ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 46~50巻 ~証拠の入ったUSBメモリーの中に入っていた瑠衣の音声メッセージを聞いて瑠衣が自分の腹違いの妹だと知ってしまう爽 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』46~50巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」46~50巻の簡単なあらすじ

いきなり秋山に謝られ自分がクズだと思い知らされたカズ

爽が失踪したと聞いて、カズたちは動揺してしまった

すると守屋はもし瑠衣が意識不明にならなかったら、違う行動をしていただろうと言った

そんな守屋は睦月に面会していて、爽を刺したのは駿なハズだと言った

そして守屋は駿を守りたいなら全てを話すようにいうと、睦月は瑠衣にとって爽は単なる通過点でしかないと言った

守屋は気を利かせてカズと秋山を二人にすると、秋山はいきなりカズに迷惑をかけたと謝ってきた

そして秋山は爽は母親のことがあるので逃げているのだというと、カズに爽を捜すようにいうと自分は瑠衣のことが片付くまでは爽に会うつもりはないと言った

その頃、守屋と一緒に店を出た若菜は、自分が爽を信じてあげれなかったからこうなったのだと嘆いていた

しかし守屋は爽は母親から何か別のことを聞きだしたから、失踪してしまったのかもしれないと言っていた

一人でバーで飲んでいたカズは、秋山がすぐに謝ってきたので自分がクズ野郎だったのだと思い知らされていた

秋山は家に帰ると、高校時代に爽が父親がいなくなったときに自分に逃がしてと泣きついてきたときのことを思い出していた

その時、秋山は爽を海岸へと連れていくと、爽は父親がいなくなって母親と二人きりになるので、嫌だと言って海の中に消えようとした

それを秋山は必死に止めると、爽を抱きしめいつでも自分がどこかへと連れていってあげると言ってあげた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

守屋が持っていた証拠の入ったUSBメモリーを持ち去ってしまう爽

守屋は釈放された結と会うと、自分は睦月が結から証拠をもらうように言われたことを伝えた

すると結は証拠の入ったUSBメモリーを守屋に渡すと泣き出してしまったので、守屋は結にもうバカな男に騙されないように言ってその場を去っていった

そして守屋は証拠を渡す相手の爽がいないと思いつつ自分の部屋に帰ってくると、なんとドアの前に爽がいた!!

爽は守屋に泊めるようにいうと、お酒のおつまみを作ってあげた

守屋は結から手に入れた証拠のデータを爽に見せようとしたが、爽は後からでいいと答えた

そして爽は、瑠衣が自分が一番不幸そうな顔をしていたのは当たっていたことが当たっていたというと、そのまま寝てしまった

翌朝、守屋が目を覚ますと、爽は証拠の入ったUSBメモリーを持って姿を消していた

それで守屋はすぐにカズに爽のことを確認しても、カズも爽とは連絡がつかないままだった

その上に爽は、守屋が会社に置いていた明奈のことを調べた資料も、勝手に持ち去っていた

守屋はすぐにカズに電話をかけてそのことを伝えると、証拠データはコピっていたので秋山にも送ったというと、証拠データには消された痕跡があったと言った

その頃、睦月にはなんと瑠衣が面会に来ていた

瑠衣は睦月が隠していた証拠のデータを見つけていて…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

今の状況は逃げていた天罰だと思ってしまう爽

守屋の部屋を出た爽は、海岸で母親に父親のことを聞いたことを思い出していた

そして爽は、母親から瑠衣は自分…

爽は自分や母親にいつも謝る父親を思い出しながら、証拠の入ったUSBメモリーの中身を見始めた

母親は父親がいなくなってからは絶望し、爽に心中しようと言ってきたときもあった

そんな母親に爽がお前だけ死ねと突き放すと、母親は精神崩壊してしまい入院したこともあって、爽は母親から逃げることができた

そして爽が逃げている間に、瑠衣は母親に襲われていたことを聞きだしていた爽は、今の状況は逃げていた自分への天罰なのだと思っていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

爽に自分は腹違いの妹だと明かす瑠衣

証拠のデータはほとんどが瑠衣に消されてしまっていたが、ある音声データだけは残っていた

それを爽は聞き始めたが、音声は瑠衣からのメッセージだった

瑠衣は秋山に裏切られたのも仕方がないと思っていたが、ある日爽の母親のかすみに声をかけられ首を絞められてしまったと話した

そして泉川を問い詰めると、爽の父親の雅人に繋がっていたことを判明した

雅人はかすみと知り合う前から明奈と関係を持っていて、それを知ったかすみはなんとか雅人を取り返した

それで明奈は秋山の父親の良一の後妻になったが、かすみが周りをうろちょろしていたので、瑠衣は秋山の家から出してもらえなかった

しかし明奈は瑠衣への虐待をしていることに気づかれてしまって秋山家から出ると、良一と別れることを条件に瑠衣を連れ戻してしまった

それから明奈は雅人と一緒に暮らしていたが、雅人は虐待されていた瑠衣をかばうことはなかった

瑠衣は明奈を突き飛ばして保護観察になっても、保護観察が終わって迎えにきたのは雅人ではなく良一だった

それで瑠衣にとっては秋山家だけが心の拠り所になっていたが、かすみに見つかって首を絞められてしまったのだ

そして瑠衣はクソ野郎な雅人を美化している爽を見て、被害者面している爽が気に入らなかったのだと話した

最後に瑠衣は自分は腹違いの爽の妹なのだというと、お前たちを絶対に許さないと言ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

最後の決戦の前に秋山の家に瑠衣を行かせていた泉川

そこに秋山から電話が掛かってきたが、爽は電話には出ずにメッセージでやりとりした

そして爽は自分が全部を終わらせるというと、秋山にあることをお願いした

秋山は泉川のところへ行くと、瑠衣の居場所を聞いた

しかし泉川はそれには答えず、自分は瑠衣が望みを叶えることを手伝いたいのだと言った

瑠衣は泉川に明奈と雅人の居場所を聞いたが、泉川は二人は一緒に暮らしていたが、今はどうなっているのか分からないと答えた

瑠衣は泉川から明奈は生きているかも分からないと聞くと、自分は爽の家族は絶対に許す気はないと話した

泉川は瑠衣が最後の決戦の前に少しだけでも幸せを感じて欲しかったので、秋山の家に行かせていたのだと言った

そんな泉川の言葉に秋山はキレていると、そこに瑠衣が現れた!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

瑠衣の前に姿を現す明奈

爽は突然、自分の実家に帰ってくると、かすみを押し倒してしまった

そして爽はかすみに、気が狂ったフリをしているだけのハズだと言った

そんなことをいう爽を止めようとしたカズに、爽は自分と瑠衣の父親は同じなのだと話した

秋山は明奈を受け入れた良一の息子だから、付き合うのを必死に止めさせていたのだと明かした

秋山は瑠衣にもうこんなことは止めるようにいうと、これから自分がずっと傍にいると言った

しかし瑠衣は、秋山もいて欲しいときにはいない奴だったというと、自分は今から決着をつけに行くのだと言い出した

爽はかすみに、かすみが会いたい人物に会わせにいくというと、自分で決着をつけるように言った

そして爽はかすみを連れて、あるアパートの前まで来ると、そこには瑠衣も来ていた

そして爽たちはある一室の中に入ると、そこにはもの凄く老け込んだ雅人がいた!!

爽とかすみは雅人の姿を見て呆然としてしまうと、その二人を見て瑠衣は爆笑し始めた

そこに奥から、昔と変わらない明奈が姿を現した!!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

雅人の不倫相手が明奈と知って別人になってしまったかすみ

雅人は土下座をしてかすみに謝り始めた

そんな雅人はかすみと結婚する前に、明奈に出会っていた

明奈は雅人を自分の部屋に誘うと、そのままセックスをした

雅人は売春している明奈はダメだと思いつつも、明奈にハマっていた

明奈が母親から暴力を受けていることに気づいた雅人だったが、その頃にかすみと出会って付き合うようになった

しかし雅人は明奈との関係も精算せずにいたが、とうとうかすみにバレてしまった

その上にかすみは妊娠していたので、雅人はすぐに明奈に子どもがデキたから別れようと言った

爽が産まれたので雅人は、必死に働いていた

それでもかすみは、まだ雅人が火遊びしているのではないかと疑っている様子だった

それで家にいるのが嫌になってしまった雅人が飲みに行くと、そこで明奈と再会してしまった

雅人は明奈に薬を盛られて潰れてしまうと、明奈は雅人を自宅へと連れていった

その際の明奈の香水の香りで、かすみは雅人の火遊びの相手は明奈だと気づき、それからかすみは別人のようになってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

明奈の言葉にキレてしまう瑠衣

雅人は泣きながら、それから明奈とは連絡をしていないというと、かすみと爽のために生きていくつもりだったと言った

しかし明奈は雅人の子どもを狙って孕んでいたので、瑠衣を産んでから明奈は雅人に自分たちを迎えに来るように電話していたのだった

それからも雅人は、かすみに罵られるのもガマンしていたが、血を吐いてしまいガンだと判明してしまった

それで絶望して、雅人は家を出ていってしまったのだ

その上に明奈は瑠衣に突き飛ばされてケガしたせいで、目が見えなくなっていた

それまでの話は、瑠衣が泉川から聞いていた話とはかなり違っている内容だった

瑠衣は自分が利用されていたのだと気づくと、元気がない声で惨めな暮らしをしている明奈にざまぁと言った

すると瑠衣がいることに気づいた明奈は、自分のために頑張ってきたのだろうと言ったので、その言葉に瑠衣はキレて明奈に殴りかかってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」46~50巻を読んでみた感想

やっと爽の父親の雅人のことが判りましたが、なんと爽と瑠衣は雅人の子どもでした

そもそもこんな泥沼劇になってしまったのも、雅人が明奈と付き合いつつもかすみと結婚したことが原因でした

雅人はかすみと付き合い始めたときに明奈とちゃんと別れていれば、こんなことにはならなかったでしょうね

瑠衣はずっとかすみや爽のことを恨んで復讐をしてきましたが、どうやら泉川の手の平で踊らされていたようです

泉川の意図はまだいまいち判りませんが、もしかすると最後に瑠衣がキレてしまったことも泉川にとっては想定通りなのかもしれません

明奈も瑠衣と同様に雅人を嵌めて瑠衣を産んで雅人を手に入れようとしていたのは、瑠衣と同じく計算高い女でした

でも結構雅人一筋でもあるので、好きな相手のためには何でもやってしまう性格なんでしょう

ようやく爽や瑠衣の家族の背景がハッキリしてきましたが、これからどんな結末を迎えるのかとても楽しみですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~