「子供を殺してください」という親たち 41~45巻 ~移送の日まで和江と一緒に暮らすと剛に啖呵を切るも首を絞められてあっさりと逃げてしまう敏男 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『「子供を殺してください」という親たち』41~45巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きでこの作品を実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「「子供を殺してください」という親たち」41~45巻の簡単なあらすじ

敏男に和江中心の生活をしないといけないという剛

剛は夜通し徘徊して、早朝にやっと敏男を解放している和江を視察調査していた

敏男を解放して一人になった和江は、ベンチで寝てみたりATMを使う人の顔を覗き込んだりして、どう見ても病気になっている感じだった

すると和江は今度は祖父を呼び出し、何か説教をし始めた

祖父を解放した和江はやっと自宅に戻ってきたので、剛はあかねに電話してこのままだと和江は事件に巻き込まれてしまうと言った

剛は敏男と祖父を事務所に呼ぶと、敏男は病気になっている和江を加害者扱いしている酷い奴だと言った

剛は和江は敏男たちに安心が与えられずに病気になってしまったのだというと、敏男は突然和江とは離婚しないと叫んだ

剛はそんなことをいう敏男に、具体的にどんなことをするのかと訊ねた

しかし答えられない敏男に、剛は今の仕事を辞めて和江の治療を中心にした生活をしなければならないと言った

それで剛はその覚悟があるのかと敏男に言っても、敏男は自分の覚悟を示すことはできなかった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

和江のいないときに祖父の部屋を訪れる剛

敏男は家に帰ると、仕事を辞められるのか考えていた

そして最初は自分に感謝していた和江が、次第におかしくなっていたことを思い出し、あれが病気の兆候だったのだと敏男はようやく気づいた

その頃、家に戻った和江は、敏男が娘の麻衣を性的虐待していると思い込んでいた

そして麻衣にメッセージを送りながら、麻衣をなんとかして敏男から逃れさせてあげないといけないと呟いていた

祖父が部屋に入ってくると、和江は敏男が自分たちに水銀を盛っているというと、麻衣に逃げるように電話をかけた

そして祖父に敏男が性的虐待や毒を盛っていることを無理矢理言わせ、麻衣にお金を送ると言って祖父から強引にお金を出させた

剛は和江のいないときに、祖父の部屋にやってきた

部屋の至る所が目張りされていて、和江は相当敏男の侵入を警戒している様子だった

和江の部屋に入ると、和代は犯罪心理学なども勉強している様子だった

すると剛は和江の書いたメモを見つけ、そこには知らない人の名前も書いてあった

あかねはクシャクシャになった離婚届を見つけると、祖父は和江は離婚して心中すると言っていると話した

しかし剛はそれは本心じゃないというと、和江は敏男の性格を見抜いてそんなことを言っているのだと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

剛に移送の日まで和江と一緒に暮らすと啖呵を切る敏男

剛はまた事務所に敏男と祖父を呼ぶと、敏男はまた離婚せずに仕事を辞めて、転地療養する気だと言った

それで剛は祖父のいる実家で和江を説得するというと、祖父はそれだけはダメだと言い出した

近所の目を気にする祖父を見ていた剛は、コイツはやはり和江を厄介払いしたいだけなのだと思った

剛は敏男にもういちど覚悟を聞くと、敏男は自分の家で説得をしてもいいと答え、移送の日まで和江と一緒にいると啖呵を切った

すると剛は麻衣のことを訊ねてみたが、敏男は麻衣は和江がおかしくなっていることに気づいていないかもしれないと言ったので、剛はそんなことはないというと移送前にちゃんと話すように求めた

それから和江は、移送の日まで敏男と一緒に住むことになった

しかし敏男は和江とご飯と食べに行った後に首を絞められてしまうと、簡単に逃げ出してしまった

見張っていたあかねが電話をかけても、敏男は一緒に住むのはムリだと言って逃げてしまった

それで仕方なくあかねが移送の日まで、和江をしっかり見守ることにした

和江は一人で出かけると、墓地へと向かった

そして誰かのお墓に手を合わせてから、そのまま自宅に戻った

剛はあかねの送った写真から、和江が書いたメモに書いてあった人のお墓だと調べていた

そしてあかねから敏男が逃げたことを聞いた剛は、敏男はクソ野郎とだといいつつ、自分たちの仕事をするだけだとあかねに言ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

敏男と徹底的に戦ってやるという和江を移送する剛

移送の日がやってきたので、剛は警察や救急隊を呼んで、敏男と一緒に和江のいる家の中へと入った

2階の部屋に横になっていた和江に、剛は今から移送すると伝えると、和江は敏男を指さし話があると言った

和江は敏男が水銀を盛っていることを警察に話したというと、剛は本当に心中するつもりだったのかと訊ねた

すると和江は20年前の新婚旅行で、敏男から毒を盛られて犯されたと主張し始めた

敏男は精力剤を飲んでセックスしただけだと言っていると、和江は敏男がやった犯罪行為の一覧を書いたメモを見せた

そしてそのメモを握りしめ、徹底的に敏男を戦ってやると叫んだ

一通り話を聞き終えた剛は、和江に病院で話を聞くというと、抵抗する和江に統合失調症なのだと伝えた

それを否定する剛に、和江は本当は戦いたくないのだと言い始めたので、敏男は戦うのは辛いハズだと和江の話に合わせ始めた

剛はキレて敏男にお前がちゃんと病院へと連れていけと叫ぶと、敏男は和江をおんぶして連れていこうとした

そんな敏男に和江は戦うことにしたと言ったので、剛が自分たちがちゃんと調べると言ってあげると、やっと和江を移送することができた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

一番の被害者は麻衣だと話す剛

それから敏男は仕事を辞めて、和江のいる病院近くに住むと、再就職先も見つかった

しかし1年が経つと、和江は病院で他の患者を好きになってカルテを盗んだりしたので、病院を追い出されることになってしまった

その報告の電話を受けたあかねは、剛に引っ越しの際に麻衣が書いたメモを渡した

それには、敏男が和江に幸せにすると言ったときのことが書かれてあった

そのメモを読んだ剛は、麻衣のことをあかねに聞いた

あかねは敏男が一緒に和江に面会に行こうと誘っても、麻衣はメールで入院できてよかったとした返事しなかったと話した

それを聞いた剛は、あの夫婦がそんな感情の乏しい子どもにしたのだと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

自称ひきこもりの正人

剛の事務所に、新聞記者の誠也が取材にやってきた

誠也は剛に、ひきこもりの引き出し業者のこと聞きたいと求めてきたが、剛はひきこもりの基準を訊ねた

誠也はひきこもりにもいろいろあるだろうというと、剛は自分たちは全く家を出られないような患者を相手にしていると言った

そして剛は介入前にちゃんと視察調査をすると話すと、誠也はそれは人権侵害だと言いだした

それで剛は、15年前のことを話し始めたのだった

15年前の剛は、心を病んだ人を立ち直らせる私塾を運営していた

そこに自称ひきこもりを名乗る、正人がやってきた

しかし正人は自分からいろんな会に参加してひきこもりの大家と呼ばれている人にも自分から診てもらっていた

剛はそんな正人がひきこもりじゃないと判断していると、一緒に来ていた母親はいろいろやらせてあげたが上手くいかなかったと必死に訴えた

剛はそんな母親を見て金が尽きたからだろうと判断して、自分たちはガチのひきこもりの依頼だけを引き受けていると説明した

それでも正人は粘ってきたので、剛は冷やかしだろうと思って共同生活している子に会わせる約束をしてしまった

正人は本当に共同生活している子たちに会いに来ると、その子たちとフレンドリーに接してゲームをし始めた

するとゲームでは正人は勝負にこだわりを見せていたので、剛はやはり正人はひきこもりじゃないと判断していた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

正人たちが何かを隠していると感じてしまう剛

剛は正人の母親に会うと、正人はひきこもりじゃないと伝え、自分たちは何も出来ないと話した

すると母親は、正人の子どものときのことを話し始めた

正人は小学生のときは明るかったが、転校してから性格が変わって、不登校になって高校は途中で退学してしまった

母親はそれから通院しながらサークルに通っていたと話したので、剛はそんなに活発なら突き放したらいいというと、母親は息子を見捨てられないと憤った

それからも正人は事務所にしつこくやってくるので、剛は本物のひきこもりの患者を見せてやることにした

患者の人と面会した正人は緊張したというと、もらった薬は選別して飲んでいると話した

事務所に戻った剛は、スタッフの若い男性にときどき正人はヤバい目つきをすると言った

するとスタッフの男性は、正人は元はヤク中で売春していたケイコに気配を気づかれずに近づいていたと話した

それを聞いた剛は、正人と母親は何かを隠していると直感で感じた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

正人に仕事を紹介してあげる剛

それで剛はスタッフの男性を使って、正人に彼女がいたことを聞き出させた

剛は正人を事務所に呼び出すと、正人は風俗にも通っていることを話し、ひきこもりを語るなと注意した

そして正人は死にたい気持ちでいっぱいだと言って顔を手で覆うと、剛はそれは詐病だろうと指摘した

すると正人は今度は病気になったのは親のせいだと言いだし、飲んだくれの父親と母親はいつもケンカしていたと話し始めた

そしてケンカした後に母親は、なぜか母親は父親とセックスしていたというと、それが自分が病気になった原因だと主張した

剛はそれなら親と縁を切ればいいと突き放すと、正人が前に進みたいなら手伝ってもいいと言ってしまった

それで剛は母親と義父を事務所に呼び出すと、母親は自分のせいなのかと嘆くフリをして始めた

義父からもなんとかして欲しいと頼まれたので、剛はまずは家族で話し合うように言って、とりあえず二人を帰した

しかし母親は家族で話し合ったがうまくいかないと言って、電話をかけてきた

スタッフの男性はちゃんと家族で話し合うように言って電話を切ったが、母親が正人を追い出したくないようだと剛に言った

すると今度は正人が事務所にやってきて、親から働くように言われ出ていけと言われたと言った

それで剛は正人を行きつけのバーへと連れていくと、正人は元気に酒を飲んでカラオケを歌った

そんな正人は歌を歌い終わると剛に、同世代は働いているのに自分は働いていないのでなんとかしたくて剛の事務所に押しかけてきたのだと話した

それで剛は正人に、知り合いの理容師の所で働くように紹介してあげたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「「子供を殺してください」という親たち」41~45巻を読んでみた感想

和江がおかしくなってしまったのは、やはり敏男や祖父の無責任な態度が原因でした

どうやら結婚したときは夫婦関係は良好みたいでしたので、もっと敏男がしっかりして和子にちゃんと向き合っていたら、こんなことにはならなかったのでしょうね

和江も被害者ではありますが、やはり一番の被害者は娘の麻衣です

和江はまだ敏男と離婚する選択肢がありましたが、子どもの麻衣は二人の子どもということを逃れられないのでどうしようもありません

結局、一度も麻衣の姿は見ることができませんでしたが、メールの反応からすると一人で寂しく暮らしていることでしょう

そうだとすれば完全に親の二人が麻衣の一生をダメにしてしまったと言えるので、やはり親になったら子どもへの責任を負っているのだと自覚しないといけないでしょう

今度は自称ひきこもりの正人のお話が始まりましたが、正人は完全に詐病を使っています

今のところ剛は、まともな親じゃなかったので詐病を使ったりしているのだろうと判断して、仕事を紹介してあげています

どうやらそれが裏目に出て、何かトラブルなどが起こってしまうみたいですが、どんなことが起こってしまうのでしょうか

剛は視察調査が大事なのだと言っていたので、恐らく正人は剛にも気づかれないように何かを企んでいるのかもしれませんね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-「子供を殺してください」という親たち