君に愛されて痛かった31~35巻 ~かなえに自分を犠牲にしてまで野球を続けないといけないのかと言われブチ切れてしまう寛 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『君に愛されて痛かった』31~35巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「君に愛されて痛かった」31~35巻の簡単なあらすじ

寛の試合が負けて落ち込むかなえを励ますとみ子

寛の不調のせいで、試合は負けてしまった

落ち込んでしまったかなえに、デビル君が水をあげながら励ましてくれたが、かなえは無反応だった

代わりにとみ子がデビル君にお礼を言ってくれて、デビル君は去っていった

とみ子はかなえにちゃんとお礼は言ったほうがいいというと、かなえはあんな奴優しくないと突然キレ始めてしまった

とみ子はかなえはこういうメンヘラな奴だったと思い出し、自分のキャラじゃないと思いながら人の善意は大切にしたほうがいいと忠告してくれた

するとかなえは今度は泣き出してしまったので、とみ子は焦ってしまった

かなえはとみ子にどうしたらいいのかと言ってきたので、とみ子はとりあえず謝っとけば大丈夫だと言ってくれた

かなえはとみ子のいう通りに、デビル君に謝りのメッセを送ると、デビル君は気にするなと返事してくれた

それでもかなえは、とみ子を楽しい気持ちにできなかったと泣き出してしまった

するととみ子は、かき氷を食べさせてくれたらチャラにすると言ってくれた

かなえと別れたとみ子は、お腹が空いたのでコンビニに立ち寄ったが、ダイエット中なのでサラダを選んでいた

そこに電話がかかってきたが、かなえかと思ったとみ子だったが…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

気晴らしに外に出かける寛

試合に負けて先輩たちが引退したので、越智と北小路がキャプテンと副キャプテンに選ばれた

その頃、ケガのせいで自宅療養していた寛は、気晴らしに野球ゲームをしていた

ケガを医者に見せた寛だったが、医者からは投手はやめたほうがいいと言われてしまっていた

その現実を受け止めきれない寛は、なんとかして投手を続けられないかとネットなども調べたりしていた

家にいても気が滅入るので、寛は散歩に出かけると犬の散歩をしていたおばちゃんが野球の話をしてきた

おばちゃんは応援していると言ってくれたので、寛の気持ちは少し上向きになった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

自分を犠牲にしてまで野球を続けるのかというかなえにキレてしまう寛

寛は電車に乗っていると、子どもが食べていたアイスをかなえと食べたくなった

かなえと会うと、かなえは突然肩のケガのことを謝ってきたので、寛は困惑してしまった

寛はかなえと一緒に公園に行くと、アイスを食べようと言ったがうまく開けられなかった

それでかなえが代わりに開けてくれたので、寛は自分が情けないと嘆き始めた

かなえは自分は頼ってもらっても嬉しいというと、この前越智と話して寛に会うなと言われたことを明かした

そしてかなえは寛に、自分を犠牲にしてまで野球をやらないといけないのかと聞いた

そしてかなえは寛が、他の人たちの価値観でメチャクチャにされてしまうのが嫌なのだと叫んだ

しかし寛は人の価値観なんでどうでもいいのだとキレると、そのままその場から去っていってしまった

かなえは寛もあっちの世界の人だったのだと思うと、援交の予約を確認し始めた

そして自分が普通になろうと努力していたことが、気持ち悪くなってしまった

それでかなえは自分を求められたい気持ちになってしまい、援交しまくっていた

副キャプテンになった北小路は、必死に越智と協力していこうとしていたが、越智は冷たくあしらってしまった

その頃、寛は悪夢を見てしまったので、夜中なのに心配してきた母親にキレながらランニングに出かけた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

すぐに復帰すると言い張る寛を引っ叩く越智

ランニングを始めた寛は、ふと警察署で話を聞かれる際に鳴海の姿を見せられた時のことを思い出した

寛はどうしてあんなクズ野郎と同じに扱われなきゃいけないのかと思ってしまうと、かなえが無神経なことを言ったことが受け入れられないでいた

すると一人で家に帰っている越智を見つけたが、越智はケガしているので早く帰るように言った

そこに越智の祖母が犬の散歩で声をかけてきて、寛をご飯に誘ってきた

寛が行くと答えると越智はブチ切れてしまったので、寛は帰ると言って越智に謝った

すると越智は、寛にご飯を食べていくように言ってくれた

最初は遠慮して食べようと思っていた寛だったが、結局おいしくてバクバク食べてしまった

それでも越智は寛らしいと言ってくれたが、家にいたときはどうしていたか訊ねてきた

寛はゲームをしていたことは話したが、悪夢を見ていたことは話せなかった

そして翌日には復帰するつもりだというと、越智は焦らずもう少し休むように言った

それでも寛は復帰すると言い張っていると、越智はそんな寛を引っ叩いてしまった

そして野球は個人競技じゃないという越智は、またキレだした

寛はそんな越智に自分の理屈を押しつけるなというと、今の越智は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「君に愛されて痛かった」31~35巻を読んでみた感想

寛の肩の不調のせいで、試合は負けてしまいました

その上に寛は医者から、投手を続けることは諦めたほうがいいと言われてしまっています

趣味程度でやっているならまだしも、ずっと子どもの頃から野球に打ち込んできた寛にとっては、やはり投手をやめることは受け入れられないことでしょう

寛は必死に続ける方法を探しているみたいですが、もう投手は続けられないと心のどこかでは分かっているでしょうね

かなえはそんな寛に、自分を犠牲にしてまで野球をやらないといけないのかと言ってしまいました

その言葉に寛がキレてしまいましたが、かなえがそんなことを言ってしまったのも分からなくはありません

自分が打ち込んでいることでも、他人には大した価値がないように見えてしまうこともあります

そういうものだと割り切れればいいですが、寛もまだ高校生なのでついキレてしまったのでしょうね

寛も精神的にかなり追い詰められてしまっている状況ですが、かなえも寛に拒絶されて援交にまた走ってしまっています

それにとみ子に里虹が接触していたので、また学校ではハブられてイジメられてしまうかもしれません

また精神的に追い詰められてしまったかなえが、これからどうなってしまうのかとても心配になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-君に愛されて痛かった