聞いてそれを信じ込んでいますが、それが里英への未練だと早く気づいて欲しいです

この後の大まかな展開は既に判っていますが、この後の寧志の気持ちがどう変わっていくのかが気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~