鬼獄の夜 41~45巻 ~柴にセックスを求めても拒否られ美空のせいだと恨んでしまうエリカ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『鬼獄の夜』41~45巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「鬼獄の夜」41~45巻の簡単なあらすじ

顔無し鬼に殺されずに絶望してしまう柴

柴がいなくなったので、柴の親や親族たちは柴を捜していた

するとそこに誰かが贄取塚に向かったかもしれないと、一人の男が駆け込んできた

その頃、柴は黒須たちを連れて贄取塚へと入っていた

柴は薪を取りにいくというと、そこに黒須が柴は何か変だと言ってきた

黒須は柴が高橋との会話を聞いていたと知って、単にメンヘラな高橋に話を合わせていただけだと言い訳をした

しかし柴は黒須を女で汚れた奴だと罵ったので、黒須は柴こそ親たちに汚された奴だと罵り返した

それでも黒須はビジネスをしようと言っていると、そこに柴の父親たちがやってきた

父親に後で謝らないといけないというと、柴はどうしてコイツらに謝らなければならないのかと思っていた

するとそこに顔無し鬼が現れ、黒須や高橋をぶっ殺し始めた

そして柴の父親も顔無し鬼に捕まってしまうと、柴の目の前で首をもがれ殺されてしまった

柴は顔無し鬼が自分にとっては神に見え、やっと殺されて解放されるのだと涙を流しながら感動していた

しかし顔無し鬼は柴の横を通り抜け、どこかへと去っていってしまった

顔無し鬼に殺されずに絶望していた柴に、エリカはお帰りと言って現れた

すると柴はエリカを押し倒してしまうと、自分は選ばれたのだと言ってエリカに一気に挿れてしまった

エリカは柴に自分たちは選ばれたのだと言いながら、そのまま二人はイってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

柴がこんな奴になったのは美空のせいだと恨むようになってしまうエリカ

エリカは柴に自分のことをどう思っているのかと聞くと、柴はもうすぐ夜明けなので顔無し鬼が戻れるように、自分たちは鬼の顎門を出ないといけないと言って外に連れ出そうとした

しかしエリカは質問の返事を聞きたがると、柴は冷たい感じで愛していると答えただけだった

エリカは一人ぼっちになった気持ちになってしまうと、柴に今すぐセックスしようと求めた

そのままエリカは柴にフェラしようとしたが、柴はエリカを殴り倒すと一回でいいからヤろうと迫ってきたエリカにDVし始めた

それでエリカは柴をこんな奴に変えてしまったのは、美空のせいだと思い込んでしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

祠にあった和鏡を見つける美空たち

美空たちは、鬼の顎門の入り口まで来ていた

美空は柴家の呪い解き方を読めるのは良太郎だけだというと、恭平に自分たちは良太郎を守らないといけないと言った

そんな美空たちの後を誰かがつけてきていたが、まだ美空たちは気づいていなかった…

美空たちは鬼の顎門にやってくると、恭平は大声をあげたが誰も現れなかった

3人は鬼の顎門に入ると、祠が見つかった

恭平は祠から和鏡を見つけると、良太郎は呪いを解く鍵がないか見てみた

しかしそれは一見何も書かれていない和鏡にしか見えなかったので、美空たちはガッカリしていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

美空に自分の愛を否定され化け物に変身してしまうエリカ

するとそこにエリカが現れ、美空は誰からも愛されて羨ましいと言った

美空はエリカが和鏡のことに触れないので何か違和感を感じていたが、思いっきりエリカから殺気を感じてしまった

すると突然、恭平はエリカに操られ良太郎の首を絞め始めた

美空はエリカに狙うなら自分にしろと叫んだが、エリカは自分も柴に愛されたかったのだというと、苦しいのは全部美空のせいだと言った

そしてエリカは美空をぶっ殺せば、元に戻って柴と一緒になれるはずだと言った

しかし美空はそれを否定すると、エリカに見返りを求めるのは愛じゃないというと、それだから柴にも相手されないのだと言った

美空に自分の愛を否定されてしまったエリカは、絶望してしまった

それでようやく恭平はエリカの力から逃れられたが、何か昔の記憶の断片を思い出したエリカは、化け物に変身してしまった!!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

エリカを鬼ごっこで誘導して動きを封じ血を手に入れる美空

ひとまず美空たちは、鬼の顎門の外に向かって逃げ始めた

しかしその途中で和鏡を落としてしまったので、美空はそれを拾いに戻ると、エリカに足を掴まれてしまった

それでも美空は近くに落ちていた石でエリカの顔面を殴り、なんとか逃れることができた

美空はヤバい状況になったと思っていると、和鏡にエリカの血がついたところだけ何か文字が浮かびあがっているのを見つけた

良太郎は恐らくその和鏡に、柴家の呪いを解くまじないが書かれていると言ったので、美空はエリカの血を手に入れる作戦を思いついた

美空は自分が囮になると、鬼ごっこをしようと言ってエリカをどこかへと誘導し始めた

しかし鬼の顎門の入り口付近でエリカに捕まってしまうと、全身を締め上げられ始めた

そこに恭平が襲いかかってきたので、エリカはまた操ろうとし始めたが、恭平は目隠ししていて効かなかった

エリカが恭平に攻撃を仕掛けても、良太郎が指示を出して恭平はエリカの攻撃をかわし続けた

そしてなんとかある地点にエリカを誘導すると、美空と良太郎がエリカの頭上から岩を落とした

それでエリカの動きを封じた美空は、流れていたエリカの血を和鏡にベットリと塗りつけた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

エリカの腕をぶった斬る牡丹

それでまじないの文字が浮かび上がったので美空は一安心していると、予想よりも早くエリカが岩から抜けだし攻撃してきた

その攻撃を受けてしまった良太郎は、血を流してぶっ倒れてしまった!!

恭平は良太郎がまだ死んでいないと確認すると、美空に逃げるように言った

しかし美空は良太郎を置いて逃げられないと言っていると、恭平がエリカにやられてしまった

美空はエリカに捕まってしまうと、エリカは美空の首を絞め始めた

首を絞められていた美空はこれでやられてしまうのかと悔しがっていると、エリカはまた苦しめ始めた

それでもエリカは、首絞めを止めようとしなかった

そこにナタを持った牡丹が現れ、エリカの腕をぶった斬ってしまった!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

エリカの首を斬り落とそうとして腕の関節が外れてしまう牡丹

牡丹は近くに鷹介の首を置いていて、明らかに頭がおかしくなっていた

美空は必死に牡丹にエリカは柴家の呪いそのものなので、殺したら牡丹が呪いを引き継いでしまうと訴えた

そこに腕を繋げて更に変化してしまったエリカが襲いかかかってきたので、牡丹はスゴイ力で美空を投げ飛ばた

そして牡丹はエリカの首を狙って、また戦いだした

美空はエリカの血で牡丹は異常な力を発揮しているのだと思っていると、エリカは牡丹を操ろうとし始めた

しかし牡丹はイカレきっていて、エリカの力をはね除けてエリカを切り刻み始めた

牡丹は鷹介と結婚する願いを思い浮かべながら、エリカの首を斬り落とそうとした

それを美空は腕でナタを受け止め阻止しようとしたが、牡丹は美空ごとエリカをぶっ殺そうとナタを振り降ろし始めた

しかし突然、牡丹の肘の関節が外れて、牡丹はナタを落としてしまった!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

昔の記憶が思い出せないエリカ

美空は牡丹が狂って身体能力を超えた力を発揮していたからだと思い、牡丹に動いてはダメだと言った

しかし牡丹は全身の関節が外れてしまっても、エリカに這いずりながら近づこうとした

すると突然、目の前に晴馬たちが現れ…

それでようやく牡丹は正気に戻ると、美空に鷹介の近くに連れていって欲しいと頼んだ

美空は牡丹を鷹介の首の所まで連れていくと、牡丹は美空に因果を断ち切るように言った

するとエリカが近づいてきたが、エリカには何か過去の映像がまた見えていた

誰かが立ち塞がってエリカを守ろうとするしている様子だったが、エリカはどうしても核心の部分が思い出せないでいた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

美空にすがってきたエリカを撃つ柴

美空はまだエリカの回復には時間がかかると判断して、良太郎たちを助けに向かった

しかしエリカは美空に許してとすがりついてきたので、美空は許せるはずがないと叫んだ

するとエリカは父親を呼び始めたので、美空はエリカが何かを思い出そうとしているのだと気づいた

それが呪いを解く鍵にも繋がっていると判断した美空は、エリカに何を思い出そうとしているのか聞いた

するとエリカは思い出せないけど自分が悪いと言いだしたので、美空はエリカも被害者だから助けてあげると言ってあげた

そして美空は今の苦しみから抜けだしたいなら手を伸ばすように言って、エリカを抱きしめてあげた

するとエリカは全部を捨てて、柴を愛したいと心を開き始めた

しかしそんなエリカを、柴は銃で背後から撃ってしまった

柴はエリカだけが顔無し鬼に選ばれた存在だったのかというと、自分を騙していたのかと言った

そして自分が顔無し鬼に全てを捧げてきたのも無駄だったのだというと、手にしていた銃の弾を詰め替えた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「鬼獄の夜」41~45巻を読んでみた感想

エリカは段々過去ののことを思い出してきています

どうやらあの顔無し鬼はエリカの父親で、エリカがうっかり呪いの場所に踏み込んでしまったので、呪いがかかったみたいですね

それでずっと贄取塚に縛られ続けてきたのは可哀想ですが、そんなエリカが騙していたと柴は思い込んで殺そうとしています

既に和鏡に書かれてあるまじないの文字は見えているので、良太郎が復活すれば呪いも解けるかもしれません

柴も冷静になって呪いを解くことに協力すればいいと思いますが、ずっと父親から酷いことをされていた柴は性格もねじ曲がりすぎているので、聞き入れないでしょうね

完全に呪いの核心に近づいてきているので、お話も終盤に近づいてきた感じです

無事、美空たちが呪いを解いて、エリカや柴の呪縛を解いてあげれば一番ですが、そう簡単にはいかないでしょうね

この後、どんな展開が待っているのかとても楽しみですね!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-鬼獄の夜